« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

今年度最終日。

 今年度最終日の今日、仕事が入っていました。午前中だったので終えて帰宅して、お昼寝もできました。

 去年、一昨年の今ごろは仕事がなくて困っていました。新型コロナの影響でした。今年度はアルバイトを増やしたこともあり、コロナ禍でも仕事がぽつぽつと入り、今年度最終日まで単発の仕事が入っていてよかったです。

 明日から4月、新年度です。まずは体調を整えたいです。明日突然の仕事がない限り、明日から4日間ほどお休みです。家で掃除もしたいし、書類の整理もしたいのですが、まずは体調です。しっかりと寝て、元気になったら掃除もしようと思います。

 今年度はいろいろとありました。仕事でもプライベートでも激動の1年でした。明日からもいろいろとあると思いますが、あまり先のことまで考えずに、淡々と仕事をして、体調を維持して、少し楽しみも作って、毎日家族3人元気で生活できることを心がけます~。

桜は満開です。

 東京の桜は満開です。私は上野が近い下町に住んでいますが、上野公園に桜を見に行くことは、もう何年もありません。だって人が多いんですもの~。コロナ禍になってから、お花見として桜を見に行くことはほとんどありません。というか、ないです。

 その代わり、仕事で桜が多い場所を通ることがあります。そのときに、桜の木を見ながら、自転車でその下を通ります。昨日も通りました。満開です。また、散り始めたころに、桜の花びらがはらはら落ちているところを自転車でさーっと通るのも、気持ちがいいです。

 実は個人的には・・・桜も好きですが、梅が好きです。梅を見に行くのは、もう7・8年くらい行っていないと思います。近所で梅が咲いているお寺や神社があると、見ながら通ったりはしています。

 季節を感じる木や花を見に行くのは、心にとてもいいと思うのです。ここ数年はコロナ禍や仕事の都合もあり、なかなか行けませんが、本当は時間を作って1人でも見に行きたいのです。あ、できれば親友と見に行きたいです。来年は、来年は、と言いながら地元の親友とももう2年は見に行っていません。来年は・・・行きたいです~。

今週は気が付いたら毎日仕事だった。

 今週は月曜日が祝日でした。私はお休みでした。そして翌日の火曜日から、気が付いたら今日まで4日間毎日仕事でした。と言っても短時間なのですが・・・。

 短時間でも仕事は仕事、なのですよね。実は昨日の仕事がとてもプレッシャーで、一昨日の夜はうまく眠れずに、昨日は睡眠3時間で1日過ごしました。仕事はなんとか乗り切りましたが、精神的にちょっと辛かったです。

 昨夜はしっかりと眠れて、今朝は11時ころに起きました。10時間、睡眠を取れました。そして夕方に短時間の仕事に行きました。

 明日明後日はお休みです。よく眠りたいです。来週の月曜日にまた、プレッシャーのかかる仕事が入っています。プレッシャーのない仕事なんて、ありませんね。うん、そう、みんなプレッシャーとともに仕事している、と自分に言い聞かせながら・・・今夜もしっかり寝よう~。

睡眠をたくさん取って回復中。

 一昨日から体調があまりよくなくて、とにかく睡眠を取っています。寝ています。その間に、短時間の仕事をしている、という感じです。

 体調がよくないと言っても、熱があるとか咳が出るとかではないです。いつもの持病の関係というか、ちょっといい気になって動いてしまった結果、と言うのでしょうか。睡眠をとれるだけとって、現在回復中です。

 回復してくると、まず肩こりがよくなります。今日はだいぶよいです。昨日までは首を回すストレッチも痛いくらいでしたが、今は回しても大丈夫、痛くないです。

 昨日今日と東京は寒かったので、体もびっくりです。自分の気持ちとしては冷静ですが、体はたぶん「なんじゃ、こりゃあ~。寒っ!!」という感じだったと思います。その前の日から体調が崩れたので、予知?していたのかしら、体は・・・。春は暖かくなって体も動きやすくなるので、ついついいろいろと動いてしまいます。自分の体はこれが限界よ、というのを自分で分かるようになるには、まだまだです。でも回復してきましたので、今後は注意しながらぼちぼち仕事もプライベートもがんばります~。

体調がちょっとよくない。

 先週は振り返ってみると、ちょっとがんばりました。土日はお休みでしたが、お掃除したりしていて、気力があったので行動していたのですが、昨日からがくっと来てしまいました。昨日は1日寝たり起きたりしていました。

 熱があるとか咳が出るとか、そういう症状ではなくて、とにかくだるくて眠くて、肩がこっていました。疲れがたまったときの、いつもの症状です。たまっていたのに気が付きませんでした。

 そこに今日のこの気温と雨。東京は昼間冷たい雨で、私は仕事で外出したのですが、たぶん気温は4℃とか3℃くらいだったと思います。午前中で仕事が終わり、帰宅してお昼を食べて、午後はまた寝ていました。

 春は要注意なのです。気温差で知らないうちに体調が崩れます。知らない、というか、気が付かないというのでしょうか。気が付いたときには寝込む、という感じです。仕方がないのでとにかく眠って体調がもどるのを待ちます。

 肩こりが少しよくなってきたので、明日はだいぶ回復しているかもしれません、が、しっかりと睡眠をとります~。

 

あまりニュースを見ないようにする。

 一昨日の地震の夜、午前1時くらいまでニュースを見ていて、そのあと睡眠導入剤を飲んで寝ましたが、あまり眠れませんでした。翌日の昨日は寝不足で体調がよくなくて、それでも自宅で作業する必要があり、淡々と取り組みました。

 夜になってニュースを見ようとすると、気持ちがモヤモヤするのです。その前から実はそんな感じがありました。ウクライナの状況をニュース番組などで見ていて、気持ちが沈むのです。誰でも沈みますよね。さらに地震のことがあり、昨夜はニュース番組を見ませんでした。

 特に夜に見てしまうと寝つきが悪くなる気がするので、深夜のニュースはしばらくあまり見ないようにします。新聞を読んだり、スマホでニュースを見ますので、情報を全く知らないわけではないのです。夜のニュースだけ、しばらくは見ないようにしてみます。

昨日の地震には驚いた。

 昨夜の地震には驚きました。東京で震度4だったようです。揺れました。

 お風呂からあがって、髪を乾かしていたのですが、大きな揺れを感じてすぐに両親に声をかけて、家のドアを開けに行きました。マンションですし、かなり古くて、次に大きな地震が来たらゆがみそうだったので、いつも地震のときには私がドアを開けに行きます。

 友人や弟夫婦、伯母とLINEや電話で確認をして、テレビを見ながら状況をしばらく見ていました。宮城福島沖が震源と聞いて、え??と思いました。まさかまだ東日本大震災と関連があるのだろうか、と感じたのです。今、ワイドショーを見ていて、どうやら東日本大震災の余震らしい、と放送していました。余震は今後も起こる可能性があるとのことでした。

 日本はどこで地震があるかわからないですが、地震だけでなく、大雨などの災害も、いつどこで起きるか分からないと改めて思います。今日、母親が改めて災害時の避難グッズを確認していました。私と母親は難病なので、絶対必要な薬を多めに持って避難できるように、準備をしています。というか、母親は準備していなかったので、昨夜の地震の時にすぐに準備するように言いました。

 どうか地震、災害が起こりませんように、願うばかりです。

花粉じゃないよ、絶対!

 そう信じています。このところ急に暖かくなって、だるくて、ときどき鼻の周辺が熱く感じて、ごくたまーにくしゃみをしますが、花粉じゃないです、絶対!そう信じてこの春を乗り切ります。

 父親が花粉症です。母親も怪しいです。ということは、私も怪しいのですが、大丈夫と信じています。ただ、もし、ものすごーく辛くなったら、すぐに持病の主治医に相談をして、耳鼻科を紹介してもらって、すぐに対処します。我慢ができない性格です。

 認めたら、あっさりとすぐに次の段階に進みます。それまでは、自分は花粉症ではない、と信じて春を乗り越える予定です!

読書再開。

 去年の秋から仕事を増やし、体が疲れていることが多く、読書をする時間が少なくなっていました。半年で1冊くらいしか読んでいませんでした。先月今月と仕事のシフトが減り、時間に余裕ができたので、外出のついでに図書館に寄り、久しぶりに本を借りてきました。

 ます2冊を読みました。1冊は時代小説です。葉室麟さんの小説で、とても良かったのです。葉室麟さんの時代小説は以前1冊読んだことがあり、機会があったらまた読もうと思っていました。気持ち的にも合っていたのでしょう。読後はさわやかな気持ちになりました。そこであと2冊、葉室麟さんの小説を予約して、先日受け取ってきました。

 葉室さんと言えば「蜩ノ記」だと思います。私はたぶん、読んだことがないので、今回読むことにしました。まだ2ページ。今週は仕事やプライベートでちょっとバタバタしていたので、来週再来週にかけて、図書館の貸出期間中に読みたいなあ、と思っています。

 本を読むと気持ちが落ち着きます。テレビでドラマを見るのも好きですが、本を読んでいる時間も大好きです。

がんばりすぎている母。

 81歳の母親が、左膝の手術をしてからもうすぐ2ヵ月がたちます。自宅の周辺も歩けるようになってきて、順調に回復しています。ただ、手術跡の傷が痛むようです。しかし動けるようになってきたので、家事をがんばりすぎています。

 膝の具合がよくなってきたので、キッチンに立つ時間も長くなり、料理をするのです。それはありがたく、美味しくいただいているのですが、作りすぎます。何品も作るようになってきたので、夜になると疲れが見られるようになってきました。

 退院してきて数日で1品作るようになりました。野菜炒めとか焼うどんとか、炒めるものを作ってくれて美味しく食べました。そのとき父は「お母さんの料理はもう食べられないと思っていた」と言いました。ところが最近父親は、大根とイカの煮ものが食べたいとか、塩辛が食べたいとか、ちょっとわがままを言うようになってきました。それだけならいいのですが、塩辛だけでは足りないと思うのが主婦です。他の物も作ります。するともう1品、もう2品と増えるようになりました。

 だったら、私が手伝えばいいと思いますよね。私は料理はしません。掃除の担当です。料理まで手伝ってしまったら、私が体調を崩します。それが分かっているのでしません。母親にはさっき父のいないときに言いました。「無理をしないで。料理を作らない日を決めて、休んで。今の状態はクローン病を発症した前の時と同じような感じだよ」と話しました。母親は去年の夏にクローン病を発症して入院しています。発症する前は今のように、料理を何品も作っていました。

 がんばりすぎて体調を崩す経験を、私はしています。ベーチェット病を発症したあと何度も何度もして、何度も入退院しています。だから分かるのですが、母親は難病患者1年目。高齢なので悪化をすると命にかかわります。なんとか自分で休む日を作ってほしいと思っています。

 

 

食べ過ぎている。

 母親が膝の手術をして退院してから、1ヵ月以上がたちました。だんだんとスムーズに歩けるようになり、近くのコンビニへ買い物まで行けるようになりました!暖かくなってきたので、リハビリを兼ねて近くに外出しています。

 外出ができるようになると、買い物も多くなります。それは分かっていました。経済的な問題はおいておいて、自宅で食事の支度を担当してくれている母親にとって、自分で食材を買うことができるのはいいことなのです。ということは・・・・だんだんと作る食事が多様になり、美味しいものが多く出てくるようになりました。さらに、デザートなども買ってくるようになりました。

 私としては嬉しいことですが、ああ、食べ過ぎてしまいます。嬉しいけれど、それとともに体重も増加中です。でも嬉しいのです。

 今、世界では大きな問題が起きています。食べ物を美味しく食べていられる状況は、幸せなのだと感じています。願っていたり、祈ることしかできないのですが、早く世界中の人たちが、安心して食事をとれるようになることを、願っています。

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ