十数年ぶりの・・・

 十数年ぶりの・・・ボーリングsign03ボーリングをしましたhappy01。病気になってから一度もしたことがなく、考えたこともなかったのですが、ふと思いついて、先日ボーリングに行ってみましたshine

 今どきのボーリング場って、良いですね~。今となっては当たり前ですが、ボールを投げれば倒したピンの数は自動的に画面に表れるし。私が一番ボーリングをしていたのは、大学の頃、今から23年位前。その頃は手書きでしたからcoldsweats01

 さらに、何とsign01小さな子供も楽しめるように、滑り台のようなものが用意されていて、子供がボールをその滑り台にのせると、コロコロとレーンを転がって、ついでにガーターにはならないように柵が出てきて必ずピンが倒れるようにしてある~happy02。多分3歳くらいの子供ちゃんだったと思うのですが、倒れたピンの数は私よりも多い・・・sweat02

 もちろん体力の限界(?)で、1ゲームしか出来ませんでしたが、本当に久しぶりに楽しかったhappy01。点数は悲しいほど低くく、57点。それでも自分でボーリングが出来たのがとても嬉しかったです。少ししかできなくても、できることなら少しでも、いろいろなことに挑戦して行きたいですclover

オセロと将棋

 最近、オセロと将棋版がマグネット式で一体になっているゲーム版を買いました。先々週でしたでしょうか。それから毎週(と言ってもまだ二回かな)土日は、オセロか将棋で、旦那と楽しんでいます。

 ゲーム版の元祖と言えば元祖、でしょうか。子供の頃から当たり前のようにあった物なので、「今さら」と思いつつ、始めるとおもしろくて熱中してしまいます。私達の子供の頃には今のテレビゲームではなく、ボードゲームが「ゲーム」だったので、「人生ゲーム」やら「オセロ」などは必ずやったことのある遊びだったと思います。「人生ゲーム」も楽しくて大好きです。今は関西版など出ているそうですね。でも2人ではいまいち楽しめないかなと思い、オセロと将棋版を買ったのですが、はまりますねえ。なぜか「オセロ」は旦那に、絶対と言っていいほど勝てません。どうしたら勝てるのでしょう。私は先が読めないのです。ここに置くと、こうなってこうなる、ということが考えられない。でもなぜか将棋は勝てるんです。たぶん将棋に関しては、駒の動かし方を、まだ2人とも完全に把握していないから、私が勝てるのだと思います。だって、旦那のほうが私の駒をたくさん取っていくのに、自分の「王」を取った駒で守らないから、私がいつのまにか攻めていって王手になるのです。自分が攻めるのに精一杯で、守りを知らないのです。「オセロ」では先の先まで読める人なので、きっと「将棋」も、何度か対戦しているうちに、駒の動かし方と守り方攻め方のコツをつかんでしまえば、私なんかあっという間に負けてしまうでしょう。それまでは勝って、勝利の気分を満喫しようと思います。

 「オセロ」も「将棋も」、良い気分転換になり楽しいですね。頭を使うので、集中するからストレス解消にもなるようです。うちはしばらく、土日には将棋対決が続きそうです。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ