少し落ち込んでいるのです。

 先日の仕事の報告書を提出して、フォーマットや書き方を間違えていたり、重要な部分を書き忘れていたり、報告書の意味がなかったと反省していた昨日の夜のことです。昨日の昼間は暑い夏を乗り切ったエアコンの掃除をしたり、換気扇シートを変えたり、掃除をしたり、少し頑張ったので、夜にはポップコーンを食べながらテレビを見てゆっくりしていました。そこへ飛び込んできた、友人からの連絡。病気を発症して入院したとのことでした。

 その友人は2年前に大病を克服して、日常生活は完全に会社員として復帰していました。毎日忙しい日々を送っていると知っていました。だから安心してしまっていたのです。そこへ、新たな病気を発症して入院したと知らせが本人から届いて、一瞬スマホを見る私が止まりました。そういうことがあるのですね。ドラマでよくありますよね、そういうシーン。本当にあるのですね、自分が、時間が、止まったような瞬間。

 本人が連絡(LINE)をしてくれたということは、それだけの気力体力はなんとかあるということです。分かっていても、止まってしまった時間。そこから感覚がよく分からないのです。不安なはずだし、何もできないからどうしようもないと分かっているし、でもそういう感覚がないのです。それでも親友に連絡したり、仲間に連絡したりしました。他の友人にも本人から連絡が入っていました。ということは、軽い症状のはずなのです。

 親友は私を落ち着かせようと、電話で話を聞いてくれましたし、話してくれました。親友がどうしてそんなに私を安心させようとしているのかも、よくわからないのです。きっと私は混乱していたのでしょう。親友にはわかったのでしょう。私は自分でわかりませんでした。

 今日も本人からちゃんと連絡をもらっています。朝ごはんを食べられたようです。だから大丈夫なのです。今は新型コロナの影響で、入院していてもお見舞いにも行けません。気が付いたら、自分が少し落ち込んでいました。私が落ち込んでどうする、と思いますが、落ち込み気味です。でもあまり考えすぎずに、違うことをして、少し気分転換しようと思います。

悲しいニュースは皆が悲しい。

 また悲しいニュースがありました。女優の竹内結子さんが亡くなったニュースです。悲しいニュースは、みんなが悲しくなりますね。

 芸能界の出来事は取り上げられることが多いですが、一般的にも新型コロナの影響なのか、悲しい出来事が多くなっている気がします。そういうニュースを目にしたり聞いたりすると、私たちは心が少しでも沈みます。影響を受けてしまう人がいるかもしれません。私もそういう部分があります。

 そんなとき私は、親しい友人とメールをしたり電話をします。家族には逆に元気な姿を見せてしまっていることが多いです。でも少しでも心が沈んで落ち込みそうなときや、モヤモヤするときには、必ず友人に連絡をします。どんなことでも連絡をすると、友人からの返事で少し、いえ、とても救われます。悩みや落ち込みの原因と直接関係のない話題でも、救われます。直接関係のある返事ならなおさら救われます。

 2回くらい前のブログで、軽く絶望的になることがある、と書きました。違いはあるとは思いますが、世界中の人たちがみんな、そんな風に思うことがきっとありますよね。新型コロナの影響が全くないとは言えません。私たちはいつも新型コロナの不安を抱えながら、毎日生きている時点で、すでにストレスがかかっています。こういう時期をどんなふうに生活していけばいいのか、そのほかの悩みや不安もたくさんあるのに、どうしたらいいのか、絶望的になってしまうこともあります。

 それでも私はなんとか生きていきたい。この体がすでに私だけのものではないことが、分かっています。家族をはじめ、友人も、主治医も薬剤師さんも、みんなが私を支えてくれています。だからなんとか生きていきたいです。悲しいニュースが世界中からなくなることを祈りながら、生きていきたいです。

昔の日記を見つけて。

 今週も本棚の整理のために、少しずついろいろな棚を整理しました。昨日整理した棚から出てきたのは、約20年くらい前の日記。自分としては、かなりきれいな字でしっかりと書いていありました。

 まだ1回目の結婚生活の間に書かれたものでした。2・3日分を読んで、自分で納得して棚に戻しました。

 私は現在結婚していませんし、実家で両親のお世話になりながら、私もお世話しながら、お互いに助け合って暮らしています。同じ年代で、結婚していて家庭を持っていたり、子供を持つ人たちに比べたら、全然苦労なんてしていない、と思っていました。まあ、「比べる」時点ですでに考え方が違うとは思いますが、自分に言い聞かせているのです。お前は苦労なんてしていない楽な人間だ、と。(実際そうかもしれません)

 しかし約20年前に書かれていた日記には、今の私には想像できないほど、がんばっている私がいました。「仕事を終えて帰宅してご飯を作って食べて片付けたらあまりに疲れてしまって、お風呂にも入らず歯も磨かず朝まで寝てしまった」というようなことが書いてありました。こんなすごい生活をしていたのだと、驚いてしまいました。

 記憶って本当にあいまいですね。忘れてしまうのです。その日記がなければ、私がそんなに大変な生活をしていたと、忘れていました。まだ30歳そこそこで、それだけ疲れてしまう日々を送っていたのだと、分かりました。そのときそのときにできるだけのことをして、がんばっていたのだと思うことが出来ました。

 今もできることをして、できるだけのことをして生きていると思っています。他の人と比べる必要なんて、本当はないのですよね。みんなそれぞれ、がんばっているのです。がんばっていないように見えても、それぞれのできる範囲で生活しています。それでいいのですよね。

 

久しぶりの静かな日常。

 昨日今日と、久しぶりに静かな日常を過ごしています。

 一昨日、喉がちくりと痛み、「そろそろ体力的に限界」と感じたため、しっかりと休養をとるようにしました。8月下旬からちょっと忙しく、自分の体力が続いていたので、なんとなくそのまま忙しく過ごしてしまいました。3週間ほど気持ち的にも忙しく送っていたら、体に不調が現れました。当たり前です。ベーチェットの症状が現れ、そのうち気持ちも落ち着かなくなりました。

 喉の痛みはよくなりましたが、陰部潰瘍が治りません。もう1週間以上になります。最初は潰瘍のようで、途中から毛嚢炎のようになってきました。嫌な感じです。痛みはそれほどないので大丈夫ですが、しくしくと鈍痛というか、何かできているんだろうな、という感覚です。変な言い方ですが、ぐちゃぐちゃだったらどうしよう、という恐怖もあります。でもね、ちゃんと鏡で見るんですよ。「え~!?」って思われる方もいるかもしれませんが、そこはしっかりと自分で確認するんです。自分の身体ですから。そんなにぐちゃうちゃではなくて、膿んでるのは確かです。あ~あ。

 睡眠をとにかくしっかりとって、体を休めるしかないのです。ひどいときは1日2回患部にリンデロンVG軟膏を塗ります。仕方ないですね・・・。でも昨日今日と久しぶりに静かな日常です。昨日は午前中に掃除だけしました。今日はお昼に家族で車で買い物に行きました。今日の東京は涼しくて、過ごしやすいです。お昼寝もしました。もう数日はゆっくりと過ごして、体調を回復させたいです。

本棚の整理。

 ここ数週間で、本棚の整理をしています。自分専用の本棚には大切にしまってある本がけっこうあり、自分で驚きました。とっくに捨ててしまった、もしくはあげてしまった、と思っていた本が奥に隠れていたのです。この機会に整理しています。

 家族の本棚には、まだまだたくさん本があります。父親が大切にとっておいた時代小説は、この機会に捨ててしまうそうです。母親にも確認してもらわないといけません。お祖母ちゃんが亡くなったときに、母親がもらった本もあります。私の本は、子供のころに買ってもらった百科事典があります。両親に確認して処分することにしました。歴史等が新しく分かり、内容が変わっているところがたくさんあります。高いお金をかけて買ってくれたと思いますが、学生時代にときどき調べたくらいでしょうか。申し訳ないので、再読して・・・と思っていると、いつまでも処分できないので、思い切ります。

 家族の本棚は、本棚自体を来月にも処分してしまう予定です。そのために本の整理を始めました。どうしても捨てられないのは、「あしたのジョー愛蔵版」や「ヨコハマ物語」などのマンガなのです。それと私の大学時代に使っていた教科書。私の本棚には入りきらないので、家族の本棚に入れていました。それらをどこに移動するか・・・それが問題です。

 本棚って知らないうちに本がたまっているものですね。今後もできるだけ少なくして、整理を心がけていこうと思っています。それでももう手に入らないようなマンガだけは・・・捨てられない。大切にとっておきます~。

延長コードの繋いだ部分がショートした。

 ここ数日、私の部屋のウインドーエアコンが臭かったのです。毎年はじめて使うときは、生臭い感じで、クリーニングしないといけないなと思っていました。ところが数日前からは生臭いというより、タバコのような臭い、何かが焦げているような臭いでした。いよいよカビてしまって買い替えが必要かと昨日から考えてしまいました。

 ところが今日、お昼前にトイレにちょっと行って部屋に戻ると、エアコンとテレビ、DVDのスイッチが切れているのです。ブレーカーが落ちたのかと思ったら落ちていない、じゃあマンションで電気工事でもしているのかと管理人さんに聞いてみたら、していないとのこと。しばらくして管理人さんとたまたまいた電気関係のかたが部屋まで来てくれて、エアコン・テレビ・DVDが繋がっているコンセントのコードと、それを壁のコンセントまで繋いでいる延長コードを確認すると、バチッ!!という音とともに火花が飛び、延長コード同士が繋がっている部分が焦げてしまいました。ショーとした、と言うのでしょう。驚きました。

 壁のコンセントから繋げていた延長コードが古いものだったのです。びっくりしました。数日前からのタバコのような焦げた臭いはこれだったのです。もし私が普段の時のように寝っ転がってテレビでも見ていたら、火花が飛んで衣服が燃えてしまったかもしれません。 それこそ家事になっていたかもしれません。そんなことになる前に分かって、本当によかったです。管理人さんと電気関係のかたに感謝しました。

 たまたま外出していて両親はいなかったので、帰りに新しい延長コードを買ってきてもらいました。繋げたらテレビもDVDもエアコンもつきました。とりあえずひと安心です。延長コードの古いものは取り替えないと危ないかもね、と父親とも話しました。

お金って入ると出ることになってるの?

 お金って、自分で働いた分でないものは、入ると出ることになっているのでしょうか。少なくとも私はそのようです。

 10万円の給付金もそうでした。弟や嫁さんに「今回のコロナ禍で仕事がない」と伝えていたら、お小遣いをくれました。その分が全て、何らかの形で消えていきました。

 エアコンのクリーニングが必要になったり(カビています)、自転車を買い替えることになったり(まだ買い替えていませんが)、母親にお金を貸さなければいけなくなったり・・・。いただいたお金に自分の貯金を上乗せして、出ていきました。悲しいけれど、そういう風に入ってきたお金は、たぶん出ていくことになっているのだろうと思っています。

 全て、自分と家族が生きてくために必要なことです。贅沢しているわけではありません。だから、数日は落ち込んだけれど、仕方ないと割り切って立ち直りました。とにかく今を家族とともに元気に乗り切って生きていくために、お金を使うのです。そう納得して、使っています。さすがになくなってしまったら使えませんけれどね。

今日は健診、明日は仕事。

 今日は自分の健診でした。東京は今日、少し気温が下がってよかったのですが、湿度があったようでジメジメしていました。健診先の病院まで、最寄り駅から15分くらい歩くのですが、じっとりとした汗が出ました。健診はすんなり終了して、帰り道にあったauショップに寄ってスマホをチェック。もうしばらく今使っている大好きなスマホで過ごしていこうと決めて帰宅しました。

 明日は単発の仕事です。午前中なので早起きしなければいけません。ちょっと疲れていますが、アラームをセットして、さらに母親にもお願いして、がんばって起きるぞー。おおー!!

お菓子がやめられない~。

 お菓子を食べるのがやめられません~。お昼にパンを1つ食べた後に、ビスケットやキャラメルコーン、甘いものを食べたらしょっぱいもの、お煎餅とかポテトチップス・柿の種など食べたくなります。食べすぎだ、とわかっているので、食べたい、やめられません~。

 ストレス?いえいえ、ストレスがたまるほど何もしていません。先週は仕事もなく、研修や打合せだけでした。でも夏バテ気味で、背中は痛いし、眠いし、だるいし、という体調で、少し体重が減っていました。その前の週に仕事をがんばってしまって、すでに夏バテ気味だったところに、食欲が落ちて体重が少し減っていました。しかし、先週はぐったりしたかわりに、食欲だけはあって、食後にどうしても甘いものが食べたい、そのあとはしょっぱいものが食べたい、ああもう止まらない、という感じでした。体重も昨日にはしっかりと元に戻りました。

 ただ、食後に甘いのものしょっぱいものを食べたいだけ食べていると、胃もたれを起こします。ここ数日、夕食後のお菓子で胃もたれを起こして、胃薬を飲みました。あ~あ。そして体重も増えていくのでしょう。これではいけません。

 明日以降は、単発の仕事と自分の健診が、連続で入っています。何とか乗り切るために、お菓子の食べすぎに注意して、胃もたれを起こさない程度に甘いものをちょっと食べながら、乗り切りたいです。と言いながら、今日のお昼にもパンを1つ食べた後に、ビスケットやキャラメルコーンを食べてしまいました。だって、キャラメルコーンの限定品でモンブラン味がコンビニで販売されていて、買ってしまったんですもの。昨日のお昼に食べた残りの分があったのですもの、と言い訳ですね。あ、すでに胃もたれ気味です・・・・。

そわそわしていた。

 昨日はなんとなく一日、そわそわしていました。自分の来週の仕事のこと、9月の仕事のこと、さらに午後2時過ぎに安倍首相が辞任の意向とニュース速報が入ったと、母親が教えてくれてから、ぞっとそわそわ。

 来週の仕事のことはかなりドキドキです。ちょっとドキドキです。安倍さんの辞任については、難病を抱えている体で7年8ヵ月の在任はすごいことだったと、改めて思います。いろいろな問題もありますが、難病をもっている私としては、よく体調をコントロールしながらお仕事をされたと、思います。病気でも仕事ができる、一国の総理大臣として、なんとか頑張ることができたのだ、と希望につながりました。(いろいろな問題はおいといて、のおはなしです)

 今日は昨日のそわそわした感じが少し落ち着いています。落ち着かないといけないと思っていたので、一夜明けて気持ちが落ち着いてよかったです。夜には仕事関係の会議があるので、出席予定です。個人的に相談したいこともあるので、同僚や先輩方のご意見を伺いに行こうと思っています。しっかり感染予防と熱中症対策をして、行ってきます~。

より以前の記事一覧

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ