« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

母が退院した。

 母親が左膝の人工関節置換手術をして、約3週間のリハビリ後退院のはずが、4・5日早く退院しました。どうして早まったのかは聞きませんでした。退院してきた母親は、思っていたより元気で、術後の膝はまだ少し痛むようですが、驚くほどスムーズに杖をついて歩いています。81歳です。スムーズ、と言っても若い人のようにてきぱき歩けるわけではないですが、手術前に歩くのも座るのも大変だったことを考えると、信じられないほどです。

 リハビリはとても頑張ったらしいです。コロナの影響で家族の面会は禁止だったので、どのくらい頑張ったのか想像するのは難しいのですが、電話で「リハビリが大変なのよ~。痛いのよ~」とよく言っていました。大変だったと思います。

 お昼に退院して、荷物を片付けたり、休んだり、お昼寝したりしながら、夕ご飯を父親と一緒に少し用意してくれました。すごいものです、母親と言うのは・・・。

 本当によく頑張ってくれました。そしてこのコロナ禍で手術をして、リハビリをしてくださった病院関係者の皆さまに、とても感謝しています。本当にありがとうございました。まずは退院できたことに一安心です。これから少しずつ日常生活を送れるように、家族で取り組んでいきます。と言っても、母親はきっと家事をすすんでするのでしょう。ぼちぼち本人が納得のいくように過ごしてくれればいいな、と思っています。

うまく寝付けない。

 ここ2・3日ほどうまく寝付けません。ちょっと寝不足です。それまでは寝つきもよくて、しっかりと眠れていたのですが、急にこの2・3日ほどで寝つきが悪くなってしまいました。もちろん、眠剤は飲んでいます。

 どうしてなのかなあ、とちょっと考えてみました。今週に入ってからなので、たぶん新型コロナの感染拡大の影響ではないかと思いつきました。それは今週、人がまあまあいるところに、仕事に行ったから、行くからだと思いました。

 意識していなかったのですが、仕事に行く前日は寝つきが悪くなりました。頭や心のどこかで考えていたのでしょう。人がまあまあいる現場は、先輩方も一緒です。1人きりではないですし、お客様との接触もとても少ないのですが、ご挨拶程度にありました。黙ったまま、周囲に人がいるけれど座っている、という状況もありました。

 そういう仕事の現場でも、緊張感があったのでしょうし、怖さがあったのだと思います。無意識でしたが、それが眠りに影響したのだろう、と感じています。仕事があってもなくても困る、そんな気持ちです。とりあえず明日の仕事は人との接触がほとんどないので、今夜は寝つきがよいことを願っています~。

母親はまあまあ順調にリハビリ中。

 今月13日に膝の人口関節置換手術が終わった母親は、まだ入院中です。今、病院は面会ができませんので、父親が母の着替えを入院病棟の受付に渡しに行って看護師さんがそれを受取り、母親に渡して、洗い物を看護師さんが父親に持ってきてくれる、という感じです。入院してからは2週間たちましたが、その間一度も母親には会っていません。

 母は携帯電話でのメールのやり取りができません。電話だけできます。本人からの連絡を待つ毎日でした。先週末くらいに、「小さな袋に入った洗濯洗剤を持ってきて」なんて電話があり、「いやいやまだまだ歩けないんだから、自分で洗濯コーナーに行って洗濯なんてできないでしょう」と話したくらいの状況でした。

 ところが、今日の電話で新しい情報がありました。杖をついて電話コーナーまで歩いて行って、今電話しているというのです。ええ?そうなの?と驚いてよく聞いてみると、もう自分で杖をついてトイレにも行けている、とのことでした。驚きました。どうやらリハビリは順調のようです。

 面会できないので本人の状況が、本人の電話でしかわかりません。もちろんあまりにわからないのなら病院に電話して聞きますが、看護師さんも医師も忙しいので申し訳ないのです。母親は電話してきても、なぜかこちらの様子を心配するのです。「どう?大丈夫?」と聞いてくるのですが、それは私たちがあなたに言う言葉です~、と思っていました。

 今日あらたな情報を聞いて、父親と2人でとても嬉しく思いました。今日の仕事はなくなっちゃったけれど(感染者急増で)、掃除もできたし、母親の良いニュースも聞けたからいいや~、なんて思っています~。

仕事がなくなり始めています。

 新型コロナの感染者増加で、来週の仕事が1つなくなりました。3月の上旬の仕事も1つなくなりました。私の予想では、今後もいくつかなくなりそうです。人が集まる場所での仕事なので、その集まりが中止になったことで私の仕事もなくなるわけです。

 仕方がないですよね。感染者数に関係のない仕事もしていますが、もともと2・3月はシフトが少ないらしいので、私の収入も少なくなりそうです。私自身も外出せずに、出費を減らすしかないです(すでに減らしていますが・・・)。

 うちの家庭は今、母親が入院中で、父親と2人で生活しています。父親は去年の3月で仕事を辞めて自宅にいて、外出はお買い物と母親の着替えを病院へ持っていくこと、それに朝の散歩くらいです。仕事での外出は私だけです。仕事のときには人との接触もあります。マスクをつけて数人と数分の接触のときもあれば、数十人のお客様と数分の対応のときもあります。3つほど仕事を掛け持ちしていますが、全ての職場で基本的な感染予防はしているので、大丈夫とは思っていても、こればかりは分かりません。電車が混んでいることもあまりありませんが、絶対に大丈夫かというと、それも分かりません。とにかく私が感染しないように心がけなければいけないと思っています。

 仕事がなくなるのは残念ですが、ちょっと安心したりする気持ちもあります。体を休める時間をもらった、と気持ちを切り替えてゆっくり自宅で過ごそうと考えています。

ストレスがあると化粧品を買いたくなる。

 去年くらいからの傾向なのですが、私、ストレスがたまってくると、なぜか化粧品を買いたくなるのです。マスクをしていて、見えるのは目の周辺だけなのにどうしてなのか・・・。

 仕事で疲れていたり、今後仕事の予定がある、などのときになぜかYouTubeでお化粧についての動画を見て、あれこれと買いたくなるのです。ただし、プチプラの化粧品です。自分でも不思議なのですが、気分転換の1つになっているようです。

 朝の早い仕事のときにはお化粧も丁寧にはできないですし、時間をかけるとお化粧で疲れてしまって仕事に行きたくなくなるので、できるだけ30分~40分くらいで終わらせます。昔よりもスキンケア(化粧水や乳液、美容液)の段階が増えているので、時間も少しかかるようになりました。昔はパパっと終わらせて20分くらいで髪型まで整えられましたが、今はもう少しかかります。

 私にとってお化粧は、気持ちの切り替えになっているので、まあまあ楽しんでいます。時間との戦いでもありますが、お化粧タイムで気持ちを仕事へと向けています。最近はマスカラをつけるようになりまました。30代のころにはつけていましたが、ここ10年以上つけていませんでした。新しいマスカラをネット通販で購入しました。

 明日は朝から仕事です。来週は結構仕事が入っているので、マスカラも活躍しそうです。

仕事に行きたくない~。

 今日明日は仕事はありません、お休みです。今週は後半に2回仕事が入っているのですが、行きたくないと今から思っています。

 母が入院していて、父が洗濯や夕ご飯の準備等してくれています。私はときどき掃除したり、片づけしたり、母からの電話を待っていたり、いつもの日常とはちょっと違う生活を送っています。それだけでも、どうやら疲れるようです。

 まずは精神的な部分にストレスがかかっているのでしょう。母の具合を見に行くことができないので、電話だけの情報で、あれこれと想像するわけです。それがベースにあって、そのほかに父と自分の生活を考えていくと、計画しているだけでも疲れるみたいです。家事は父が多くを担当してくれているので、私はときどき仕事を入れています。仕事のこと考える必要があるのですが、そこまで気持ちが追い付きません。

 まだ母の入院から1週間なので、生活が落ち着いていないのでしょう。この先、来週はまあまあ仕事が入っているので、今から「仕事に行きたくない~」と思ってしまいます。とにかく淡々と生活していこうと、あらためて考えています。

母親の手術終了→リハビリ開始。

 母親の膝の手術が、先週の木曜日に無事に終わりました。終わったら医師からお電話いただきたい、とお願いしていましたが、お忙しいので電話は来ないかもしれない、と思っていたら、何とお昼過ぎに電話がありました。びっくりしました。手術の予定は朝の9時から12時までだったので、夕方まで待って電話がこなかったら、私が病院に連絡しようと考えていましたし、入院時に看護師さんにもそう伝えていました。先生は他の手術もあるかもしれないので・・・と看護師さんがおっしゃっていたので、連絡がなければ、夕方にでも私から電話をする気満々でした。ところが、お昼過ぎ12時半に先生から電話がきて、受けた私はびっくり。無事に終わったとのことでした。

 そして昨日からはリハビリが始まったようです。母は携帯電話でメールができないので、母からの電話をひたすら待つしかありません。こちらから携帯電話に電話はできません。携帯の操作がうまくできないので、かけると常時呼び出しのベルが大きく鳴ります。少し耳が遠くなっているので大きめです。取れないかもしれませんし、まだベッドの上なので姿勢もうまく保てないでしょう。同じ病室のかたに音がうるさくてご迷惑をかけても申し訳ないです。ですから、父親と2人でひたすら母親からの電話を待っています。

 昨日は電話が1回ありました。今日は朝晩と2回ありました。少しずつ動き始めているのが分かります。しかし高齢ですし(81歳)、手術をしたのですから、リハビリをすぐに始めても効果は少しずつでしょう。分かっていても、本人は焦っていると思います。そして待っている私も焦っていました。面会ができないというのは、辛いですね。状況が見られませんから、待っているほうも気になって焦ってきます。これではいけないと、整形の手術経験のある友人に電話をして、経過を聞いてもらいました。アドバイスをもらって、落ち着きました。

 ゆっくりと、ですね。でも1日1日できることが増えているはずです。これから約3週間、ゆっくりとリハビリして母親に帰ってきてもらおうと思います。

母親が何とか入院→手術予定です。

 母親の膝の手術が明後日で、今日から入院しました。何とか入院できました。今日の病院は混んでいました。

 入院手続きは1時間以上かかりました。手続きまでに待ち時間があり、その後にPCR検査で待ち、やっと入院できました。病棟の受付、ナースステーションの手前で看護師さんに荷物をお願いして、「行ってらっしゃい」と手を振りました。

 手術は当日付き添いもできませんから、電話で確認です。医師から電話をいただくようにお願いしましたが、お忙しいと思うので夕方までに連絡がなければ、家族から病院に電話を入れることにしました。

 さきほど母親から電話がありました。前回、腸の病気(クローン病)で入院したときにはちょっと意識もうろうのときもありましたが、今日は元気でした。クローン病は落ち着いていますし、膝が痛いので、気持ち的には元気なのです。手術は明後日ですが、明日も連絡をするように、母親には言ってあります。お見舞いに行けないので、気になります。

 私は明日は朝から仕事が入っています。母親が無事に入院できたので、少しほっとしています。新型コロナの感染者が増えていますので、少し気になっていました。あとは無事に手術が終わることを祈って、自分はできる範囲で仕事をします~。

本格的に仕事が始まった。

 昨日から本格的に仕事が始まりました(先週の水曜日から他の仕事は始まってはいましたが・・・)。昨日は朝の8時から夕方までだったので、久しぶりに早起きしました。7:15に自宅を出て職場に向かいました。久しぶりの早朝、とてもすがすがしくて気持ちよかったです。

 ただ、私は睡眠障害というのか、寝つきが悪く睡眠導入剤(眠剤)を飲まないと眠れません。早起きするので早く眠ろうと思って眠剤を飲んでも、なぜか早く眠れないので、朝からの仕事のときは睡眠不足です。昨日は睡眠時間5時間でした。7時間半くらい仕事をしましたが、毎日はできません。週に1回くらいならできそうなので、今年は週に1回朝からの仕事をして、あとは午後からの仕事など単発の仕事を週に2回くらい入れたいなあ、と勝手に思っています。

 早朝からの仕事は今までにも経験があります。朝6時に出勤して7時から仕事、ということもありました(アルバイトというか契約社員的な仕事でした)。病気を発症してからは体調が不安定なので、早朝からの仕事やフルタイムの仕事はしなくなりました。昨年の9月から新しい仕事をするようになり、ときどき朝の8時から夕方まで、というシフトが入るようになりました。それも自分でシフト申請するので、無理だと思ったら申請しなければいいという、本当に私にとってはありがたいお仕事です。ただ難しくて、昨日は年明け始めてのお仕事で、ちょっと緊張していました。

 今月は昨日と同じ時間帯の仕事が、あと2回入っています。他には単発のお仕事も入っています。がんばりすぎないように、適度にがんばりながら、仕事を細く長く続けられればいいな、と思っています。

これからが用心。

 新型コロナのオミクロン株感染が広がってきていますね。中にはデルタもあるようですが、これから変わってくるのでしょう。感染力が強いようなので、今まで以上に用心しないといけないと思っています。

 私は東京の下町在住ですが、仕事で何か所か都心に通います。職場では人と離れているときもありますが、近づいて作業することもあります。マスクをつけて手の消毒や検温もしていますが、う~ん、今回の感染拡大はそれだけではどうなの?という感じです。

 重症化はしないかもしれないとは言え、熱がでたり咳が出たり、風邪の症状やインフルエンザの症状に近いとしても、辛いです。インフルにはかかったことがありますが、熱は38℃台で関節の痛みと吐き気がひどくて点滴を受けたくらい辛かったです。それ以来、冬のインフル流行時にはマスク着用と、外に出たら手で顔付近を触らない、ということを徹底していました。

 明日以降、飛び飛びで仕事の予定が入っていますが、自分で用心しないといけないですね。中止になる仕事もあるかもしれません。まだ分かりませんが、東京でも今週末から来週にかけてあっという間に感染者数が増えると思うので、とにかく自分で自分を守る、注意するしかありません。気をつけます。

まだ、だらだら中。

 昨日仕事があり、気持ち的には仕事のときにはしゃきっとしていましたが、帰宅してからも、翌日の今日もだらだらしています。

 今日は東京でも雪が降り、午前中から雪についての情報がテレビでも多く放送されています。それと同時に、新型コロナの感染者数についても、沖縄をはじめ注目されていますし、私自身はそちらのほうが気になるところです。実は今日明日と仕事が入っていないので、自宅から出ずに過ごす予定です。感染者数が気になるのは、来週に母親の入院と手術や、仕事がいくつか入っているからです。

 今日はお昼前にお掃除をしました。母親は来週の膝の手術を前にこの寒さに参ってしまって、足腰が痛くてたまらないようです。何とか杖を使って歩いています。料理もしています。すごいです。父親は主にテレビを見ているか寝ているか、洗濯物を出したり取り込んだり、ちょっとした買い物担当です。そうなると掃除は私しかしないので、ゆっくりと起きたあとに朝ごはんを食べて、お掃除をしました。両親は「掃除なんてしなくていい!」と言いますが、いえいえ、見えていないのです、床に落ちているほこりやらゴミが・・・。お掃除をしてほっと一息ついてから、遅いお昼を食べて、午後にはお昼寝をしました。

 まだまだ、だらだらしています。やはり寒さが体に影響しているのか、とにかくだるいし疲れやすいです。仕方ないですよね、体からの信号だと思って、眠れるときは寝てしまおうと思っています。今年はとにかく体調を整える、無理しない。毎年同じような目標ですが、体調を第一に考えて、適度に仕事していきたいと思っています。

仕事の依頼でしゃきっとした。

 昨日と今日と、だらだらしていました。口の中が口内炎のような感じで、体調がいまいちでした。1月2日に軽く掃除をしたり、近くのコンビニまで外出したら、翌日から体調が少し悪くなって、なんだかショックでした。昨年は忙しい毎日を乗り切ってきたのに、年末年始にちょっと休んだら、少し動いただけで体調を崩すなんて、どういうこっちゃ、と思いました。

 でも体からの信号は受け止めたほうがいいので、昨日と今日はお昼寝をしました。今日はお昼寝中にメールが入り、だらだらと起き上がりメールを見てみると、仕事の依頼でした。2週間後くらいの依頼ですが、気持ちがしゃきっとしました。

 今日から仕事が始まっている人もいるのですよね。もちろん元旦から仕事をしている方もいますし、私も6年前までは大晦日も元旦も出勤というアルバイトをしていました。今年は明日から仕事です。不思議なもので、体が仕事をすることに慣れてしまうと、少し長めのお休みのときには体調が崩れるのですよね。これは何なのでしょうね。

 今月の仕事のシフトはゆるめにしています。母親が来週入院して膝の手術をするため、私が主に家事をすることになるので、仕事を少し減らしています。私は仕事と家事の両方は難しいのです。疲れてしまうので調整しようと思います

 気持ち的にゆるゆるだったお正月、仕事の依頼で気持ちが引き締まるなんて不思議ですが、心とはそういうものなのですね。

新しい年はゆっくり始まった。

 新しい年を迎えました。なんとか家族3人で自宅で迎えることができて、嬉しいです。母親の調子が心配でしたが、何とか杖をつきながらも料理をしたり、テレビを見たりしています。

 私は12/31に料理の手伝いをして、「どうもだるいなあ」と思っていましたが、夜に紅白を見て楽しんだ後にお風呂に入り、寝たのが午前1:30すぎでした。翌日の元旦、起きたのが何とお昼の12時過ぎ。母親に起こされて起きました。10時間以上寝て、肩こりも体の痛みも取れて、びっくりでした。どうも疲れがたまっていて、少し寝不足もあったようです。

 体がよくなると心も晴れやかになるものです。昨日の元旦はとてもすっきりとした気分で過ごしました。今日もゆっくり起きてから、箱根駅伝を見ました。新年は私にとって、ゆっくりと始まりました。

 仕事始めは1/5です。それまでにちょっとした打合せがオンラインでありますが、ゆっくりと自宅で過ごします~。
 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ