« アルバイトがまたお休みです。 | トップページ | どんどんキャンセル。 »

「天涯孤独です!」と答えた男性。

 先日、母親の大腸内視鏡検査のために、大学病院へ付き添いで行きました。検査の待合室では、夫の検査に妻が付き添っていたり、妻の検査に夫が付き添っていたり、若いかたは1人で来ていた男性や女性がいらっしゃいました。ちなみに待合室は密ではありませんでした。かなりスカスカでした。

 検査用の服に着替えた母親が呼ばれて、検査室の前まで行き座ってから、看護師さんとの会話が聞こえました。事前の調査票に書いてある部分を確認して(お腹の手術の経験があるか、家族に大腸がんのかたがいるか、アレルギーは、など)、それから最後に「ご家族はいらしてますか」という質問がありました。母親は「はい、娘が来ています」と言っていました。

 私が母親の検査を待っている間に、他の患者さんにも同じ質問をしていましたが、その質問は高齢のかた、だいたい65歳くらい以上のかたに聞いていた気がします。ある1人の男性患者さんが呼ばれて、検査室の前に行きました。母親のときと同じように看護師さんに質問をされて、最後に「ご家族はいらしてますか」と聞かれると男性は、「いえ、いません。天涯孤独です!」と明るく答えていました。それを聞いた私は心の中で、「おお~!」とちょっと心強くなりました。

 答えを聞いた看護師さんは「あ・・すみません・・・」とか細い声で答えていましたが、ちょっと看護師さんが可哀想なほど、しっかりと自信をもって男性が言ったのです。私にはその男性は60歳ちょっとに見えましたが、きっと65歳以上だったのでしょう。はっきりと、明るく「天涯孤独です!」と言ったその男性を、私は将来の自分に重ねて心強く感じたのだろうと思いました。

 私には弟がいますが、沖縄で夫婦で生活しています。今は両親が元気ですが、もし両親がいなくなったら、私は何をするのも1人でしょう。弟は東京に戻る気配がありませんし、弟夫婦に頼ろうとは考えていません(金銭面を除いて)。それぞれが仕事に忙しく、無理でしょう。親しい友人もいますが、検査で付き添ってもらうわけにもいきません。万が一入院したとしても、1人でしょう。いくつになってもそれが当たり前で、自分で生きていこうと思うしっかりとした気持を持ち続けたいと考えています。天涯孤独ではないかもしれないけれど、私も高齢になって1人で検査に行ったさいに、「ご家族はいらしていますか」の質問に、「いえ、1人です!」と明るく答えたいと思いました。

« アルバイトがまたお休みです。 | トップページ | どんどんキャンセル。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

L-20さん、コメントありがとうございます!

なるほど、そうかもしれません。
そう思うと、私もさらに心強く感じます!
1人でも1人でない将来を考えられるなあ、と思えます。

そのお方
おそらく自由で居たいという希望をおっしゃったのでは?
天涯孤独はなかなかできませんよねぇ。
きっと何某かの交友、または近所付き合いがあるとおもいます。
なかなか、人は放って置いてくれませんから
要らぬ心配に思います(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アルバイトがまたお休みです。 | トップページ | どんどんキャンセル。 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ