既読、になっていればいい。

 このごろLINEをよく使います。友人や大学時代の後輩などと連絡を密にとる機会が増えました。親友と無料電話もしています。とても便利です。

 一時、「既読スルー」が話題になりましたよね。読んだはずの「既読」マークがつくのに、返信がない状態。それは寂しいし、イヤかもしれないな、そう思って、あまりLINEを利用しない時期もありました。

 あるときテレビか何かで、LINEの既読マークは、災害時の安否確認になる、と言うことを知りました。熊本地震のときに、九州に住んでいる友人にLINEで連絡を入れたら、すぐに返信が来ました。災害時にも連絡が取れやすいLINEを、それからよく使うようになりました。

 既読スルーに関しては、返信を期待するけど、でも「既読」になっていれば、見てくれている、と思っています。

 病気を抱えている仲間、先輩にLINEで連絡して、既読にさえなっていれば、見てくれているし、必ずまた連絡をくれると信じています。だから私は、普通に健康な友人にLINEした場合でも、「既読」になっていればいい。そう、生きていてくれればいい、そう思っています。

 なんとなくここ数日そんな風にあらためて思って、LINEについて書いてみましたconfident

電話をいただいて。

 ここ1年ほど連絡が取れなかったかたから電話をいただきました。何かあったのかもしれないと、心のどこかで思っていましたが、やはりそうだったようです。

 手術をして、そのあと静養しながら少しずつお仕事を再開されたとのこと。いつもの声で話されていました。

 40分くらいお話ししてから、いつものように「おやすみなさい」と言って電話を切りました。それ以上は何も考えず、また必ずお電話をいただけると思っています。

 人は、いつ病とともに生きることになるのかわかりません。私はベーチェット病とともに生きています。いつも何となく不調があるけれど、自分で納得していればその範囲内で精いっぱい生きていかれます。そうやって、これからも生きていこうと思っています。

 

休養日。

 今週の予定もなんとか終了し、休養日となりました。昨日の研修も参加できてホッとしたのか、夜はよく眠れました(もちろん眠剤飲んでますけどcoldsweats01)。

 今日は肌寒いですね。びっくりです。これでは風邪もひきます。今のところ、私は引いていませんが、注意しないといけないなと思っています。

 あっという間に6月中旬になっていました。体調も小さな波はあるけれど、大きく崩していないので、このままうまく過ごしていきたいです。これから暑い夏がきて、その夏をどう乗り越えるか。どうもなにも何とか乗り越えるしかないので、今年も無理せず、ぼちぼち休養取りながら、ときどき楽しみを入れながら乗り切る予定です。

 今日と明日はゆっくりです。日曜日に外出予定なので体調を調整しようと思いますconfident

眠い~。

 ここ数日、雨が降って湿度は高いけれど気温が低いからか、睡眠はよくとれています。眠剤を飲まないと眠れないのはいつも通りですが、1週間前はそれでも朝の3時4時まで眠れないことがありました。

 眠れるようになって嬉しいのですが、8時間以上寝ていても、起きてしばらくするとまた眠くなります。体の調子はいまいち。大きく崩してはいませんが、右目は結膜下出血中。ホットフラッシュがときどき。昨日は家から1歩も出ていません。休養をとっていました。

 眠いときはやはり体からの注意信号でしょうか。注意信号のときと、眠りすぎで体がダラダラしてしまっているのかもしれない、なんて思ったりもしますが、どうなのか。

 ただ気候の変化も激しいので、それに体がついていかないのはわかっています。なので、やっぱり睡眠が足りないのかな、と思いつつ、今日は夜に仕事が入っているので、お昼寝してから行こうと思っていますconfident

地元の友人とバーベキュー。

 体調をなんとか整えて(?)、地元の友人とのバーベキューに参加してきました。去年は夏の終わりに開催したのですが、今年は梅雨の真っただ中。でも雨が降らずに、ちょっと涼しくてラッキーでした。

 場所は自転車で10分くらいのところ。準備は男性陣が率先して担当してくれて、私はほとんど食べて飲んで楽しんで。

 普段、会うことの少ない友人なので、会話もとても興味深い内容ばかりです。なにより、小中学校からの仲間なので、恰好つけることも、堅苦しくなることもありません。素直な気持ちで素直な会話ができました。

 内向きになっていた心が、少しほぐれました。広がった、というのでしょうか。そして、お肉をたくさん食べて、体力も付きました(←え?一日で?)。心の体力かな。何だか少し自分の世界が変わった気がします。その気持ちを忘れないようにしたい。忘れたころに、また会える仲間です。そうしてずっと付き合っていきたい仲間ですconfident

他のことに興味が・・・。

 あれれ、私って飽きっぽいのかしら・・・と気づいてから約1年。いえ、もしかしてもっと前から気づいていたのかもしれません・・・。

 好きなものは好きです。けっこう長く好きでいます。大きな波がきて、めっちゃ好きになって夢中で取り組む場合もありますし、細く長くの場合もある・・・。けれど・・・。

 私としてはけっこう長い手話の勉強。8年目。でも手話の世界ではまだまだ足りない経験と勉強。しかし・・・。何となく自分の中で、この先はどうなるの?みたな気持ちが出てきました。

 ちょっと手話ができるアルバイトさん、とかでもいいよね。ちょっと手話ができる受付さん、とかでもいいよね。長い人生、他のことに興味が向いてもいいよね。

 さて、また他の波が来ているのかな。

今年の梅雨と夏は・・・。

 梅雨のような日が続いています、東京。もうすぐ入るのでしょう、梅雨に・・・。

 今年の夏は暑いよ~、と母親が言っています。あ、毎年言っていますけどね。でもね、今年の梅雨と夏は、私にとってちょっと特別な感じです。

 去年と比べると、ステロイドが1㎎減っていて、毎日8.5㎎飲んでいます。2年前には10㎎飲んでいたのに、信じられな~い。まさかここまで減らせるとは・・・。

 ただ、ここまで来るのに大変でしたが、とにかく減らせたことはよかった。とりあえず大きく体調を崩すこともなく、生活できています。ちょこちょこ具合は悪くなりますが、なんとか持ち直します。

 梅雨と夏は苦手で、体調を崩しやすくなります。あ、もちろん、作物がよく育つために梅雨と夏は重要ですので、そういう意味では好きですよ、梅雨も夏も。

 うまく乗り切っていきたいのです。ほどほどに活動(?)しながらも、よく寝てよく食べてよく笑って過ごしていきたい。ほどほどにビールも飲みながら、飲みすぎないようにして。あ、月に数回は飲みますよ、ビール。好きですよ、飲むの。

 楽しみを作りながら、仕事も何とか乗り切りたい。体調もうまく調整していきたい~confident

母の日のプレゼント。

 遅れてしまいましたが、母の日のプレゼントを購入しました。

 昨日、私はお休みだったので、この機会を逃したら母の日のプレゼントを買いに行けない!と思い、母親を誘って近くのお店に行きました。

 母親は左膝を痛めています。杖が常に必要です。普通のタイプのものを持っていますが、折りたためる杖は持っていませんでした。3月の旅行の際に、必要なら買うよ、と私から言っていましたが、「いらない、大丈夫!」とのことでした。

 ところが最近、「折りたためる杖がね、リサイクル店で1650円で売っていた」と話していました。ん?もしや、折りたたみのタイプがほしいのか、と察して聞いてみると、「ほしい」と言う答えが・・・。もっと早く言ってくれれば、もっと早く買ったのに~。

 タイミング的に母の日のプレゼントにしようと思い、やっと昨日、お店に行きました。リサイクル店ではなくて、メガネ店。そのメガネ店で折りたたみの杖を販売していました。先週、私が1人で下見に行っていました。

 母親は楽しそうに、選んでいました。いろいろと試してみて、最終的に、紫の柄に小花模様が散らばっている、ちょっと目立つ感じの杖です。紫が好きなのです。4つに折りたためて旅行にも持っていきやすいです。

 帰宅してから、試しに使って歩いてみたりして、ちょっと嬉しそう。仕事から帰った父親に話している様子を聞いていると、とても喜んでいるのです。あらまあ、そんなに嬉しかったんだ。少し遅くなったけど、母の日のプレゼントが喜んでもらえて、私も嬉しかったのでした~confident

重なるときは重なるもので

 重なるときは重なるもので・・・。体調がいまいちのときに、問題が重なったりします。

 考えてみたら、紅斑も3月に出ていました。ステロイドを0.5㎎減らした際に、顔に出ていました。その前は秋だったかなあ・・・。

 プライベートで週末からちょっと気になることがあり、いよいよそれをどうするかを考えなければいけない状況になり、友人や後輩に連絡をいれたりして・・・。そういうときにも仕事はあるわけで・・・。でもちょっと体調不良で・・・。

 きっと、流れがあるのだろうと思います。とにかく体調をこれ以上崩さないように注意しながら、仕事もたんたんと進んでいきたいと思います。

通過点でした。

 仕事関係で「越えなければいけない山」と思っていたことが、終わってみれば「通過点」でした。振り返ってみればあのときが山だった、というのならわかりますが、通る前からそこが「山」だなんて、自分でわかるはずもない、と思いました。見えるわけではないですから・・・。

 例えばたくさんの書類を明日までになんとか処理しなければならないのなら、それは「山」かもしれません。でも見えないもので、それを通らないと先に進めないから通るのに、通る前から「山」だなんて自分で勝手に決めつけていて怖がって緊張していました。

 まあ緊張しないで気楽に考えるよりはいいと思いますが、あまりに自分で自分を思い込むのはいけないのかも。

 結局、終わってみれば、自分一人の力で何とかするのではなくて、周囲の先輩方や同期と一緒に力を合わせて乗り切りました。そう、山と言うより、ちょっと色の濃い(?)「通過点」でした。

 これからもたくさんのことを、私一人きりではなく、先輩や同期とともに乗り切って行くことになるのでしょうconfident

 

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ