« 久しぶりの静かな日常。 | トップページ | やる気が出ないときは何もやらない。 »

軽く絶望的になることがある。

 ふとしたときに、軽~く絶望的になることがあります。今までは、お金がないとか、将来はどうなるのかとか、漠然とした不安がありました。ところがここ数ヵ月は、ほんとにたま~に、突然、軽く絶望的になるのです。「このまま4・5年先までずーっとマスクをした生活なのかな」とか「大切な友人だからこそ会わないけれど、あと何年も会えないのかな」とか、新型コロナ関連で軽~く絶望的になるのです。たぶん、私だけではないと思います。

 だからと言って何もしていないかというと、結構しているのです。仕事もちょいちょい、家事もちょいちょい、テレビも見ているし楽しんでいるし、マスクをして手指消毒を所々でしながら必要な外出もしているのです。それなのに、ときどき突然襲ってくる軽い絶望感。きっとこれは、新型コロナによるうつ的な症状なのかもしれません。自分でもそうだと分かっているので、放っておきます。

 人間ってすごいですよね。わけのかわらない感染症がこんなにも世界中に広がっていて、世界中の人が大変な状況だと分かっていて、なんとか対応していこうとしています。適応していこうと努力しています。薄ーく、いえ、それなりに厚ーく新型コロナのストレスがかかっている状態でも、何とかできるだけ普通に生活しようとしています。それがもう、ストレスなのですよね。その結果、ここ数ヵ月、ときどき突然軽ーく絶望感まで襲ってくることが出てきたのだと思います。

 今は普通の状況ではないから、絶望的な感覚も出てくることがあるだろうと、自分で承知しながら生活していくしかないのでしょう。だからと言って私はものすごく明るく考えたりもしません。ワクチンができるのも、日本中、世界中にワクチンが行き渡るのも、何年もかかるでしょう。だからこそ軽い絶望感に襲われることもあるかもしれませんが、人間はそれを違う感情に変えることもできると、思っています。何年かかっても、必ずまたマスクをしないでも大丈夫である世界を、人と会うことが普通にできるようになることを信じて、生きていけると思っています。あ、これもう十分明るく考えているかな。でもだって、そうですよね。そうなるもん、必ず。

 今日の東京は涼しくて、とても過ごしやすいです。秋ですね。そろそろ柿も出始めて、秋の味覚が楽しみです。ほら、結構明るいですよね。

 

« 久しぶりの静かな日常。 | トップページ | やる気が出ないときは何もやらない。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりの静かな日常。 | トップページ | やる気が出ないときは何もやらない。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ