« 息抜き。 | トップページ | 自信は持たない。 »

主治医から「お腹は?」と聞かれた。

 今週は自分の通院がありました。母親が入院した同じ大学病院で、母親の入院中に私の主治医も母親を診察してくれました。それは、膠原病の数値が高かったからでしたが、結果的には別の病気(クローン病または潰瘍性大腸炎)となったみたいです。

 約1ヵ月半ぶりの診察で、まずは母を診察してくれたことにお礼を言って、自分の診察になりました。この1ヵ月半、私の体調はだいぶ波があり、紅斑みたいな毛嚢炎のようなものができたときには写メも撮っていたので、その写真も見せました。アキレス腱が痛かったとか手の指の関節が痛かったとか、いろいろと話して、咳の喘息のような状態にもなったので、聴診器でも診察してくれました。喘息の心配はないようでした。

 様々な症状の話の最後に主治医がこう聞きました「お腹は?」。「え?お腹の調子ですか?」「そう、お腹」なるほど、そうかあ、母親がクローン病もしくは潰瘍性大腸炎のような症状だったので、私も腸管ベーチェットの可能性があるかもしれない、ということなのか?と解釈しました。体質的に似ているのは親子ですから当たりまえですものね。

 薬については、今の生活がストレスがかかっている状態だと医師が分かっているので、このままの薬でいきましょうということになりました。私もそうしたいと思っていたので、よかったです。この時期に薬を何か減らすとなると、体調がさらに悪化する可能性があります。このままで何とか生活をしていきたいと思っています。

 次回の診察は11月中旬。仕事の関係で少し先になりました。そのころには私の生活も(仕事が)、軌道に乗っているといいな、なんて思いながら、診察室を出たのでした~。

« 息抜き。 | トップページ | 自信は持たない。 »

病気」カテゴリの記事

コメント

でんでん大将さん、コメントありがとうございます!

そうなのですよね~、似なくてもいいのに似てしまう体質・・・。
子どもですから、仕方ないですよね。
薬に関しては、減らせる時が来たら、また減らしていこうと思っています。
焦らず、少しずつ・・・。
とにかく今の薬で、体調をうまく維持できるように、
自分で調整していきたいです。
なかなか難しいのですけどね。

こんにちは。
薬はのまないに越したことはないのでしょうが、減らすにしても頃合があるのだと思います。先生もその辺をくんでの、「このままで」だったようですね・・・
体質は親子ですから当然似る事は確かだと思います。
似てなくても良いのに、似る事は多いですね( ´艸`)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 息抜き。 | トップページ | 自信は持たない。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ