理想のタイプ、って?

 改めて考えるのです、私の理想のタイプって、どんな男性だろうか、とcoldsweats01

 2度結婚して2度離婚して、現在42歳、子供なし。今さら何言ってんだよ~、とか誰かに言われそうですが、やっぱりそういう恋愛系のこと、考えます~sweat01

 1度目の夫は、私の理想の人でした。だから離婚するなんて、思ってなかったけど・・・。夫婦になると、日常生活や自分たちの周りの親族関係も、恋愛状態の時とは全く違って。いろいろなことが重なって、私ももう辛いな、と思っていた時期もありましたが、まさか離婚とはね~。考えたこともなかったです。正直、とても辛い時期に、「ああ、このまま自動車事故か何かで死んでしまいたい」と思っていた頃もありました。でも私、運転に慎重でしたので、そういうこともなかったのです。

 2度目の夫とは、も~恋は盲目状態でした。一心に一直線に恋愛して、「あれ?もしかして違うかもしれない?」と思った時には遅かった。私より8歳年下だったので、お母さんのようなお姉さんのような、気付いたらそんな関係になっていました。でも結婚したので、ね~coldsweats01

 で、独身の今、やっと改めて、「私の理想のタイプってどんな男性?」と考えてみたら・・・分からない。ぶっちゃけ、その人とHは出来ないsign01と思ったら、付き合うことも結婚もできないだろうな、なんて思っていました。でも、もしかしてそれも違う気がしてきた・・・。

 私には、これからの人生かけての目標も、したいこともいろいろとあります。だから、もう恋愛やら結婚やらの可能性はないかもしれない。それをまずは基本的に納得しておいて、あえて理想のタイプを考えてみたら・・・ありました。『自分が間違っていると気づいたら、きちんと謝ることが出来る人。柔軟な考え方が出来る人』このことに気付いたのは、実は今の手話の先生とお会いしてからです。

 今、教えて頂いている男性の先生は、聴覚障がいをお持ちです。年齢はどうやら80歳に近いようなのです。先日、講習中に先生が勘違いされていることがありました。そのことについて、もう1人の先生(先生が2人います)が「そうではなくて・・・」と手話で説明していました。受講している私達生徒も「そうだなあ」と思っていました。そうしたら、男性の先生は、「私が勘違いしていました。そうですね、これは違いますね。」と謝ったのです。ちょっとびっくりしましたdash

 男性も女性も、年を重ねると、自分の考え方や意見が固まってくることを、多く感じます。多分私もそうでしょう。自分が間違っている、違う見かたもある、と認められない。間違っていても、謝ることも出来なくなる・・・ことがあります。しかし、私が習っている先生は、80歳近くのまさに高齢者です。なのに、間違っていることを認める、私達の意見も聞いてくれる。考え方が柔軟なのです。いつまでもそういう人でありたいと、私は思いました。私自身も自分の理想であり、もしかして、私の理想のパートナーもそんな風に柔軟な考え方の持ち主であってほしい、と気付きました。だとしたら・・・もしや年齢も外見も関係なく、H云々も超えている、そう言う人がもしかして私の理想のタイプ?かもしれないな・・・happy02

「良く思われたくて・・・」

 昨日、初めて気づいたことがあるのですsign03それは、あえて言葉にするなら・・・「好きになった人に良く思われたくて、意思表示が出来ていなかった」ということ。これって、失恋したり、離婚した時に、さんざん本を読んだり、カウンセリングを受けたりして、知っていました。自分でも、「そうだったんだな」と分かっているつもりでした。

 今週一週間のインフルエンザでの休養で、いろいろなことに気付くことができました。その中でも、この「良く思われたくて、言えなかった」ということが、昨日、急に実感したのですdash。自分でもびっくりしましたsweat01

 雑誌やらテレビやらの情報で、「夫や妻のどこが嫌か」という質問に対して、「高価な物を買う」とか、「趣味にお金をかける」とか、「家事を手伝わない」とか、答えがありますよね。私、それが不思議だったのです。私自身は、ブログでも何度か書いていますが、旦那が自分より高価な物を買うのは当たり前だったし、自分がお安い洋服を着ていても旦那にはそれなりの洋服を着てほしい、趣味も旦那はお金をかけても構わない、というスタンスでしたcoldsweats01。家事を私がするのも当たり前。これは一度目も二度目の結婚でもそうでした。だって、旦那が一番だし、生活費を稼いで来てくれているし。今でもそうだと思ってはいますconfident

 でもね、昨日気付いちゃったのです。旦那がまたは恋人が一番。好きだから断れない、好きだから相手の言うことを優先しちゃう。好きだから=自分が良く思われたかった=嫌われたくなかった、なのでしたhappy02。だから、自分でも気づかないうちに、心の中に何かが溜まって重なって、何かのきっかけで爆発annoyした時には、結論として「お別れ」しかなかったのです。

 一度目の離婚のきっかけは、旦那に好きな人が出来たことでしたが、2ヵ月別居して話した結果、私が「こりゃダメだ。この人は、もう私以外の人に心が傾いてしまっている」と判断して、離婚を私から言いだしました。これほんと不思議なのですが、旦那から離婚と言う言葉は一度も出ませんでした。実はその数年前から、ものすごく嫌なことがたくさんたくさん重なっていましたが、私は旦那が大好きで追いかけるように結婚したので、言いたいことをきちんと言えなかったのです。言ったことももちろんありましたが、その度にケンカするのが悲しかった。

 二度目の離婚の時は、分かりやすいですcoldsweats01。ものすごくワガママで自己中心的な旦那でしたが、やはり大好きだったので、嫌なこともたくさんありましたが、我慢しました、はいpaper。だって、一度目の結婚で夫が恋人を作って別れましたから、二度目の時は、私はもっと相手を大切にしないといけない、出来る限りのことをしよう!と、はりきっちゃいましたdash。付き合っていた頃に病気も発症していたので、「こんな私でも良いと言ってくれたのだから」で、結婚生活4年。ある時、溜まりに溜まっていたものが、ポンッannoyと爆発しました。

 「良く思われたくて」「優しい女だと思われたくて」、だから私は嫌なことも嫌だと、言わなかった。言えなかった、のではなくて「言わなかった」のです。先回りして、お願いされてもいないことまでしていました。私、嫌われたくなかったのです。それが、昨日、ひらめいて分かってしまいました。

 これから私は、「嫌なことは嫌」「したくないことはしない」と、はっきり意思表示しても、つながって行くことが出来る人を大切にしたいconfident。「良い子のケロ」「良く思われたいケロ」ではなく、「きちんと自分の意見を言えるケロ」として、生きていきたい。こういう私を、多分、分かってくれている人がいるのです。家族、親友、その他の人、大切に生きていきますclover

「魔性の女」になってみたいよ!!

 職場の同僚と帰りに更衣室で話していたのです。いわゆる「恋バナ」とでも言うのでしょうか。その時に同僚から言われたのです。「ケロさんは、魔性の女だから~」と。

 ええ~eye私のどこが「魔性の女」なんだ~sign03と、もう少し柔らかめに反論しましたが、なぜなんだ、なぜ私が魔性の女なのだ~sign03

 「魔性の女」というのは、私のイメージとして、「何もしなくても男性にもてる」「何もしていないのに、男性にデートに誘われる」「外見的にどうこうでなくて、女性としての魅力がある」等々・・・。それには私、まったく当てはまりませんからpaper

 42歳なのに、恋愛の話を年下の同僚とよく話すからでしょうか。2回離婚しているにも関わらず、まだパートナーとしての男性を探している(?)からでしょうか。機会があれば友人の男性と食事に行ったりすることもあるからでしょうか(←タイミングよく私が誘うことがある)。

 私だって、「魔性の女」になってみたいよ!!何もしなくても、男性からお誘いを受けるような立場になってみたいよ!!努力なくして、男性との距離を縮めることが出来るようになってみたいよ!!

 何という誤解でしょうか。そうじゃないのに、そう言われる切なさ・・・sweat02。ま、いっかcoldsweats01

最近、すこ~し分かってきた

 最近、すこ~し分かってきたことがあります。もしかして、男性って、自分中心に動いている?と言うこと。

 きっと、これを読んだ男性みなさん、怒るでしょうね~coldsweats01。私なりに、分かってきたことなのです。男性って、もしかして、まずは自分中心で、それで余力があれば、周囲の人に気を配れる?かな?なんて。あ、もちろん、自分の家族のことは考えているのだと思います。ただ、女性に比べると、家族や周囲への気配りが全然違うような・・・。

 女性は多分、もともと赤ちゃんを産んで、育てて、家族みんなに気配りできるような遺伝子があるのではないかと思うのです。それに対して男性は、家族を養うために、昔から狩りなどをしていたという遺伝子がある、という説を聞いたことがあります。それはきっと、「家族を養う」というより、「狩りをする」ということなのだと思うのです。現代に置き換えると、「仕事をする」と言うこと。

 ちょっと振り返って私の結婚・恋愛を考えてみると、まさに男性はまず自分中心で動いていたなあ~、と思えるのです。それはものすごい勝手な人とかDVをする人とかではなくて、普通に考えてみて、普通に男性はまず自分=仕事=家族みたいな感じでしょうか。で、「家族」と言うのは気が付いたら=家族になっていたけど、うまくいかない場合は=家族→崩壊、になってしまうような・・・。

 最近、すこ~し分かってきたこととして、男性は多少の自分中心(勝手)は当たり前なのだ、ということ。もちろん女性だって自分中心だし、自分勝手である場合はたくさんあります!私が二回も離婚したのは、多分自分勝手だからだと思うのです。私は、「夫や恋人のことをあんなに心配して支えようと懸命になっていたけど、それが相手には通じていなかったし、それを相手が望んでいたわけではなかったのだ」と思うことがあります。でもそれは女性に備わっている、遺伝子みたいなもので、「私がこんなにしていたのに・・・」と思うのがそもそも間違っていたのだろう・・・と。基本的にはその相手のことが大好きだから、心配していただけですけどねwink

 だから、結局、あまり考え過ぎるのはいけないな、と思いましたdash。今の自分はシングルなので、思う存分自分中心に生きてみて、また「心配したい」相手が出てきたら、そうなるのだろうな。そうなっても、相手に期待し過ぎたりするのもいけない。「男性はもともと自分中心の生き物だ」と思っていれば、少し気持ちも楽になるのではないかと・・・。あ~、これ読んだ男性陣は怒るだろうなbearing。すみませんsweat01

 

 

今になって分かってきたこと

 2回も離婚して、難病になって、アルバイトがやっと決まって働き始めて、でもお金がなくて経済的な問題は大きくて、将来の不安とか、今後の体調の不安とか、私ずっと独りなのかな、とか、親が死んだらどうするんだろう、とか、いろいろと思っていて、でも今になって自分の本当の思いがやっと分かってきた、ような気がしますconfident

 こんな私でも良いと思っくれる人がいたら、もう一度再婚して・・・なんて考えもあることはありますが、どうも違う。将来的に独りだったら、経済的にも精神的にも困るから、誰か一緒にいくれる人が欲しいと思っていたけど、それもどうも違う。

 分かってきたことは、やっぱり再婚するなら、好きになった人が良い。将来的な不安を解消してくれる人、は、もちろん嬉しいのですが、やっぱり好きな人、この人とずっと一緒に生きていきたい、と思える人に出会ったら、再婚しよう、と気づきましたshine

 自分に素直に考えてみたら、そうでした。経済的な不安のない人と一緒にいても、人はいつどうなるか分かりません。相手が大きな病に罹るかもしれない。そうなったら、私は自分の体と相手のことを面倒みることができるのか。きっとその人のことが大好きだったら出来るでしょう。でも、要するに打算的な考えで一緒にいるとしたら、無理だと思います。

 いろいろなことを重ねてきて、なんだか初心に返ったみたいです。「この人だったら何があっても一緒に生きていこう。この人のためなら死んでもいい。」と思った一度目の夫とは離婚しました。相手に私よりも好きな人が出来たから。その時の私は離婚するしかなかったのです。それから10年以上たち、何人かの人とお付き合いしたりして、そして今やっと、私はこういう考えだ、と思えました。「この人だったら、何があっても一緒に生きていこう」と思えるくらい好きになった人が出来たら、再婚しよう、と。出会えなかったら、そこまで好きになる人がいなかったら、再婚しませんhappy02。再婚しないで、自分の出来る範囲で仕事して、手話の勉強もして、趣味のフラメンコやヨガ、読書もして、友人と楽しい時間を作り、そうやって生きていこう、と思えました。

 ああ、やっと自分の答えが見つかった。そんな気持ちですclover

少し気になる人

 少し、気になる人がいますshine。詳しく書けるほど、まだ進展していませんhappy02。でも、ドキドキしたり、嬉しくなったり、そういう気持ちになることがあるので、やっぱり結構、気になっているのでしょう~。

 でも、考えてしまうのです。私は相手に、いったい何を望んでいるのか。自分が病気であること、×2であること、いろいろと話さなくてはいけません。つい先日、「受け入れてくれる人」と言うタイトルで書いたブログは、そういったことも含んでいました。そんな、複雑な事情や、私の心の中を知ってもらいたいという一面と、それを知られてしまったら、これ以上、近づくことが出来なくなるのではないか、と。そこで、「じゃあいったい、私は相手に何を望んでいるのだろう」と思いました。

 実は答えは出ていません。「結婚したいのか」それは違う。今の私に、再再婚して結婚生活をするだけの体力も精神的な余力もありません。では、どうしたいのか。考えます、これから。急がなくていいことだけは、分かっています。だから、少し、ゆっくりconfident

受け入れてくれる人

 しばらく前に、「結婚、以外の生き方」と言うタイトルのブログを書きました。最近、考えているのですよね~、私のこと、まるごと受け入れてくれる人、っているのかしら??

 これは私の個人的意見ですが、今までの経験上、付き合い始めた頃の相手の男性は、「生きる支えが出来た」とか「生きる目的が出来た」とか。「ずっとそばにいれば良い」とか「俺といれば病気も治っちゃうよ」とか「結婚を前提に」とか「家をどうしようか」とか。言ってくれるんですsweat02。将来まで続くような素敵な言葉を・・・coldsweats01

 もちろん私も「ずっと好きでいる」「あなたより長く生きる。あなたを看取ってあげる」「幸せにしてあげるよ~」とか、言いましたよ、ええ、言いました、女性だけど。

 でも、やはり、一緒にいる時が長くなればなるほど、そういう感情って続かないのかな?「人の気持ちは変わるんです」と言ったのは、一度目の夫。離婚ということになった時に、一度だけ私の母親が、「ケロとはもう一緒に暮らせないの?遠くにお嫁に行くから、月に一度は二人で帰省するって言ってくれたよね」と元夫に電話で聞いた時に、元夫から「お母さん、気持ちが変わったんです。人の気持ちは変わるんです」と言ったらしい・・・。その時すでに元夫には、「生きる支え」になるような新しい女性が現れていたのですけどね。

 もちろん、相手の男性だけじゃないんですよ。私だって、結婚前提に付き合っていた人と、まだできてもいない子供の名前まで考えていましたが、月に一回も会えない状況になりつつあった時に、寂しくなり、短期でアルバイトをした職場で、二度目の夫となる人と知り合い、結婚するつもりでいた男性を振りました。その一回だけ、将来を約束した人を振りました。

 それと、私は自分の体形に自信がなくて、ぽっちゃり太りで、足も太いし短いし・・・。その足の太さについても、一度目の夫にものすごく、からかわれたことがあり、確かに太いので仕方ないのですが、もうカミングアウトしてからでないと、男性とはお付き合いが出来なくなりましたよ~sweat01。自分に自信がない。体型も体調も。付き合っても「この人も、しばらくすると、私の足の太さや太っていることを何か言うのではないか」「病気で、体力がないから、一日中遊んだりできないから、つまらないと思われるのではないか」と。その点、二度目の夫は、体型のことも、体調のことも受け入れてくれていましたが、それよりなにより、私がお母さんみたいな状況になってしまったし、いろいろな面で限界でした・・・sweat02

 結婚以外の生き方を考えていますが、恋愛はいつでもしていたい。だけど、今までの経験上、最初は良くても、そのうち忙しいから会えなくなった、私の太い体型を気に入らなくなった、等、いろいろな状況で、私を受け入れてくれなくなるのではないか、と思っていることに最近気づきました。もしかして、男性不信です(←今さら)。

 私の母親は、コロコロしている体型です。はっきり言って太っています。でも、父親が母親の体形をけなしているのを聞いたことも見たこともありません。父親は母親が大好きです。そういう関係でいられることって、難しいのかな??こんな私を、受け入れてずっと一緒にいてくれる人、パートナーってこの世の中にいるのかな、と、最近自分の心に自問自答しておりますconfident

ドライブデートがしてみたい!

 この3年、ドライブデートをしていないなあ~、と気付きました(というより、気付いていましたcoldsweats01)。2回目の離婚をしてからお付き合いした人は、車を基本的に運転しない方でした。車がなくても、電車やバスでの移動で、いろいろな場所に行けることが出来たので、ドライブデートはしていません。でもこの時期、何と言っても紅葉、空気が澄んでいて景色が素晴らしい、となると、やはりドライブしたいなあ~、と思うのですhappy01

 私自身も車の運転は嫌いではありませんcar。しかし、オートマ限定の運転免許なので、父親のマニュアル軽自動車は運転できませんsweat01。さらに、東京都内では、車の数が多くて、とてもとても運転出来ませ~んsweat02

 毎朝見ている情報番組で、天気予報のコーナーの時に江ノ島を映すのですが、天気の良い日は、本当に素晴らしい景色shine。ああ、行きたいなあ~、と思ってしまうのです。いつか、ドライブデートが出来る相手が見つかるかしら???あ、友達でもいいかも。でもやっぱり、彼氏かなあ??う~ん、まずは相手か~happy02

 まあ、とりあえず、今週末に親友の誕生日会をすることになっていまして、ドライブはしませんが、ランチブッフェに行くことになっております。なので、食欲の秋は満たされそう。今後の出会いと、ドライブデートに期待します!!

恋愛って難しいなあ

 いろいろな人を好きになり、二度結婚離婚して、結婚前提で付き合った人もいて、今の私はフリーですsign04。もしかして、いわゆる恋愛体質なのかも、と考えますが、まあ、好きな人がいるっていう気持ちは自分の支えにもなっていたのだから、良い事だったのだと思います。

 ただ、いくら恋愛体質でも、相手がいなくては恋愛は出来ないし、若い頃とは違うので、そうそう出会いもありません。健康でもないし、お金もないし、仕事もちょっとしか出来ない。こういう私と恋愛をしたいという人が、いないのなら仕方ないのですよね。だからと言って、自分を悲劇的に思っているわけでもないのです。41歳なのに、結構、トキメク気持ちも、まだまだ持っていますから。

 あまり振り返らないほうが良いけれど、ちょっと振り返ってみると、「恋愛って難しいんだな」と、本当に思います。

 実は私、ちょっと男性不信(?)気味だし、どんな人がタイプかと考えても、今、全然分からないのです。男性不信、と言っても、そんなに深刻ではないと思っていますが、心のどこかで「どんなに好きで頑張っても、私は相手にとって、一番大切な人ではないんだ。いや一番でなくても二番でも良いけど、それでもないのかも」とか思っているのです。あ、でもこれ、やっぱり不信かなbearing

 もしかして今、私は、恋愛ではなくて、他に目を向けたほうが良いことがあるのでしょう。出来る範囲で、いろいろと挑戦していますけどwink。でもね、やっぱ恋愛はしたい!憧れている人も、いないわけではないし。それでも、大人になれば、様々な事情から、若い頃のように突進していく恋愛は、中々出来ないものですね。う~ん、その年代によって、恋愛って難しいなあ。

 

 

ランチおデート

 忙しい「彼」が、ランチに誘ってくれたので、行ってきましたhappy01。2ヵ月半ぶりの再会(?)。なんだかゲッソリとやつれていて、「大丈夫~??」と言ってしまいましたsweat02

 ランチの予約は私がしまして、以前にも何度か行ったことのある、豆腐と湯葉のお店(チェーン店です)。彼は油っぽいものやお肉系はあまり好まないので、私が好きな和食系の、そのお店にしました。久しぶりだったので、話す内容もた~くさん。昼間から、私としては珍しく生ビールを飲んでしまいましたbeer。美味しかった~。

 2ヵ月半も会わないと、不安になったり、ダメなのかしら、とか思ったりするもので、私もそういう時期がありました。若い頃は、毎日の電話が普通だし、週一で会わないと、不安になったりもしました。しかし、私は41歳で、彼は一回り年上。前に同じ会社でしたので、彼がどのくらい忙しいかも予想がつきます。うまくいっているのかいっていないのかは、当事者しか分からず、本人同士がそれで良いのなら良いのかな、と考えるようになりました。なによりも、私は彼が会社で頑張っているのを知っているので、私の存在が、仕事の邪魔になるのも嫌なのです。私はと~っても「かまって欲しい!」タイプでしたが、時々しか会えない状態も慣れてきて、彼が思い切り仕事をしているのなら、頑張って、出来る限り上を狙って欲しいup。どうしても相談したい時は、メールしたりしていますが・・・。

 まあ、そんな風に思いながらも、早2年以上。恋人や夫(今はいませんが)に依存(?)してしまいそうな私が、少しずつ自力で(と言っても家族や友人に頼っていますが)様々なことに挑戦しながらマイペースで生きています。自分が好意を持っている男性には、一番の応援者でいたいので、あまりワガママを言わなくなってきました。人間って、変わることもありますね。相手によっても、かなconfident

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ