お金の問題って落ち込む。

 お金の問題って、落ち込みますね。もっと働けばいいのですが・・・何を言ってもただの言い訳になってしまいます。足らなければもっと働く、そうすればいいのに、自分はできていません。

 大変なことになる、という前に準備しておけばいいのに、できていないし、こんな風になるなんて予想もしていなかった。やっぱり言い訳になってしまいます。

 きっと時間がたてば落ち込んだ気持ちも回復してくるでしょう。お金の問題は回復できないけれど、できることをしながら生活していくしかありません。とりあえず今日はアルバイトです。東京もとても暑いので、水分補給しながら体調に気を付けて、適度にがんばってきます。

梅雨が終わり夏へ。

 東京も昨日やっと梅雨があけて、本格的な夏になりました!今年の梅雨は長かった・・・。と言っても、バイト以外は基本的に家にいることが多かったのですが、家の中がジメジメしてちょっと嫌な感じでした。湿度の高さが体調に影響していたのか、7月後半はあまり調子もよくなかったです。それでも何とかアルバイトには行くことができました。

 さあ、これからが本格的な夏の暑さとマスクとの格闘です。まあ格闘するわけではないけれど、どうしても公共交通機関、お店への入店時はマスクがかかせません。入ってしまえばエアコンも効いていて涼しいとは思いますが、汗がおさまるまではマスクの中も暑いし困っちゃいます。すでに梅雨の時期にジメジメの暑さで経験済みですが、何とも言えない辛さです。

 昨日は近所の八百屋さんへお買い物に行きました。梅雨あけの青空と夏らしい雲を見て嬉しくなりました。これからもっと暑くなるのはわかっているけれど、長い梅雨があけるとこんなにすっきりとした気分になるのだな、と思いました。体調管理と感染予防をしっかりとしながら、今年の夏ものりきるぞ~、おお~!

太ってきました~。

 今週は睡眠不足でだるい毎日でしたが、2回のアルバイトも何とか乗り切り、なぜか太ってきました~。

 アルバイトの日は帰宅が夜の9時半くらいになります。それから夕食を食べるのでその日の夜は1㎏くらい太るのですが、翌日には落ちているはずなのです。アルバイトで動いているので、食べる分は消費しているはずなのです。ところが、今週はアルバイト後の夕食をしっかりと食べてしまいました。いえ、いいんですよ。しっかりと食べないと、体力がなくなってしまいますので。しかし翌日に落ちているはずの体重が落ちない・・・。その次の日にまたアルバイトで、帰宅後の夕食が焼うどんで美味しくて食べ過ぎました。翌日になってもやはり体重が落ちていません。なぜ??食べ過ぎ?

 実は7月の中旬に食欲がなくなって、体重が少し下がっていました。もうちょっと落ちると、一昨年に具合が悪くて食欲もなかったときと同じくらいになりそうでした。私は夏が体力的に弱いので、食欲も落ちることがあります。しかし今回の食欲低下は、どうもストレスと関係があった気がします。何のストレスなのかは自分でもよくわかりません。ただ気分的にあまりよくありませんでした。

 今週はアルバイトがあったので、生活にメリハリがついたのか、気持ちも切り替えができたようです。仕事のときには集中しますよね。すると考え込んでいたことを考えなくていいことになります。仕事だけを一生懸命します。それが気分転換になったのだと思います。

 仕事で疲れて帰ってきて、お腹が空いたのでたくさん食べたから太った、というのが太った理由なのでしょう。毎日新型コロナの感染者数が気になり、変なストレスがかかっています。食べ過ぎない程度にしっかり食べて、ストレスに負けないように体力を維持していこうと思います。

体が痛くて目が覚めた。

 朝方、体が痛くて目が覚めました。抽象的な表現ですが、細かく説明すると、背中が痛く、背中付近の関節が痛く、体全体が重くだるい感じでした。部屋の中が蒸し暑くて、27.4℃の室温で、湿度が75%くらいでした。暑いですよね。湿度が高いと体がだるく感じますが、もしかして痛みにも関係があるのかもしれないと、常に思っています。本当はどうなのか、機会があれば主治医に聞いてみます。

 体が痛いのと室温が暑いので眠れなくなり、ロキソニンを飲んでしばらくクーラーをつけました。私の部屋は小さくて狭いので、ウインドーエアコンなので音が大きく、つけたままではタイマーをセットしたとしても、私は眠れません。5分くらいつけて室温が少し下がった状態にして、もう1度眠ることにしました。しかしなかなか寝付けずに、6時過ぎまで覚えています。その後、眠れました。体の痛みもよくなりました。

 起きたのは10時です。遅いですよね~。本当は2度寝はせずに、朝6時過ぎに起きてしまえばいいのですが、睡眠不足になってしまいます。お昼寝をすればいいのですが、私はたぶん睡眠障害があるのです(いえ、あります。だって睡眠導入剤を飲んでいますから・・・)。早起きしたから、寝不足だからお昼寝できるかというと、お昼寝も寝つけないときがあります。その日の夜にしっかりと眠ればいいと思いますが、それでも寝つけないときがあります。すると睡眠不足を翌日にまで引きずってしまうことになります。体調が悪くなってきてしまいます。今までのたくさんの経験で自分でわかっているので、2度寝をしてでも睡眠時間を補うようにしています。

 睡眠と痛みの関係はあるらしいと、主治医に聞いています。睡眠不足だと痛みが強くなる人がいるらしいです。私はそうです。その日の睡眠は、できるだけその日のうちに補いたいと考えています。たとえ朝起きるのが遅くなっても、私には私のルールがあると、自分に言い聞かせています。それにしても、寝ている間に体が痛くなって目が覚めるのは嫌ですねえ。この件についても、主治医に話してみようと思っています。

 

だらだらの自分を許す。

 この4連休は特に予定がありません。私の場合は一昨日からお休みなので5連休です。午前中にお掃除をしたり、お買い物に行ったり、1日1予定で午後はゆっくりしています。今日でお休みの3日目。昨日も一昨日も、夜になると「こんなにだらだらしていていいのかな」と思ってしまいます。でもそんな自分に「だらだらしていていい」と、許そうと考えています。

 お休みですから、何もしなくていいのです。それなのに時間がもったいない気がして、何かしないといけない気がして、夜になると自問自答しています。

 録画してある番組やドラマを見たり、読書をしたり、楽しいことをしているのに、夜になると考えてしまうのです。気が付くとスマホでネットニュースを見てしまったりして、ネットニュースの見過ぎだと自分で反省もします。見ることは構わないのですが、見過ぎてしまうのです。そうすると「他に何かできたのではないか」と思ってしまうのです。

 私にとっての5連休、だらだらしよう。来週は2回、アルバイトが入っています。適度にがんばるためにも、この連休をだらだらすることを自分に許そう。いつもがんばり続けることなんてできないし、だらだらすることも体や心にとっては必要ですものね。

どうしたらいいんだろう。

 今日の東京で、新型コロナ感染者が280人を超えるだろうと、お昼ごろに予想が出ました。感染者が増えるだろうと思っていたけれど、「どうしたらいいんだろう」と本当にそう思います。

 どうしたらいいんだろう、の意味は、感染予防をできるだけして、余計な外出も控え、ときどきの仕事をしているだけでも、たぶん感染してしまう恐れがあるということです。実際にテレワークを主にしていて外出もできるだけ控えているけれど感染した、という人が出てきているとテレビで言われています。いわゆる夜の街とかそういうところに行っていない人、濃厚接触者でもない人が感染し始めているとしたら、すでに市中感染が始まっていると思うのです。

 家から一歩もでないのが一番いいのでしょう。家族も含めてです。でもね、そういうわけにもいかないです。そうしたらやっぱり、1人1人が感染予防を徹底して、万が一自分が感染していることも考えて感染を広げないように徹底するしかないのですよね。3月4月5月頃とは違った意味で、不安になります。これからどうしたらいいんだろう、と思っています。

涼しいと体が楽です。

 今日の東京は、午前中がくもりで気温が20℃前後。とても涼しくて、体が楽です。

 朝一で単発の仕事がありました。自転車で現場まで移動しましたが、涼しかったのでマスクをしていても汗をかかず、とても楽でした。午前中に終了して自転車で帰宅しましたが、蒸し暑い日に比べると疲れかたが全く違います。天気や気温でこんなに体の状態が違うのだと、改めて実感しました。

 これから梅雨が明けると本格的な夏です。夏になると自転車での移動中は風を感じて少し涼しいのですが、止まると汗が噴き出てきます。一生懸命に走っているときは大丈夫でも、自転車を止めて仕事に入る前に汗がものすごく出て、水分を補給するとさらに出ます。その状態でマスクをつけることを考えると・・・ああもう考えないようにします。

 今、午後1時になりますが、まだ涼しいです。今日はこのままエアコンを使わずにすみそうです。午後はゆっくりと過ごします。

 

これからが本番なんだと実感。

 「withコロナ」と言われてしばらくたちますが、今週になり東京の感染者数が200人を超えて、それでも日常生活を送らなければいけないこれからが本番なのだと、実感しています。

 感染者数が増えても重症者数が少ないとか、検査数が増えているから感染者数も増えているとか、いろいろとご意見をテレビ等で聞きますが、増えていることは間違いないのです。それでも以前のように緊急事態宣言や休業要請が出されないのは、経済を回していかなければいけないからとか、理由もいろいろと聞きます。そういうことなのでしょう。

 今週は2回アルバイトがあり、帰宅時間は夜の9時半でした。9時過ぎに山手線を利用しましたが、新型コロナが流行する前と比べて、その時間の利用者は半分くらいになっていました。座れる席もちらほらありました。そんな中でも、20代と思われるカップルが、マスクなしで電車内でいちゃいちゃしているのを見て、驚きました。やっぱりいるんだなあ、と思いました。

 自分が通常の日常生活を始めてみて、公共交通機関を使ったり、職場に行ったりして改めて思うのは、これからは本当に自分で予防をするしかなのなだということでした。それぞれがそういう気持ちで行動しないと、「withコロナ」の社会では感染の可能性が常にある、ということです。自分が感染予防をするということは、大切な人にうつさないことにもつながります。これからが本番、です。

無力さを感じる。

 九州での大雨が続いています。被害が大変なことになっています。他の場所でも大雨の被害が出ています。新型コロナの感染者も日々じわじわと増えていて、避難所での対策も行われていますよね。どうしてこんなことになってしまっているのか、何もできない無力さを感じています。

 今日は午後からアルバイトです。東京も午後には雨が強めに降る予想が出ています。何もできないけれど、せめて自分の仕事をなんとか勤めるだけです。感染予防をしっかりとしながら、お客様に安心していただけるようにするしかありません。

 雨が早くやんでくれることを祈っています。

過ぎてから気づくこと。

 アルバイトが再開される日が近づき、少し不安が心に広がっているからでしょうか。私って、何がしたいのだろう、何になりたかったのだろう、これからどうやって仕事をしていこう、と考えることが多くなっています。

 シングルなので生きている限り、できるかぎり、仕事は続けていくことと思っています。年金も少ないので(そう予想しています)、仕事をしなければ生活ができないでしょう。ただ、もし今の持病のほかに病気を発症したり、働くことができない状況になったら、そのときはまた別です。

 この先、自分が続けられる仕事は何だろうと、考えたときに、分からないのです。自分がやりたいことや、したい仕事が。そもそも仕事なんてしたいのか、と自問しています。仕事をしたら、自分の人生に張り合いがでることはわかっています。でもしなくていいならしたくないかもしれない、とも思うのです。

 あまり振り返りたくありませんが、考えてみれば、自分が一番心も体も安定していて幸福だったのは、2度目の結婚とき富山で生活した2年間でした。すでにベーチェット病を発症していたので、専業主婦で、体調のために週に1回フラメンコを習っていました。私は家事が好きではありませんが、嫌いではなく、自分なりに楽しく主婦業をしていました。富山で暮らしていた2年は、今でも心の中によい思い出として残っています。その後、残念ながら離婚してしまいましたが、富山のころが一番安定していて幸福だったと気付いたのは、離婚後数年たってからでした。

 自分が幸せだったと、それが終わってから気づくものなのですね。過ぎてからでないと幸せを感じられなかったのは、残念なことでした。後悔しても仕方がないので後悔はしていませんが、過ぎてから気づくものなのだと、思いました。

 今の自分が一番幸せでいられるように、日々生活しているつもりですが、少し先のことが不安になると、過去を振り返ってしまうのです。アルバイトが再開したら、仕事に集中しますので、きっと振り返る余裕もなくなります。とにかく、感染予防をしながら仕事に取り組みましょう。

より以前の記事一覧

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ