免許更新。

 はい、ペーパードライバーです。11年間、東京で自動車を運転していません。免許の更新もゴールド免許で、30分くらいの講習で終了です。無事に更新できました。

 でも12年前くらいまでは、運転していたんですよ、東京以外で。免許を取ったのも、最初の結婚で長野県に住んだので、近くの講習場まで自転車で通って取りました。軽自動車を父親と旦那に買ってもらって、旦那名義でしたが、ブイブイ(?)乗っていましたよ。車がないと移動するのに大変だったので仕方なく免許をとりました。AT車限定です。MT車は途中であきらめました。

 2度目の結婚生活中には、旦那の車を乗っていました。普通の自家用車でした。金沢・富山・名古屋・広島で乗っていました。あれ?名古屋は乗らなったかな・・・・。記憶があいまいですが、広島では乗りました。原爆ドームを見ながら運転しました。しかし離婚後、東京に戻ってからは乗れませんでした。だって、怖いんです。

 むか~し、数度、結婚していたころの帰省中に実家の周辺でも弟の車を運転しましたが、駐車場から出せても、帰ってきて入れることが出来ず、父親に変わってもらって駐車場に入れてもらいました。それくらいの実力です。なので、人と自転車の多い東京ではとても運転できません。

 マイナンバーカードも持っているので、もう身分証明書の替わりでもないのですが、万が一、東京以外で車に乗ることがあった場合は乗れるかもしれないので、とりあえず免許の更新だけは行っています。更新のたびに講習会で短いDVDを見て、交通事故の恐ろしさを感じて、「ああ、やっぱり東京ではもう運転できない」と実感するのでした。

野球はあまり見ないけれど気にしている。

 数日前に西武の松坂大輔投手が引退すると、ニュース等で放送されていました。その前には日ハムの斎藤佑樹投手が引退。私は野球の試合をテレビで見ることはほんどありませんが、野球中継があると安心します。

 新型コロナが広がり始めたころ、野球の試合もなくなりました。野球の中継がないテレビ放送が、日常的でなく異常事態なのだと、とても感じたのです。去年、少しずつ野球の試合が始まり、お客さんも入り始めて、テレビ中継が開始されてほっとしたのを覚えています。

 若いころは会社の研修で訪れた千葉で、千葉ロッテマリーンズの球場に試合を見に行ったことがありました。アメリカに旅行で行ったときには、エンジェルスの球場に大リーグの試合を見に行きました。また、元旦那が高校野球をしていたので、彼の出身校の試合を夏によく見に行ったものです。お気に入りの選手は特にいませんでしたが、イチローは好きでした。

 今はあまり野球を見る機会はないのですが、中継が放送されていれば安心しますし、活躍してた選手の引退の話を聞けば、テレビのニュースでチェックはしています。松坂選手の引退は残念でしたが、野球が大好きでがんばったんだなあと思いました。試合はあまり見ないけれど、中継があれば安心する、私にとって野球はそういう存在だと今は感じています。この先、大好きな選手が現れて、めっちゃ見るようになるかもしれませんけどね。

なるようになると思いたい。

 今、私としてはちょっと大変です。今月は仕事のシフトを多く入れてしまって、すでに疲れてきました。まだ10/6なのに・・・。経済的なことを考えて、これくらい入れないと無理だよな~、と言う思いと、希望のシフトが全て入るかどうか分からないので、多めに会社に申請していました。そうしたら全て入ってしまって、驚きと不安でいっぱいになりましたが、スタートしてしまいました。

 なるようになるさ、と思いたいです。もし体力的に無理なら、お休みをもらうしかないし、できそうなら仕事をしてしまうしかない、なるようになるさ、と思いたいです。

 ただ、来月以降は今月のような仕事の数を入れないように注意しようと思います。体調を崩したら、仕事先にも迷惑が掛かり、家族にも負担がかかり、何といっても自分が辛い。体の不調による痛みとか症状も辛いのですが、体力を戻すのが大変なのです。もとに戻すまで、仕事もできませんし、寝ているしかありません。だからそうなる前に、自分でコントロールできる範囲でする必要があります。

 いろいろな家族や家庭の問題も「なるようになる」と思いたいです。あまり考えずに、自分が体調を維持しながらできる範囲で仕事をしていきたいです。

息抜き。

 自分なりに、先週も先々週も、仕事をがんばりました。個人的に昨日から3連休に入っています。明日までお休みの予定です。あ、水曜日も自分の通院なので、お休みのうちに入るかもしれません。

 息抜きは、録画したドラマを見ることや、テレビ番組を見ること。歌番組を見て「上手だな~」と感心したり、ちょっとバラエティ番組を見て笑ったり。先週末や昨日一昨日は、夜に「鬼滅の刃」が放送されていたので、一度見たのにまた見てしまいました。好きなアニメを見るのも息抜きです。ちなみに鬼滅の刃を見終わった後には、半年前くらい前にに録画しておいた「Zガンダム」の映画版を見たりしました。

 好きな韓国ドラマを見るのも息抜きです。一度見たけどもう1度見ようと思って録画した「恋愛ワードを入力してください」は息抜きにちょうどよい心地のドラマ。テレビで放送されるのを待ち望んでいた「太陽の末裔」は、少しだけ体力があるときに見ます。集中して見てしまうので、余力のあるときに見ています。

 秋らしい涼しい日が多くなってきました。新型コロナの新規感染者数も減少してきましたが、まだまだ予防対策として外出はあまりしません。仕事と買い物以外は自宅で過ごすようにしています。というか、外出する体力もないので、自宅で息抜きがちょうどいいのかもしれないです。
 

一生懸命生きていくしかない。

 先月退院した母親は、今のところまあまあ元気に過ごしています。再来週の検査が、悪い数値でないことを祈るばかりです。

 父親とも衝突しながらも、一緒に暮らしています。3人で何とか暮らしています。

 今回の母親の入院に関することで、いろいろな人に助けていただきました。このブログにコメントをくださったかた、mixiでもメッセージをいただいたかた、そしてブログを見てくださったみなさん。友人や知人にはメールやLINE、電話で相談にのってもらったり、話を聞いてもらったりしました。親友から食べ物の差し入れや、和菓子なども送ってもらいました。

 このご恩を本人にお返しすることができないかもしれません。返しきれない恩をいただきました。ただ私が元気に一生懸命生きていく姿を、見てもらうしかありません。だから私は両親とともに、一生懸命生きていこうと思っています。

家族でいざこざ。

 午前中に単発の仕事をして帰宅したら、両親が・・・なんとなく室内が暗くていや~な感じでした。着替え始めると母親から「ケロ、着替えたらちょっと来て」と言われ、いや~な感じが当たりました。

 家族間のいざこざ、ああ、ほんと辛い。母親は退院してまだ10日もたっていないのだからストレスをかけたくないのになあ、と思いつつ、間に入ってとばっちりを受けました。

 私はきっとうるさくて理詰めで、いやな娘なのでしょう。できれば高齢の両親には仲良く暮らしてほしいです。悲しい気持ちでいっぱいなので、お昼寝もできず、夜は録画してあるドラマで見て気分転換します~。

録画したドラマを見られる気持ち。

 まだまだ母親の病気に関しては油断してはいけない状況で、手続き等もしなくてはいけないことがあります。しかし、そんな中でも、録画しているドラマを見ようという気持ちが出てきました。

 母親の入院中もちょこちょこ見てはいましたが、気持ちはうつろ、な状態でした。ただ流している、と言う感じでした。ここ数日は何となく集中して見られるようになってきたので、気分転換にもなっています。

 体力的にはちょっといまいちです。紅斑も腕にできてしまいました。それでも気持ちが少し楽になってきたので、治りも早い気がします。ただ睡眠不足です。何とかもう少し眠りたいです。

 自宅に母親がいる安心感と、母親が動いてしまうので病状が悪化しないかという不安があります。それも私自身の体調に影響があると思っています。眠れるときは眠っておかないといけませんね。昼間もできるだけベッドで横になっています。元気が出てくると、新聞を読んだり、録画ドラマを見たりしています。

 これからも家族の状況や私の仕事にも変化があると思います。体調を考えながら、対応していきたいです。

私が体力気力ともちょっと下がり気味。

 母親が退院して3日目。なんとか生活しています。しかし私が、体力気力ともに下がっています。ああ、もう、無理~、と言う感じです。

 とりあえずこうしてブログを書いているということは、何とかなっているというわけです。ただもう、ゆっくりしたい、もっと眠りたい、という気持ちがあります。

 母親が退院してよかった→でも家事は父親と分担→母親の介護認定とか難病申請とか必要→仕事もちょこっとしている→疲れている、と矢印にしている意味がないのですが、負担はずーっと続くので、それを今後介護認定を受けた後に、ヘルパーさんにお願いするとか、デイサービスを利用するのか、など考えて決めていかなければいけません。在宅介護ならば、介護用のお風呂の椅子が必要とか、そういう細々とした手続きも残っています。

 家族みんなで決めて、また分担するのですが、今までとは違う家事の負担が増える分、自分の体調をどう整えていくのか、という問題があります。まずは自分が健康でなければ、家事もできないし、仕事もできません。自分に向き合っていく必要がありそうです。

親友が連絡をくれました。

 6歳からの付き合いの親友が、このブログを見て連絡をくれました。小学生のころからの親友なので、お互いの家にも行き来していました。両親のこともよく知っています。コロナ禍で1年半くらい会っていませんが、誕生日にはお祝いの連絡をお互いにしています。

 ブログのことも前に話していて、なぜか私が困っていることを書いているときに、見てくれるのです。不思議です。私も彼女が具合の悪いときに自宅に連絡して、実は入院していたということがありました。

 今日は昼間に連絡が来て、話すことができました。すごく心強かったです。いろいろと話を聞いてくれて、話をしてくれて、意見を言ってくれて、本当に感謝です。いざというときに手を差し伸べてくれる人がいることが、本当に嬉しいし、幸せです。

 うちは今、父親と家庭を回しています。父親としっかりと話ができたことも、とても嬉しいことでした。母親の病気は残念ですが、それで気づいたこともたくさんあります。昨日は夢で、母親が帰ってきていて、今までのように毎朝、母親がキッチンにいるという夢を見ました。不思議と涙は出なくて、そういう日が必ずまた来ると思っているからなのかもしれません。

 何かあれば話を聞いてくれる友人が他にもいます。何かなくてももちろん、話を聞いてくれます。そしてこのブログを読んでくださっているかた、コメントをくださるかたにも本当に感謝です。ときどきですが、ブログを更新していきたいと思っています。

母は退院して翌日に再入院。

 先週の金曜日、母親の退院が突然決まりました。私は午後から仕事だったので、父親に迎えに行ってもらいました。帰宅したら、母親が帰っていました。

 12日ぶりに会った母親は痩せていましたが、会えたことが嬉しかったです。正直言って元気ではなく、もうろうとした感じでした。少しキッチンのテーブルで話してから、ベッドに寝てもらいました。

 父親と2人でコンビニで買ってきた袋入りのうどんで素うどんを作って、3人で食べました。美味しかったです。前日の残りの餃子が4つあり、漬物と甘い豆という簡素な食事でしたが、たぶん、今までの人生で一番おいしい食事だったと思います。(もちろん母親手作りの料理はとてもおいしいですけどね。)食事中、ふっと目をそらしていたときに餃子が1つなくなっていて、「誰が食べたの?」と聞くと、母親が「私」と答えました。笑えました。腸炎で入院していて、食事制限もあり、餃子なんてもちろん食べていなかったでしょうが、まさか退院したその日に、前日の残り物の温めただけの餃子(味の素の餃子です)を食べちゃうなんて。

 母親は夜に発熱しました。その後、朝まで何回も下血したそうです。翌朝午前中に入院していた病院に電話で問い合わせて、すぐに再入院となりました。救急車で来てくださいと指示があり、今回も救急車のお世話になりました。

 今回の再入院は、1回目の入院時よりも炎症反応・白血球の数値が2倍近くになっていました。昨日の退院時はまあまあ下がっていたらしいのですが、なんで退院させたのかな、と疑問に思いましたが、母親も帰りたがっていたので、仕方なかったと感じています。1日だけでも退院して自宅で過ごせてよかったかもしれないと思います。

 また父親と2人の生活が始まっています。ちょっと疲れがたまっていたので、私も時間があればベッドに横になって寝ていました。暑いですし、とにかく無理せず、ぼちぼち生活していきます。

より以前の記事一覧

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ