« 紅斑が毎日できる。 | トップページ | 紅斑はおさまったけれど不安定。 »

悲しい出来事があっても毎日が過ぎていく。

 ショックで悲しい出来事があっても、毎日は過ぎていきます。自分に関わることでも、自分以外の知らない方に関わることでも、ショックなことが起きた後にも、時は過ぎていきます。

 私が生きている限り、何が起きても時は流れて、毎日は過ぎていくのだなとあらためて思います。

 ここ数日、スマホでいろいろと情報を調べたりしていましたが、そろそろ止めようと思っています。それは、自分がしなければいけないことがあり、悲しむときはあっても、自分が止まることはできないからです。ここ2日間は休日で、掃除をしたりゆっくりしていましたが、明日からは外出の予定もあります。

 しかし関係者のかたは深い悲しみの中にいらっしゃると思います。大変な状況だと思います。思い察することしかできませんが、関係者の方々が皆さま、お体とお心を大事にしていただきたいと思っています。

« 紅斑が毎日できる。 | トップページ | 紅斑はおさまったけれど不安定。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

でんでん大将さん、コメントありがとうございます!

おっしゃる通りですね。
哀しさや苦しさの中で、なんとか生きている気がします。
そんな中でも少しの楽しさ嬉しさが支えなのかもしれません。
生きている人間は生きていくしかないのですよね。

こんばんわ・・・
生きているって楽しい事や嬉しい事がいっぱいだ、そんな方は恐らく少ないだろう、そう思います。生きていくのはむしろ、哀しさや苦しさに耐えていくことではないかとさえ思います。でも、生きている人間は強く生きて行かねばなりません。残念ながら、亡くなられた方のためにも、生きて行かねばならないのだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅斑が毎日できる。 | トップページ | 紅斑はおさまったけれど不安定。 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ