体も心も休養を取る。

 気が付いたら、体と心の休養ができていませんでした。自分で気を付けているつもりでしたが、忘れてしまっていました。

 9月10月11月と、自分としてはまあまあ仕事が入っていて、その中でも始めての仕事(現場)があり、自分で考えたり勉強する必要がありました。目標ができるとがんばるタイプで、その仕事に向けて一気にではなく、ちょっとずつ時間をかけて、ときどき息抜きしながら準備していきます。時間をかけているにもかかわらず、結果的には全然ダメだった、と反省することがほとんどです。1つ新しい現場が終わると次の新しい仕事に向けて準備をしなければいけない、という気持ちが約3ヵ月間続きました。間には他の仕事があり、ちゃんと休養日もあったのです。でもなぜかいつも何かに焦っている、と言う感じでした。

 心の中で切り替えができずに、進んでいたのでしょう。休養日も、録画してあるドラマを見なくてはいけない、ネットで韓国ドラマを見なくてはいけない、と休養日なのに自分でやることを決めて焦っていました。しかしこの3ヵ月は体力的にも持ちましたので、何の迷いもなく焦りながらも進んでしまいました。ところがあるお休みの日に、プライベートで少し感情的にテンションが上がることがありました。その日から何か心が重くなるというか、何か変だなと感じ、2日後に体調が崩れました。

 体調が崩れて、自分が焦っていた、と気づきました。新型コロナの影響で、自分もアルバイトが減り、入ってくる仕事をがんばってやっていこうと決めていたので、自分なりにがんばっていたのでしょう。ところが、精神的にはいっぱいいっぱいだったのです。プライベートなことで感情が上がってしまったのをきっかけに、体からなにかが崩壊してしまったような感じでした。息抜きがきちんとできていなかったのかもしれません。

 体調の調整って、体だけでなく、心も調整しなければ、整うことがないのですよね。体の休養はとっているつもりでも、心の休養が取れていなかっただと思います。仕事は適度にしているのでいいのです。入ってきたものを淡々とこなして、終わったら少し反省して、そして次のために体も心も休める。たぶん、これができていなかったのでしょう。体調が崩れてこの10日間ほど、仕事をせずに、寝たり起きたり、新聞読んだり、テレビ見たり、時間があればネットで韓国ドラマを見ているうちに、回復してきました。何かをしなくてはいけない、と言う目標をなくしたので、心も休養がとれたようです。

 明日から仕事が始まります。単発の仕事で、今週は何回か入っています。心と体の休養をとりながら、のぞみたいと思います。

 

休日の今日は自分へのご褒美。

 先週の仕事が終わり、ほっと一安心しています。昨日は予定が3つ入っていて、そのうちの1つは、自宅で夕方にオンライン会でした。会議と言うか、会、なのです。少し長かったのですが(2時間半くらい)、情報をいただくことができましたし、自宅での参加だったのでよかったです。午前中には仕事、夜は外出して会議でした。1日予定が入っていて、途中でお昼寝もしましたが、夜は少し頭がざわざわしていて、寝付くのに時間がかかりました。

 先週はちょっとがんばりました。そこで、今日は自分へのご褒美として、お昼くらいから両親とお買い物に行きました。何も考えずに、気楽に日用品とか果物とかお買い物がしたかったのです。100円ショップでヘアアクセサリーを買いました。今は100円で、本当に可愛いヘアアクセサリーが売っていますね。驚きました。それから食品コーナーで、おいしそうなリンゴが138円で売っていたので購入。種類はシナノゴールドだったでしょうか。秋なので果物もたくさん販売していて、見ているだけでうきうきしてきました。両親と一緒に他の食品もお買い物をしました。

 帰宅してお昼を食べた後にテレビを1時間見てから、決心してパソコンを開きました。前のブログに書きましたが、ネットフリックスで「愛の不時着」を見る覚悟ができたのです!自分の名前で登録して、いざ視聴開始です!

 今さっき、1話目を見終わりました。昨日の疲れが出ているのか、目が少ししょぼしょぼしているので、2話目を今夜見るか明日見るか、迷っています。自分へのご褒美、今日はたくさんしてしまいました!嬉しい~!

よく眠りたい。

 どうもうまく眠れません。寝つきがよくなかったり、眠れても浅い眠りですぐに目が覚めたり、夢見が悪かったりと、よく眠れていないのです。涼しくなってよく眠れるようになった、と思ったら翌日からまた寝つきが悪くなります。どうしたのだろう、と思います。

 8月は暑くてよく眠れなかったのだと、9月になって気づきました。涼しくなったからよく眠れるようになったのに、夢見が悪い1週間が続いたら、そのあと体調を崩しました。夢見が悪いのは自分の体調がよくないからだと、あらためて分かりました。

 ああ、よく眠りたいです。今週は乗り切りましたが、睡眠がうまく取れないと、疲れが回復しません。ちなみにこのブログでも何度も書いていますが、眠剤は2種類飲んでいます。マイスリーとサイレースです。これ以上は眠剤を増やさずに、リラックスしたり、寝る前はテレビを見ないとか、スマホを見ないとか、何も考えないとか、いろいろと自分なりに工夫したいと思います。

好きなことをしているという心構え。

 週に3・4日間予定が続くと、体調が不安になります。実は今週がそうです。今日から4日間、何かしら外出予定が入っています。仕事以外の打合わせや通院もあります。

 4日間、できろうだろうか、と思うのですが、ふと昨日気づきました。4日間すべての予定は、私にとって好きなことであるということ。4日間のうち2日間は仕事です。でもその仕事、結構好きです。明日は通院。通院は月に1回主治医に体調について話せますし、薬もいただけるし、好きな時間です。打合せは、興味のある仕事を、自分からしてみようと思って申し込んだ仕事の、打合せです。今日からの4日間の予定は、全て好きなことなんだと気づきました。

 4日間何とか予定をこなさないといけない、と思うから体と心に力が入ってしまします。そうではなくて、好きなことをするんだから、という心構えで、余計な力を使わない、気を楽にして取り組んでみようと思いました。

 もちろん、できれば連続3日以上の予定は組まない方がいいのです。でもね、どうしても連続してしまうときがあるのです。嫌な予定ではないすし、一日中という予定ではないのです。もっと力を抜いて、好きなことをするんだという心構えで取り組みながら、お昼寝をしたり、睡眠をしっかりとって、気分転換としてドラマやマンガを見たりします。そう思いながら、今日は午後から仕事に行ってきます~。
 

物を捨てるのは気力がいる。

 今年の5月くらいから、いろいろな物を捨てました。マンションの大規模改修に合わせて、修理する部分や取り替える部分があり、置いてある家具や荷物を整理する必要がありました。5月のある日、ベランダの倉庫の中を整理して物を捨てた父親は、翌日からぐったりしていました。


 私はこのブログでも書きましたが、本棚の本を主に整理して捨てました。実はそのとき、とても疲れました。その作業に疲れただけではなく、体も心もぐったりしてしまった、という感じでしょうか。そして先週は洋服を捨てました。衣替えを兼ねて、10年以上前から持っていて、ここ5年以上着ていない服などを中心に捨てたのです。どんどん捨てて、45リットルのごみ袋2袋分になりました。今までも捨ててきたつもりでいましたが、どうしてもこれは着る機会があるかもしれない、と思うセーターなどは捨てられないでいたのです。

 この秋の衣替えのときに思い切って捨てようと、夏に決心していました。そして先週の衣替えのときには、母親にも手伝ってもらい、手に取って「もう着ない」と思うものをどんどん母親の持っているごみ袋に放り込みました。気持ちが「ときめく、ときめかない」と思っている間もありませんでした。考える時間を持つと、思い出がよみがえってきます。約15年くらい前に三越で購入したセーターとカーディガンのセット(水色で、カーディガンのボタン周辺に可愛いファーが付いていました)、さんざん着ました。前の夫との外出のときもたくさん着ました。約14年くらい前に富山で買った深緑の膝まであるウールのセーター。現在更年期中の私には暑すぎて着なくなって約5年以上たつので捨てました。他にもいろいろ、あまり考えずに捨てました。終わった後に、お昼をとって、自分の部屋で休んでいると、ものすごい疲労感を感じました。それは、体の疲れというより、心の疲れが大きかった気がします。自分が着ていた使っていた物を捨てる、という行為は、たぶん自分で思っている以上に、気力を使うのでしょう。本当にがっくり、という状態でした。

 大切に着ていた洋服でも、もうその役目を終えたときに、捨てる勇気がいるのですね。捨てないと狭い空間が物で埋もれてしまいます。もう着ないだろうと分かっていても、捨てられないでいた洋服、それは捨てられないでいた思い出も重なっていたのかもしれません。だからものすごく疲れたのかもしれません。いずれにしても、物を捨てるときには気力がいるものだと、今回は実感しました。

う~ん、何か気分がいまいち。

 今日の東京は冷たい雨。そのせいなのか、今朝は起きたときから頭が少し重く、鈍い痛さと言うか、何というか。気分もいまいちです。

 午後から仕事なのですが、お昼寝を少しできたらしたいなあ、と思っています。睡眠はまあまあとれたのですが、いまいちなのです。体調がすごくよくないわけではなく、調子がいいわけでもなく、どちらかというといまいち。調子が出ない、気分があまり晴れない。沈み気味。なんだろう。季節の変わり目だから、精神的にも変わり目なのかしら。

 こういう日はあまり頑張らずに、流れに任せてなんとなくすることをして、淡々と過ごしていこうと思います。

久しぶりのお茶。

 久しぶりに友人とお茶をしました。その友人と会うのは、約8ヵ月ぶり。他の友人にも会っていなかったので、友達と会ってお茶をしたのが約8か月ぶりでした。

 お茶をした店内は感染対策として、隣のテーブルとは約1m離れていて、テーブルをはさんで向かい合う際も少し離れるようにイスとテーブルがセットされていました。向かい合って友人と座りましたが、こんなに離れて向かい合うのは、初めてのこと。お互いに遅めのランチの替わりのパンを食べましたが、食べるときとコーヒーを飲む時以外は、マスクを着用して話しました。しかも面と向かうのではなく、少し斜めに座って斜めに向かっていました。我ながらすごい感染対策です。


 人と会って話ができることが、こんなに嬉しい反面、感染予防がこんなに神経を使うものなのだと、改めて実感しています。会って話したいけれど、お互いに家族がいて、万が一感染をしたらいけないと思い、会えずにいました。今回は私がお願いしたことがあり、その件で会うことになったのです。店内に入るだけで気を遣い、周囲に気を遣い、マスクをしながら話をするし、お互いが離れているから小さな声は聞こえづらい。難しいですね。

 お願いした件を済ませてから、お互いの近況報告をしました。メールはしていましたし、電話でも話していましたが、会えると顔が見られて嬉しいですね。次から次へと話したいことがありました。マスクが少し邪魔なくらい・・・。しかしそのうちに、店内に入ってきた若い女性6人が、少し離れた向こうで、店内のテーブルを3つつなげて、イスを向かい合わせに3つずつつ隣り合わせにして座ったうえに、マスクをとって話始めたので、友人に知らせて席を立ちお店を出ました。2人で「密だね」と小声で話しながら出ました。


 危ないと思ったら、すぐに店内を出る、というのももちろん予防ですよね。お店側で密にならないようにテーブルと椅子をセットしているにもかかわらず、それをくっつけてしまって6人で密になって話す、これはちょっと危険だと感じました。昔ならよかったことも、今はもう変わってしまっているのです。今の生活様式を守っていかないといけない、と改めて思える出来事でした。それにしても久しぶりのお茶、嬉しかったです。

やる気が出ないときは何もやらない。

 東京はここ数日は涼しくて過ごしやすいのですが、それは体にとって「あらまあ!急に涼しくなっちゃって、まだ準備ができていないわよ~」ということでもあるのだと感じています。

 なんだかとても眠いのです。一般的には4連休も終わって今日から仕事というかたも多いと思いますが、私は今日もお休みです。昨日は3ヵ月ぶりに髪を染めてきましたが、それだけで疲れてしまってお昼寝を2時間もしました。今日は今日で、7時間半も睡眠をとっているのに、午前中11半くらいに眠くなって15分くらいお昼前のお昼寝をしてしまいました。体が睡眠をとりたい、といっているようです。

 今まで残暑が厳しくて、体力的にも辛い9月前半でした。梅雨明けが遅かった分その後の暑さが辛くて、仕事も時々していたので体力的に落ちてしまったのか、体重も自粛で増えた分が元に戻り、さらに減ったりしていました。睡眠不足も重なり、ちょっと困ったなあ、と思っていましたが、ここ数日の涼しさで睡眠がとりやすくなり、とてもよく眠れています。(途端に体重がまた増えてきましたが・・・)

 それと同時に、やる気が出ません。涼しくて体がだるくなったのか、やる気もだるくなり、何もしたくありません。そういう自分を「いけない」と思わず、「9月前半までがんばった。だから後半は少し休み休み生活していこう」と自分に言い聞かせて、何もやらないで過ごそうと思います。仕事が入ったり、研修会や打合せが入れば、行くことになります。でもそれ以外で、特に予定が入っていないときは率先して休む、何もしない、と自分に言い聞かせないと、なんだか罪悪感を感じてしまうことがあります。きっと自分が納得していないのでしょう。言い聞かせなくても、体の声に耳を傾けて、休むときは休もう、とあらためて思います。

軽く絶望的になることがある。

 ふとしたときに、軽~く絶望的になることがあります。今までは、お金がないとか、将来はどうなるのかとか、漠然とした不安がありました。ところがここ数ヵ月は、ほんとにたま~に、突然、軽く絶望的になるのです。「このまま4・5年先までずーっとマスクをした生活なのかな」とか「大切な友人だからこそ会わないけれど、あと何年も会えないのかな」とか、新型コロナ関連で軽~く絶望的になるのです。たぶん、私だけではないと思います。

 だからと言って何もしていないかというと、結構しているのです。仕事もちょいちょい、家事もちょいちょい、テレビも見ているし楽しんでいるし、マスクをして手指消毒を所々でしながら必要な外出もしているのです。それなのに、ときどき突然襲ってくる軽い絶望感。きっとこれは、新型コロナによるうつ的な症状なのかもしれません。自分でもそうだと分かっているので、放っておきます。

 人間ってすごいですよね。わけのかわらない感染症がこんなにも世界中に広がっていて、世界中の人が大変な状況だと分かっていて、なんとか対応していこうとしています。適応していこうと努力しています。薄ーく、いえ、それなりに厚ーく新型コロナのストレスがかかっている状態でも、何とかできるだけ普通に生活しようとしています。それがもう、ストレスなのですよね。その結果、ここ数ヵ月、ときどき突然軽ーく絶望感まで襲ってくることが出てきたのだと思います。

 今は普通の状況ではないから、絶望的な感覚も出てくることがあるだろうと、自分で承知しながら生活していくしかないのでしょう。だからと言って私はものすごく明るく考えたりもしません。ワクチンができるのも、日本中、世界中にワクチンが行き渡るのも、何年もかかるでしょう。だからこそ軽い絶望感に襲われることもあるかもしれませんが、人間はそれを違う感情に変えることもできると、思っています。何年かかっても、必ずまたマスクをしないでも大丈夫である世界を、人と会うことが普通にできるようになることを信じて、生きていけると思っています。あ、これもう十分明るく考えているかな。でもだって、そうですよね。そうなるもん、必ず。

 今日の東京は涼しくて、とても過ごしやすいです。秋ですね。そろそろ柿も出始めて、秋の味覚が楽しみです。ほら、結構明るいですよね。

 

ちょっと気力がでません。

 このところ涼しくなってきました。眠れるようにもなってきたのですが、今日はなんだか気力がでません。

 この2週間ほど、いろいろな予定が入っていて、そのうえ暑く、体力気力ともに使い果たしてしまった感じです。ついでに出費が重なり、お金も出ていきました。涼しくなってほっとしたのと同時に、全てがなくなってしまっていく感じです。

 これじゃあ、大変。そのまま落ち込んでしまいそう。今日は昨夜壊れてしまったドライヤーを購入するために、自転車で一駅先まで行ってきました。それがものすごく嫌で嫌で・・・。昨日は仕事だったのですが、涼しくて気候的にはよかったので、自転車で現場に行き予定より早めに終わって帰宅しました。帰宅後、とても疲れてしまってお昼寝もしました。それでも夜にはぐったりしてしまい、そこへドライヤーが壊れてしまったので、明日買いに行かなくてはいけない、またお金が出ていくとがっくりしてしまいました。そういう流れで今日はお買い物に行きました。

 結果的には、ドライヤーはたまたま購入先のお店のポイントがたまっていて、そのポイントで買えましたし、帰りに少し店内を見て回る体力的な余裕もありました。しかし帰宅したら、やはりぐったり。どうしたのでしょう。今日も涼しくて過ごしやすいのに、気持ちと体力が落ちていっています。何もしたくありません。

 季節の変わり目で、体調が揺れているのでしょうか。ベーチェット病の症状は落ち着いてきましたが、気力がなくなってきてしまいました。明日は何もない予定なので、ゆっくりしたいです。

 

 

より以前の記事一覧

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ