ドラマは見ています。

 体調があまりよくなくても、テレビのドラマは見ています。録画したり、リアルタイムで見たりしています。今期も楽しみました!

 私は若い頃にボクシングが好きで、後楽園ホールに見に行っていました。当時は好きなボクサーがいてファンクラブにも入っていました。30年くらい前のことです。最近はテレビで試合を見るくらいでしたが、ボクシングは好きなので、木村拓哉さん主演の「未来への10カウント」は毎週楽しみに見ていました。キムタクもがんばっていましたが、若い俳優さんが高校のボクシング部の部員という設定で、練習やスパーリング・試合(のような演技)をしているのを見て「すごいなあ」と感激していました。

 「ナンバMG5」という、ヤンキーの学生さんが普通の高校生として二重生活を送っていくという学園ドラマも、はまって毎週リアルタイムで見ていました。家族愛、友情、もう最終回前と最終回は泣けました。

 他にもあるのです、いろいろと。深夜に放送している「受付のジョー」というドラマも来週最終回です。「やんごとなき一族」も途中から見ています。今夜は10時放送の「パンドラの果実」も途中で見たり見なかったりしながらも最終回の今夜は見ます。

 「恋なんて、本気でやってどうするの」では主人公2人の恋模様と友人たちの恋の行方に、いわゆるキュンキュンして、「持続可能な恋ですか」では、主人公の父役である松重豊さん演じる父の恋の行方のほうが気になり(井川遥さん演じる女医さんとの恋)毎回録画して見ていました。あ、「マイ・ファミリー」も毎週見ていました。

 体調は不調でもドラマは見ている、というそのくらいの不調で良かったのか悪かったのか。でも私はベーチェット病の症状で最初の入院のときに、夜にアナフィラキシーのような状態になり血圧が不安定になったさいに、ベッド横のテレビでキムタク主演のドラマが写っていて、なんとなくそれに救われた思い出があります。そのときから、ドラマは私にとってちょっと必要になりました。もしテレビドラマが見られないくらいの状態のときは、よほど悪いのだと思います。そういう意味では、今期も連続ドラマを見られるくらいの気力はありましたので、よかったなあと感じています。

 もうすぐ来期のドラマも始まります。楽しみにしています~。
 

 

「ティファニーで朝食を」を見た。

 最近マイブームは、テレビ放送されている映画をみることです。先週は昼間にトム・クルーズ主演の「デイズ・オブ・サンダー」を見ました。私が大学生のころに付き合った彼と見に行った映画でした。33年ぶりに見ました。

 そして昨日はたまたまテレビのチャンネルを変えていたときに、オードリー・ヘプバーン主演の「ティファニーで朝食を」が放送されていて、見ることができました。ところどころ見たことはあったのですが、最初から最後まできちんと見たのは初めてでした。字幕だったのでオードリー・ヘプバーンの声を聞いて、可愛らしくて、新しい発見でした。どうしても日本語のアフレコで担当されている池田昌子さんのイメージが強くて、最初は違和感すら感じましたが、いやいやこちらが本物、と自分で思いながら見ていました。

 私がオードリー・ヘプバーンの映画を最初に見たのは、借りてきたビデオで「ローマの休日」だったと思います。「マイ・フェア・レディ」も見ました。他の映画もちょこちょこ見ましたが、すでに忘れているので、これからテレビで放送されていたら見たいと思います。

 それにしても「ティファニーで朝食を」のオードリーの役がそういう女性で、ああいうストーリーだったか、と驚きながら見ていました。大人になってから昔の名作をきちんと見ると、新たな発見や感動がありますね。しばらくはテレビでの映画鑑賞にはまりそうです。

「鬼平犯科帳」を久しぶりに見ました。

 中村吉右衛門さんが亡くなったことを知ったとき、少しショックを受けました。報道があったのは先週でしたよね。私はテレビの時代劇ドラマ「鬼平犯科帳」をよく見ていたのでショックだったのですが、歌舞伎の世界ではもっと大きな衝撃だったことと思います。歌舞伎は一度も見たことがなく、とても残念です。

 私が時代劇小説を読むようになったのは、このドラマがきっかけだったと思います。大学時代にドラマを見て、今までのような時代劇とはちょっと違うと感じました。そのころに同級生が「鬼平犯科帳」の原作を持っていたので5冊ほど借りて読み、ファンになりました。ちなみに鬼平はその5冊だけ読んで、続きはいつでも読めると考えて、「剣客商売」「梅安」と他の池波作品を読みました。

 テレビドラマは連続放送が終わり、スペシャルで数年に一度等放送されると必ず見ていました。映画も見に行きました。私の中では、「鬼平」=中村吉右衛門さんでした。以前BSで放送されていた、吉右衛門さんのお父様が演じられているドラマも見たことがあり、吉右衛門さんとはちょっと違っていましたが、お父様の「鬼平」もいいなあ、と感じていました。

 連続ドラマもすべてを見ていたわけではないので、きっとこれから再放送があるでしょう。あらためて見たいと思っていたところ、先ほどまでBSで放送されていて見ていました。2時間のようだったので、スペシャル版だったと思います。途中からでしたが見られてよかったです。

 映像はずっと残ります。亡くなってしまって悲しいですが、私たちはいつまでも吉右衛門さんの「鬼平犯科帳」を見ることができます。ずっとファンでいられるので、その気持ちは変わりません。原作も、まだ読んでいない続きを、いつか読みたいと思っています。

ドラマ「恋です!」を見て涙。

 毎週水曜日に放映中のドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」を録画して見ています。昨日は、今週と先週分を2話連続で見て、思わず涙が出てしまいした。

 タイトル通りの、ヤンキー君と白杖を持った弱視の女の子のラブストーリーです。どこで涙が出たかというと、弱視の主人公の女の子が、ハンバーガー店でアルバイトを始めて、先輩方の理解がなかなか得られず、それでも自分なりにがんばっている姿と、それを遠くから応援しているヤンキー君の姿、そしてだんだんと彼女に合うように先輩方仲間が職場を変えていく、という部分に涙しました。

 障がいのあるかたが仕事をするのは、大変なことがあると思います。私は障がい者ではありませんが難病患者で、体力がありません。無理を続けると体調が悪化するので、できる仕事とできない仕事があると思っています。ハローワークに相談にも行きました。結果的に、自分の体力がもつ仕事を自分の体調を整えながら週に3・4回入れていく、という仕事に落ち着きました。時間的には1日4時間~5時間くらいです。このドラマの主人公は弱視なので、大きな文字でないと見えづらい状況と全体的にもやがかかっているような見え方で、ハンバーガー店でアルバイトを始めます。

 できないと決めつけないで、挑戦する彼女の姿は本当に心に響きました。彼女の状況を理解して、だんだんと職場が変化していく、先輩方仲間の意識が変化していく、というシーンにとても感動してしまいました。ドラマの話です。現実は厳しいよ、というご意見もあるかと思いますが、それでも感動しました。主人公のことを応援しているヤンキー君も家族のに姿も感動してしまいました。

 ドラマで癒されるというのでしょうか。昨日は仕事で帰宅して夜に録画したドラマを見て、涙して、癒されました。来週以降も楽しみなドラマです。

007の新作映画を見た。

 今回は映画館で見られないかもしれないと思っていました。疲れてしまっていて、映画館へ足を運ぶことが出来ないかもしれないと考えていましたが、新聞で007の新作映画の紹介を読んで、やっぱりどうしても行きたくて、行ってきました~!

「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」。ジェームズ・ボンド役がこの作品で最後になるダニエル・クレイグが主演です。その前のピアース・ブロスナンのころから映画館で見るようになり(仕事の関係で見ていました)、離婚して東京の実家に戻り、再婚しても、また離婚しても、そのときどきで1人で見に行ったり、前夫と見に行ったり、そのころお付き合いしていた彼と行ったり、そして前回と今回は1人で見に行きました。基本、映画は1人でも全然OKです(飲んだり食べたりも1人でOKです)。

 どうして見に行きたくなったのか、それはどうぞ映画館で見てください。あ、っと驚きました。今までの007では考えらえれない結末。そして、これからの新しい007はどうなるのか、だれかボンドを演じるのか、とても楽しみです。

 仕事の後に見に行ったので、夜の6時過ぎから見ました。帰りは9時半くらい。なんか、夜遊びしちゃった、みたいに感じたから不思議です。コロナ禍で外出しない、遊ばない1年半を過ごしていたので、仕事以外の帰宅で夜の9時半がとても遅く感じました。映画を映画館で見たのは約1年9月ぶりくらいでした。映画館で映画を見るって、やっぱりいいですね。

「鬼滅の刃 無限列車編」で泣きすぎて喉が痛くなった。

 先日、資格試験がありました。惨敗というか、もう全然できませんでした。結果を待つまでもなく、不合格は自分でよく分かっています。試験が近かったので、テレビで放送された劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」をリアルタイムでなく、録画しておいて、試験が終わってから見ました。

 試験の疲れとがっくり感と、「鬼滅の刃 無限列車編」が私としてはよかったので、泣きました。かなり泣きました。そうしたら翌日から喉が痛くなりました。

 私はベーチェット病を発症してからしばらくは、なぜか泣くと喉が腫れたのです。今は飲んでいる薬の効果もあり、そういうことはめったになかったのですが、今回は喉が痛くなりました。赤くはなくて扁桃腺もその周辺も腫れてなくて、何かできていたのです。たぶん口内炎です。体調も疲れがでて、寝不足でよくなかったのに、たくさん泣いてしまったので、そういうことになったのでしょう。

 回復するのに数日かかりました。この時期、というか新型コロナが始まってから、喉が痛いとか咳が出るとか、そういう風邪の症状があると病院に行けません。今回くらいの症状なら行きませんし、持病の関係だと分かっているので行きませんが、本当に風邪の症状が出たら、どうするのかなとこの1年半くらいずーっと思っています。

 それにしても大泣きするくらい「鬼滅の刃 無限列車編」は私の心にはまりました。家族のこととか、人を思う気持ちとか、使命感とか、セリフが心に刺さったという感じです。試験はボロボロの結果ですが、この映画の放送を見て、なんだか吹っ切れたのです。来年またがんばろう、家族とも何とか生活していこう、仕事を適度にがんばろう、とあらためて思うことができました。

「山桜」という映画を見た。

 藤沢周平さん原作の時代劇「山桜」という映画をテレビで見ました。昼間に2時間近くテレビで時代劇を見たのは、久しぶりです。

 藤沢周平さん原作の時代劇は、「たそがれ清兵衛」「蝉しぐれ」と映画がテレビで放映されているのを見た覚えがあります。「蝉しぐれ」はドラマでも見ました。静かで、心に響きます。

 時代劇、好きなのです。しかし藤沢周平さんの本は読んだことがありません。テレビで見ているからでしょうか。でも今日「山桜」を見て、これは原作を読んだらはまりそうだと思いました。はまりそうだから読んでいない、というのも理由かもしれません。

 「山桜」に関しては、主演が田中麗奈さん、相手役が東山紀之さん、脇を檀ふみさん富司純子さんなどベテラン俳優の皆さんが演じていました。今、私の生活は、少し大変です。そんなときにふと見た時代劇に、心が洗われるようでした。

 実はコロナ禍で、昨年だったと思いますが、山本周五郎さんの「さぶ」を読んだのです。NHKのドラマを見たのがきっかけでした。素晴らしい作品で、はまりそうだと思いました。まだ次の作品を読んでいないので、はまっていないことになるでしょうか。

 時代劇も昔の作品から今の作品まで、いろいろとありますよね。最近の作品では「大奥づとめ」という本を読みました。とても面白かったです。時代劇の本が読める気持ちの余裕ができたら、読みたいなあと思っています。

春のドラマもそろそろ最終回。

 春4月くらいから始まったドラマは、そろそろ最終回になっていますね。録画はしているけれど、まだ最終回を見ていないドラマもあります。例えば「最高のオバハン 中島ハルコ」は録画したまままだ見ていません。主演は宝塚時代からのファンだった大地真央さん。ドラマは3・4回目まで見ていて、それ以降は大事にとってあります。

 深夜に放送していた「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています」は、ちょくちょくリアルタイムで見ていて、最終回だけ録画して見ました。若手の俳優さん2人が主演していて、水野美紀さん桐山漣さんが脇を固めていたので、なかなか面白かったのです。大変な時期に若手が頑張っているのはとても嬉しくて見ていました。ちなみに主演は吉川愛さんと板垣李光人さん。

 「恋はDeepに」は録画して楽しみに見ていました。石原さとみさんと綾野剛さんが主演です。先週最終回で、今週は総集編?特別編?らしいです。ラブコメに綾野剛さんが出演されるなんてなかなかないので、期待していました。いろいろな意見があるようですが、私はメルヘンなラブコメであり、真剣に相手を愛する綾野剛さんの演技にはまってしまい、途中で泣いたこともありました。

 「レンアイ漫画家」も見ています。こちらもラブコメには珍しい鈴木亮平さん、吉岡里穂さんが主演です。ストーリーと言うよりも、西郷どんの鈴木亮平さんが、どのようにラブコメを演じるのかが気になり見始めたらはまりました。ネットのどこかで見たのですが、先ほどの綾野剛さん、鈴木亮平さん、演技派2人の無駄遣いとも言われているようです。無駄遣いと言われているのならなおさら見たいし、見てみたらやっぱり上手くてはまった、と言う感じです。

 気分転換にドラマ、趣味のドラマ観賞を適度にしながら、できる限り楽しい毎日を過ごしていきたいです~。

田村正和さんの「疑惑」がよかった。

 俳優の田村正和さんが亡くなっていたという報道があり、出演作がいくつかテレビで再放送されています。私は「古畑任三郎」のイチローが出た回の再放送と、田村さん主演で沢口靖子さんと共演した松本清張の「疑惑」を録画していました。

 ここ2週間ほど少し忙しく、すぐには見られませんでしたが、一昨日急に思い立って「疑惑」を見てみました。「疑惑」は何度も映像化されていて、今回再放送された田村正和さん主演のドラマは2009年に放送されたものでした。

 とてもよかったのです。上から目線で申し訳ないのですが、とても感動してしまいました。2009年当時も見ていた気がするのですが、今回改めて見て、ちょっと泣けてしまいました。沢口靖子さんが普段演じられているイメージとは違う悪女を演じていて、それも興味があったのですが、田村さんのぼそぼそと話す様子やまなざしが、つらい過去を背負った主人公にぴったりとはまり、物語に引き込まれてしまいました。

 田村さんは滑舌が少し・・・というお話もあるようです。でもそんなものはどこかに吹き飛んでしまうようなドラマでした。テレビですから少し滑舌がよくなくてもいいのです。雰囲気がそれを補っているというか、演じている人物がそういう話し方をするんだと納得できるのです。それが俳優・田村正和の力なのだと思いました。

 見ていない人のために結末は書きませんが、大人である私が今見て、その結末に感動しました。人は愛なんだなと・・・。

 

昨日の「タイタニック」は泣いた。

 2週連続でテレビ放送されていた「タイタニック」。昨日は後編で、1人で部屋で見ながら泣きました。泣いちゃうんだよね~、毎回見ては泣きます。

 20数年前に映画館で公開されたときに見に行っています。元夫は2回見に行ったと昔自慢していましたが、私は1回見に行きました。その後、テレビ放送されるたびに見て、毎回泣いてしまいます。分かっているのに泣きます。昨夜は久しぶりに涙が結構出てしまったので、翌朝に目が腫れていたらどうしようと思いましたが、大丈夫でした。

 主演のレオナルド・ディカプリオさんもケイト・ウィンスレットさんも、若い!2人とも美しい!ディカプリオさんは本当にハンサムですね~。なんて綺麗な2人なんだろうと思いながら見ていました。そして最後は分かっていても、近づいてくると涙が出てきます。何度も見てしまう映画の1つです。

 テレビ放送で何度でも見てしまう映画が私にはありまして、洋画では今回の「タイタニック」と「ボディーガード」、邦画ではアニメの「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」(4月くらいに放送していましたよね。見ました)、この4作品は見てしまいます。何度見ても感動したり、悲しくて泣いたり、楽しかったり、楽しめます。そして毎回違う面で気づくことがあります。昨夜の「タイタニック」では最後のシーンで、ヒロイン・ローズの夢の中のシーンに改めて気づいて、泣きました。そうだ、こんなシーンがあったと思い出しました。見ているとはいえ、たぶん4・5年ぶりに見て忘れていたシーンがたくさんあるのですよね。

 映画っていいですよね。とても好きです。早くまた、映画館で新作映画を見たいです。

より以前の記事一覧

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ