« 食べ過ぎている。 | トップページ | 読書再開。 »

がんばりすぎている母。

 81歳の母親が、左膝の手術をしてからもうすぐ2ヵ月がたちます。自宅の周辺も歩けるようになってきて、順調に回復しています。ただ、手術跡の傷が痛むようです。しかし動けるようになってきたので、家事をがんばりすぎています。

 膝の具合がよくなってきたので、キッチンに立つ時間も長くなり、料理をするのです。それはありがたく、美味しくいただいているのですが、作りすぎます。何品も作るようになってきたので、夜になると疲れが見られるようになってきました。

 退院してきて数日で1品作るようになりました。野菜炒めとか焼うどんとか、炒めるものを作ってくれて美味しく食べました。そのとき父は「お母さんの料理はもう食べられないと思っていた」と言いました。ところが最近父親は、大根とイカの煮ものが食べたいとか、塩辛が食べたいとか、ちょっとわがままを言うようになってきました。それだけならいいのですが、塩辛だけでは足りないと思うのが主婦です。他の物も作ります。するともう1品、もう2品と増えるようになりました。

 だったら、私が手伝えばいいと思いますよね。私は料理はしません。掃除の担当です。料理まで手伝ってしまったら、私が体調を崩します。それが分かっているのでしません。母親にはさっき父のいないときに言いました。「無理をしないで。料理を作らない日を決めて、休んで。今の状態はクローン病を発症した前の時と同じような感じだよ」と話しました。母親は去年の夏にクローン病を発症して入院しています。発症する前は今のように、料理を何品も作っていました。

 がんばりすぎて体調を崩す経験を、私はしています。ベーチェット病を発症したあと何度も何度もして、何度も入退院しています。だから分かるのですが、母親は難病患者1年目。高齢なので悪化をすると命にかかわります。なんとか自分で休む日を作ってほしいと思っています。

 

 

« 食べ過ぎている。 | トップページ | 読書再開。 »

家族」カテゴリの記事

コメント

ハルさん、コメントありがとうございます!

いやあ、参っちゃいました。
母が入院している時は、なぜか父は少し料理をしたのです。
洗濯もしていました。
ただ掃除はしないのです。
母が退院したとたんにしなくなりました。
父には父の思うところがあるのでしょうか。
でもほんと、牛丼やら買い物は行ってくれます。
母もその辺はうまく利用しているようですよ、うふふ・・・。

こんばんは。

病人に対して思いやりのないお父さんだなーって思いながら記事を読みましたが、

牛丼を買って来た・・・。
(* ̄▽ ̄)フフフッ♪ 料理は出来なくても優しい気持ちはあったんですね。
お互い相手を思いやる心が大切で、いい御家庭ですね。

でんでん大将さん、コメントありがとうございます!

そのようです。退院して調子が上がってきて、
がんばっています。
ただ、このブログを書いた翌日に疲れがどっと出たようで、
家事を休み休みして、昨日は夜ごはんは父親が、
牛丼を買ってきてくれました。
昨日はだいぶゆっくりできたようです。
今日もゆっくりしています。
結局は、自分が自分の疲れを実感して、
休むしかないのですね。
あとは家族の協力ですね。
私も母親に「休んだほうがいい!」と強く言ってしまいましたが、
もう少し優しくフォローしながら生活していこうと
あらためて思いました。

こんばんわ・・・
退院すると頑張っちゃうんですよね、良く分かります。遅れを取り戻そうという意識もどこかにあるかも知れませんし、それがまた嬉しいのですよね。お父さんからそれとなく言ってもらうのが一番良いのでしょうが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食べ過ぎている。 | トップページ | 読書再開。 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ