« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

緊張する~。

 今日は夜に仕事が入っています。緊張します~。昼間の時間をずーっと緊張しながら過ごしているのが、耐えられないけれど耐えている、という感じです。

 涼しくなったので、洋服をどうするか迷います。仕事はスーツなのですが、中に何を着るか迷ってしまうのです。長袖のシャツだと、仕事中に暑くなる気がします。半袖だとスーツの上着を着てちょうどいい、と思いますが、現場までの行き来のときに肌寒いかな、とか考えてしまうのです。秋は大好きですが、着るものに毎年困っているうちに、すぐに冬になってしまいます。

 さて、適度に緊張しながら、なんとか仕事が終了するように、がんばろう~、おお~!!明日は午前中に婦人科に通院です。

寂しさを感じる。

 この夏、両親と住んでいるマンションの大規模改修がありました。外壁等を補強したり、壁の色を変えたり、マンション内の共有部分の修理やら塗り直しやら掃除等、様々な改修がありました。約4ヵ月くらいでしょうか。担当の業者の方の集合場所として、駐車場の空き部分に事務所と資材置き場も設置されていました。日曜日だけお休みで、月曜日から土曜日まで毎日毎日、本当に暑い中、みなさん頑張ってくださいました。

 涼しくなった今月の下旬、そろそろ終了だという時期になり、1つずつ設置されていたものが片付けられていきました。1階にあったスケジュールが書かれていたホワイトボードも昨日なくなり、今日は朝から事務所と資材置き場も解体され始めました。何となく寂しさを感じています。

 とても暑い夏でした。梅雨も長かったです。扇風機がついている作業着を着て仕事をしてる姿を見ていて、本当に感謝感謝でした。細かいことにも対応してくださって、とても丁寧な方々でした。若い人から私より少し上の年齢の方まで、ベトナムの方もいたと思います。がんばってくれていましたが、梅雨が長かった影響で、作業も延長していました。それが終わります。

 毎日していた作業の音も、聞こえないことが多くなり、不思議なもので4ヵ月近く聞こえていた音が聞こえなくなると、それも寂しく思います。こちらは寂しくても、作業をしていた方々は、「やっと終わった」という気持ちだと思います。本当に暑い中、ありがとうございました、と心の中で思っていますし、お会いする機会があれば数日の間に感謝を伝えたいと考えています。

ああ、美味しい。

 数ヵ月に一度、マックのハンバーガーを食べます。今日はお昼に、両親の分と自分の分を持ち帰りで買ってきました~!

 ああ、美味しいです。私はチーズバーガー。美味しいなあ、と思って食べますが、2個は食べられないのです・・・。1個だとちょっと足りないので、私はチーズバーガーとお菓子で満足。すごく満足です。いわゆるジャンクフードですよね~。でもね、ときどきは思いっきり食べるのです。たまにはいいですよね。

 こうして美味しいものを食べて、楽しいドラマを見て(半沢直樹、面白かった~!)、しっかりと寝て、ときどき仕事を自分なりにがんばって、家事を少し手伝って、家族とご飯食べて、友人とメールや電話して、読書もして、そういう毎日を過ごしていきます。落ち込むこともあるけれど、それはそれとして、楽しいことを楽しいと感じながら、美味しいものを美味しいと思いながら、過ごしていきます。

 それにしても、美味しいですよ、マックのハンバーガー。個人的にとても好きです。数ヵ月に一度しか食べないのですけれどね。

悲しいニュースは皆が悲しい。

 また悲しいニュースがありました。女優の竹内結子さんが亡くなったニュースです。悲しいニュースは、みんなが悲しくなりますね。

 芸能界の出来事は取り上げられることが多いですが、一般的にも新型コロナの影響なのか、悲しい出来事が多くなっている気がします。そういうニュースを目にしたり聞いたりすると、私たちは心が少しでも沈みます。影響を受けてしまう人がいるかもしれません。私もそういう部分があります。

 そんなとき私は、親しい友人とメールをしたり電話をします。家族には逆に元気な姿を見せてしまっていることが多いです。でも少しでも心が沈んで落ち込みそうなときや、モヤモヤするときには、必ず友人に連絡をします。どんなことでも連絡をすると、友人からの返事で少し、いえ、とても救われます。悩みや落ち込みの原因と直接関係のない話題でも、救われます。直接関係のある返事ならなおさら救われます。

 2回くらい前のブログで、軽く絶望的になることがある、と書きました。違いはあるとは思いますが、世界中の人たちがみんな、そんな風に思うことがきっとありますよね。新型コロナの影響が全くないとは言えません。私たちはいつも新型コロナの不安を抱えながら、毎日生きている時点で、すでにストレスがかかっています。こういう時期をどんなふうに生活していけばいいのか、そのほかの悩みや不安もたくさんあるのに、どうしたらいいのか、絶望的になってしまうこともあります。

 それでも私はなんとか生きていきたい。この体がすでに私だけのものではないことが、分かっています。家族をはじめ、友人も、主治医も薬剤師さんも、みんなが私を支えてくれています。だからなんとか生きていきたいです。悲しいニュースが世界中からなくなることを祈りながら、生きていきたいです。

昔の日記を見つけて。

 今週も本棚の整理のために、少しずついろいろな棚を整理しました。昨日整理した棚から出てきたのは、約20年くらい前の日記。自分としては、かなりきれいな字でしっかりと書いていありました。

 まだ1回目の結婚生活の間に書かれたものでした。2・3日分を読んで、自分で納得して棚に戻しました。

 私は現在結婚していませんし、実家で両親のお世話になりながら、私もお世話しながら、お互いに助け合って暮らしています。同じ年代で、結婚していて家庭を持っていたり、子供を持つ人たちに比べたら、全然苦労なんてしていない、と思っていました。まあ、「比べる」時点ですでに考え方が違うとは思いますが、自分に言い聞かせているのです。お前は苦労なんてしていない楽な人間だ、と。(実際そうかもしれません)

 しかし約20年前に書かれていた日記には、今の私には想像できないほど、がんばっている私がいました。「仕事を終えて帰宅してご飯を作って食べて片付けたらあまりに疲れてしまって、お風呂にも入らず歯も磨かず朝まで寝てしまった」というようなことが書いてありました。こんなすごい生活をしていたのだと、驚いてしまいました。

 記憶って本当にあいまいですね。忘れてしまうのです。その日記がなければ、私がそんなに大変な生活をしていたと、忘れていました。まだ30歳そこそこで、それだけ疲れてしまう日々を送っていたのだと、分かりました。そのときそのときにできるだけのことをして、がんばっていたのだと思うことが出来ました。

 今もできることをして、できるだけのことをして生きていると思っています。他の人と比べる必要なんて、本当はないのですよね。みんなそれぞれ、がんばっているのです。がんばっていないように見えても、それぞれのできる範囲で生活しています。それでいいのですよね。

 

やる気が出ないときは何もやらない。

 東京はここ数日は涼しくて過ごしやすいのですが、それは体にとって「あらまあ!急に涼しくなっちゃって、まだ準備ができていないわよ~」ということでもあるのだと感じています。

 なんだかとても眠いのです。一般的には4連休も終わって今日から仕事というかたも多いと思いますが、私は今日もお休みです。昨日は3ヵ月ぶりに髪を染めてきましたが、それだけで疲れてしまってお昼寝を2時間もしました。今日は今日で、7時間半も睡眠をとっているのに、午前中11半くらいに眠くなって15分くらいお昼前のお昼寝をしてしまいました。体が睡眠をとりたい、といっているようです。

 今まで残暑が厳しくて、体力的にも辛い9月前半でした。梅雨明けが遅かった分その後の暑さが辛くて、仕事も時々していたので体力的に落ちてしまったのか、体重も自粛で増えた分が元に戻り、さらに減ったりしていました。睡眠不足も重なり、ちょっと困ったなあ、と思っていましたが、ここ数日の涼しさで睡眠がとりやすくなり、とてもよく眠れています。(途端に体重がまた増えてきましたが・・・)

 それと同時に、やる気が出ません。涼しくて体がだるくなったのか、やる気もだるくなり、何もしたくありません。そういう自分を「いけない」と思わず、「9月前半までがんばった。だから後半は少し休み休み生活していこう」と自分に言い聞かせて、何もやらないで過ごそうと思います。仕事が入ったり、研修会や打合せが入れば、行くことになります。でもそれ以外で、特に予定が入っていないときは率先して休む、何もしない、と自分に言い聞かせないと、なんだか罪悪感を感じてしまうことがあります。きっと自分が納得していないのでしょう。言い聞かせなくても、体の声に耳を傾けて、休むときは休もう、とあらためて思います。

軽く絶望的になることがある。

 ふとしたときに、軽~く絶望的になることがあります。今までは、お金がないとか、将来はどうなるのかとか、漠然とした不安がありました。ところがここ数ヵ月は、ほんとにたま~に、突然、軽く絶望的になるのです。「このまま4・5年先までずーっとマスクをした生活なのかな」とか「大切な友人だからこそ会わないけれど、あと何年も会えないのかな」とか、新型コロナ関連で軽~く絶望的になるのです。たぶん、私だけではないと思います。

 だからと言って何もしていないかというと、結構しているのです。仕事もちょいちょい、家事もちょいちょい、テレビも見ているし楽しんでいるし、マスクをして手指消毒を所々でしながら必要な外出もしているのです。それなのに、ときどき突然襲ってくる軽い絶望感。きっとこれは、新型コロナによるうつ的な症状なのかもしれません。自分でもそうだと分かっているので、放っておきます。

 人間ってすごいですよね。わけのかわらない感染症がこんなにも世界中に広がっていて、世界中の人が大変な状況だと分かっていて、なんとか対応していこうとしています。適応していこうと努力しています。薄ーく、いえ、それなりに厚ーく新型コロナのストレスがかかっている状態でも、何とかできるだけ普通に生活しようとしています。それがもう、ストレスなのですよね。その結果、ここ数ヵ月、ときどき突然軽ーく絶望感まで襲ってくることが出てきたのだと思います。

 今は普通の状況ではないから、絶望的な感覚も出てくることがあるだろうと、自分で承知しながら生活していくしかないのでしょう。だからと言って私はものすごく明るく考えたりもしません。ワクチンができるのも、日本中、世界中にワクチンが行き渡るのも、何年もかかるでしょう。だからこそ軽い絶望感に襲われることもあるかもしれませんが、人間はそれを違う感情に変えることもできると、思っています。何年かかっても、必ずまたマスクをしないでも大丈夫である世界を、人と会うことが普通にできるようになることを信じて、生きていけると思っています。あ、これもう十分明るく考えているかな。でもだって、そうですよね。そうなるもん、必ず。

 今日の東京は涼しくて、とても過ごしやすいです。秋ですね。そろそろ柿も出始めて、秋の味覚が楽しみです。ほら、結構明るいですよね。

 

久しぶりの静かな日常。

 昨日今日と、久しぶりに静かな日常を過ごしています。

 一昨日、喉がちくりと痛み、「そろそろ体力的に限界」と感じたため、しっかりと休養をとるようにしました。8月下旬からちょっと忙しく、自分の体力が続いていたので、なんとなくそのまま忙しく過ごしてしまいました。3週間ほど気持ち的にも忙しく送っていたら、体に不調が現れました。当たり前です。ベーチェットの症状が現れ、そのうち気持ちも落ち着かなくなりました。

 喉の痛みはよくなりましたが、陰部潰瘍が治りません。もう1週間以上になります。最初は潰瘍のようで、途中から毛嚢炎のようになってきました。嫌な感じです。痛みはそれほどないので大丈夫ですが、しくしくと鈍痛というか、何かできているんだろうな、という感覚です。変な言い方ですが、ぐちゃぐちゃだったらどうしよう、という恐怖もあります。でもね、ちゃんと鏡で見るんですよ。「え~!?」って思われる方もいるかもしれませんが、そこはしっかりと自分で確認するんです。自分の身体ですから。そんなにぐちゃうちゃではなくて、膿んでるのは確かです。あ~あ。

 睡眠をとにかくしっかりとって、体を休めるしかないのです。ひどいときは1日2回患部にリンデロンVG軟膏を塗ります。仕方ないですね・・・。でも昨日今日と久しぶりに静かな日常です。昨日は午前中に掃除だけしました。今日はお昼に家族で車で買い物に行きました。今日の東京は涼しくて、過ごしやすいです。お昼寝もしました。もう数日はゆっくりと過ごして、体調を回復させたいです。

おっと、喉が・・・。

 今朝起きたときには感じませんでしたが、朝食のときにトーストにマーマレードを塗って食べたら、喉にしみたのです。喉が、ちょっと痛い?痛いというが、いがらっぽい?

 昨日、少し調子が良かったので、いろいろな荷物の整理をしてしまいました。母親と一緒にしたのですが、動くのは主に私なので、汗だくになりました。そのままクーラーの効いた部屋にいました。そのときにもしや・・・風邪でも引いたのでしょうか。

 体全体がだるいとか、ベーチェットの症状が少しでたりしていましたが、喉の違和感は久しぶりです。ああ、嫌だなあ。鏡で確認しても、赤くはないですし、腫れてもいません。本当に初期の状態。自分が違和感を感じている程度。このまま治まってほしいです。とりあえず風邪薬を飲んで2・3日様子を見ます。

日本のドラマも面白い!

 今年の春夏のドラマは、新型コロナの影響で撮影が中断したり、始まるのが遅かったりなど、いろいろありましたよね。私は外出自粛中に韓国ドラマや中国のドラマにはまり、特に韓国ドラマのすばらしさに気付きました。いまだに録画して見ていますが、一応日本のドラマも見ていました。

 日本のドラマで面白かったのは「私の家政婦ナギサさん」や、何となく見始めた「竜の道」。一昨日最終回を迎えた「竜の道」は、素敵な俳優さん2人が主演でしたので見始めましたが、だんだんと楽しみになり、最終回の2時間はしっかりと見入ってしまいました。原作者が亡くなっていて、原作は未完らしいと知っていたので、ドラマではどうなるのかと興味がありました。可哀想な、でも仕方がないという結末でしたので、ストーリー的には納得して、気持ちとしては「これから毎週イケメン2人を見られない」というちょっと残念な気持ちにもなりました。

 今放送中の「半沢直樹」「アンサングシンデレラ」も楽しみに見ています。日本のドラマも面白い、と改めて実感しています。

 韓国ドラマの何にはまっているのかというと、とにかく俳優の演技が本気だということです。コメディもうまいのですが、ミステリーやサスペンス的な物語に至っては、俳優の演技が本気すぎて引き込まれてしまうのです。そういう意味では今クールの日本のドラマ「竜の道」は、出ている俳優さんがみんな演技派で、本気の演技が光っていましたし、そこに引き込まれたのだと思います。言葉で表現するのは難しいですね。本気度、というか、じりじりするような、顔のピリピリするような、見ているこちらがはらはらするような、そんな演技です。

 コロナ禍でストレスが常にかかっている状態ですが、自宅で素晴らしいドラマを見て胸を熱くするのも、ストレス解消にはいいですね。日本のドラマも面白いです!

ちょっと気力がでません。

 このところ涼しくなってきました。眠れるようにもなってきたのですが、今日はなんだか気力がでません。

 この2週間ほど、いろいろな予定が入っていて、そのうえ暑く、体力気力ともに使い果たしてしまった感じです。ついでに出費が重なり、お金も出ていきました。涼しくなってほっとしたのと同時に、全てがなくなってしまっていく感じです。

 これじゃあ、大変。そのまま落ち込んでしまいそう。今日は昨夜壊れてしまったドライヤーを購入するために、自転車で一駅先まで行ってきました。それがものすごく嫌で嫌で・・・。昨日は仕事だったのですが、涼しくて気候的にはよかったので、自転車で現場に行き予定より早めに終わって帰宅しました。帰宅後、とても疲れてしまってお昼寝もしました。それでも夜にはぐったりしてしまい、そこへドライヤーが壊れてしまったので、明日買いに行かなくてはいけない、またお金が出ていくとがっくりしてしまいました。そういう流れで今日はお買い物に行きました。

 結果的には、ドライヤーはたまたま購入先のお店のポイントがたまっていて、そのポイントで買えましたし、帰りに少し店内を見て回る体力的な余裕もありました。しかし帰宅したら、やはりぐったり。どうしたのでしょう。今日も涼しくて過ごしやすいのに、気持ちと体力が落ちていっています。何もしたくありません。

 季節の変わり目で、体調が揺れているのでしょうか。ベーチェット病の症状は落ち着いてきましたが、気力がなくなってきてしまいました。明日は何もない予定なので、ゆっくりしたいです。

 

 

よく眠れるようになりました。

 昨日今日と涼しいからでしょうか、よく眠れるようになってきました。今日はお昼寝もできました。

 私の部屋はウインドーエアコンなので音が気になり、つけっぱなしでは夜は眠れないのです。夏の間は、寝る直前までがっつり冷やしてから、エアコンを切って眠ります。しかし寝つきも悪いし、暑さで途中で起きてしまうことが、今年は多々ありました。寝不足気味と、予定が立て込んでいて、少し体調を崩していましたが、今日はしっかりと眠れました。

 明日は単発の仕事が入っています。今夜もしっかり眠れるといいな。お昼寝してしまったので、ちょっと無理かな。とにかく少し涼しくなってきたので、眠れるようになってきたのは、嬉しいことです。

症状が少し出ている。

 ちょっと頑張りすぎたようです。ベーチェット病の症状が少し出ています。紅斑が右腕に2個、顔の頬の上あたりに毛嚢炎が、陰部に潰瘍のようなものができています。

 この2週間、いろいろと予定があり、少し頑張ってしまいました。仕事は少ししか入っていなかったのですが、自分の検診や、自宅の掃除や整理、自分の部屋のエアコンの対処など、細かい出来事が続きました。大丈夫かな大丈夫かな、と思いながら毎日過ごしていましたが、ベーチェットの症状が少し出てしまいました。まだ悪化していませんので、このまま収束してくれることを願ってします。というか、休養をとって、体と心を休めます。

 休養日をいれていたのですが、そういう日に動かなければいけない用事ができてしまったのです。仕事が入っている日の午前中に、何かが起きたりしていました(←エアコンの延長コードのショート)。その連続で毎日過ごしてしまいました。体調が安定していたので、動けてしまったのです。やはり何もしない休養日を、きちんと入れないといけませんね。気持ちを新たにして、気をつけます。

本棚の整理。

 ここ数週間で、本棚の整理をしています。自分専用の本棚には大切にしまってある本がけっこうあり、自分で驚きました。とっくに捨ててしまった、もしくはあげてしまった、と思っていた本が奥に隠れていたのです。この機会に整理しています。

 家族の本棚には、まだまだたくさん本があります。父親が大切にとっておいた時代小説は、この機会に捨ててしまうそうです。母親にも確認してもらわないといけません。お祖母ちゃんが亡くなったときに、母親がもらった本もあります。私の本は、子供のころに買ってもらった百科事典があります。両親に確認して処分することにしました。歴史等が新しく分かり、内容が変わっているところがたくさんあります。高いお金をかけて買ってくれたと思いますが、学生時代にときどき調べたくらいでしょうか。申し訳ないので、再読して・・・と思っていると、いつまでも処分できないので、思い切ります。

 家族の本棚は、本棚自体を来月にも処分してしまう予定です。そのために本の整理を始めました。どうしても捨てられないのは、「あしたのジョー愛蔵版」や「ヨコハマ物語」などのマンガなのです。それと私の大学時代に使っていた教科書。私の本棚には入りきらないので、家族の本棚に入れていました。それらをどこに移動するか・・・それが問題です。

 本棚って知らないうちに本がたまっているものですね。今後もできるだけ少なくして、整理を心がけていこうと思っています。それでももう手に入らないようなマンガだけは・・・捨てられない。大切にとっておきます~。

残暑厳しい通院日。

 今日の東京も残暑が厳しく、34℃の予想が出ています。今、お昼ですが、もちろんすでに32℃は越えています。午後は通院です。

 本当は今日、主治医と相談して明日以降ステロイドを減らしたいなあ、なんて思っていましたが、全然だめです。この10日間くらいなぜか忙しくて、体が疲れてしまっています。これで薬を減量したら、動けなくなってしまいそう。まだまだ東京は暑さも残っているので、ステロイドの減量は来月以降にしたいと思っています。

 毎日5.5㎎のステロイドを飲んでいますが、あと0.5㎎減らせれば、いわゆる維持量と言われる量になります。維持量が何なのかは明確には変わりませんが、何となくわかるのは、膠原病としては最低限のステロイド量であり、この量で日常生活ができるのであれば、副作用はあまり心配ないと言えるのかもしれません。私がベーチェット病を発症してから15年。この量になることが目標であり、達成できないと思っていたことでもありました。ステロイドだけを服用しているわけではなく、イムランという免疫抑制剤やオテズラという新薬、コルヒチン等様々な薬を飲んでいるので、それらに助けられながらステロイドを減らせているわけです。他の薬の助けがないと減らせなかった、ということでもあります。

 ここまできたら焦らない方がいいと、先月主治医にも薬剤師さんにも言われました。私は「かかりつけ薬剤師」さんをお願いしています。毎回薬剤にプラス80円か100円くらいで、担当者を指名できる制度です。私の薬と体の状態をよく知っていてくれるので、相談しています。その2人から言われたので、焦らずステロイドを5㎎まで落としたいと思っています。

 今日も暑いので、熱中症対策と新型コロナ対策をしっかりしながら、行ってきます~。

弟からの援助。

 昨日のブログの続きのようになりますが、私の部屋のウインドーエアコン、家族で相談した結果、新しいものを購入することにしました。家電製品を買うときにお世話になっている、近所の電気店にお願いしました。

 できる限り今のウインドーエアコンを使いたいと思っていましたが、見積もりをお願いしてみました。今のエアコンもそのお店で購入したので、購入履歴が残っていました。うちにも説明書と一緒に領収書が残っていて、2009年8月に買って設置していただいたようです。もう11年も使用していたのです。ウインドーエアコンはクリーニングも難しいようですし、ここ数年は機械の奥のほうや風の出てくる部分にカビも発見していました。自分でできる範囲で取り除いていましたが、気になっていました。見積額を聞くと、どうやら今のエアコンと同じくらいの金額。設置等の費用込みで7万円くらい。ああ、もう、がっくりです。

 もともとは弟の部屋でした。今は弟は宮古島に転勤しています。東京に転勤で戻ってくる予定はありませんし、宮古島で知り合った東京出身の女性と結婚して4年になります。帰ってきたとしても、この家には戻ってきません。でもね、私1人で出せる金額ではなかったのです。そこで!弟に応援を頼みました。

 事情をLINEで説明して、必死にお願いすると・・・3万円援助してくれました!ああ、本当に感謝です。弟からの援助金と私が4万円を出して、約7万円。辛い出費ですが、生活に、命(?)に関わります。もういつダメになってしまうかわかりませんので、思い切って購入することにしました。早ければ今週末に設置できそうです。ああ、気がかりなことが1つ何とか解決できそうです。

延長コードの繋いだ部分がショートした。

 ここ数日、私の部屋のウインドーエアコンが臭かったのです。毎年はじめて使うときは、生臭い感じで、クリーニングしないといけないなと思っていました。ところが数日前からは生臭いというより、タバコのような臭い、何かが焦げているような臭いでした。いよいよカビてしまって買い替えが必要かと昨日から考えてしまいました。

 ところが今日、お昼前にトイレにちょっと行って部屋に戻ると、エアコンとテレビ、DVDのスイッチが切れているのです。ブレーカーが落ちたのかと思ったら落ちていない、じゃあマンションで電気工事でもしているのかと管理人さんに聞いてみたら、していないとのこと。しばらくして管理人さんとたまたまいた電気関係のかたが部屋まで来てくれて、エアコン・テレビ・DVDが繋がっているコンセントのコードと、それを壁のコンセントまで繋いでいる延長コードを確認すると、バチッ!!という音とともに火花が飛び、延長コード同士が繋がっている部分が焦げてしまいました。ショーとした、と言うのでしょう。驚きました。

 壁のコンセントから繋げていた延長コードが古いものだったのです。びっくりしました。数日前からのタバコのような焦げた臭いはこれだったのです。もし私が普段の時のように寝っ転がってテレビでも見ていたら、火花が飛んで衣服が燃えてしまったかもしれません。 それこそ家事になっていたかもしれません。そんなことになる前に分かって、本当によかったです。管理人さんと電気関係のかたに感謝しました。

 たまたま外出していて両親はいなかったので、帰りに新しい延長コードを買ってきてもらいました。繋げたらテレビもDVDもエアコンもつきました。とりあえずひと安心です。延長コードの古いものは取り替えないと危ないかもね、と父親とも話しました。

お金って入ると出ることになってるの?

 お金って、自分で働いた分でないものは、入ると出ることになっているのでしょうか。少なくとも私はそのようです。

 10万円の給付金もそうでした。弟や嫁さんに「今回のコロナ禍で仕事がない」と伝えていたら、お小遣いをくれました。その分が全て、何らかの形で消えていきました。

 エアコンのクリーニングが必要になったり(カビています)、自転車を買い替えることになったり(まだ買い替えていませんが)、母親にお金を貸さなければいけなくなったり・・・。いただいたお金に自分の貯金を上乗せして、出ていきました。悲しいけれど、そういう風に入ってきたお金は、たぶん出ていくことになっているのだろうと思っています。

 全て、自分と家族が生きてくために必要なことです。贅沢しているわけではありません。だから、数日は落ち込んだけれど、仕方ないと割り切って立ち直りました。とにかく今を家族とともに元気に乗り切って生きていくために、お金を使うのです。そう納得して、使っています。さすがになくなってしまったら使えませんけれどね。

今日も検診、バリウム飲みました。

 今週は月曜日から順番に、月→仕事・火→検診・水→仕事・木→検診という予定でした。何とか今日まで終えることが出来てほっとしています。

 今日はレディース検査(子宮頸がん、マンモグラフィ)と、胃のX線検査でした。十数年ぶりにバリウムを飲みました。今年で50歳なので、区の2年ごとの検診で胃の検査も追加されました。知らなかったので、よかったです。胃の検査は、X線検査と胃カメラとどちらか選べたのですが、胃カメラは3年前に自主的にかかりつけ医にしてもらったので、X線検査にしました。かかりつけ医がとても上手でしたので、他の先生にお願いしたくなかった、それでも検査中は辛かったから遠慮したい、というのが本音です。しかしまあ、バリウム検査も大変でした。

 シュワシュワどろっとしたバリウムを飲むのも大変、そのあと、検査台でくるくる体を回すのが大変でした。なんか、ふしぶしが硬い検査台にあたって、痛いのです。「はい、右回り2回お願いします。はい、少し右むいてください。はい、まっすぐ戻って息を吐いて止めてください。はい、左に向いてください。はい、息を吐いて止めてください、はい、もどってまっすぐお願いします。はい、右に1回、回りましょう。はい、まっすぐお願いします。今度は左です。」みたいな連続でした。5分くらいと言われたのですが、5分の間、弾丸指示でした。優しい技師さんで、最初に「ちょっと辛いですけどお願いします~」なんてお話してくださって・・・。その後の弾丸指示がすごかった・・・。終わったら、ヘロヘロでした。

 レディース検査のほうを先に済ませていたので、胃の検査で今日の検診は終了でした。待ち時間を含めて1時間半くらいだったでしょうか。本当は予約する前に「めんどうくさい・・・」と思ってしまったのですが、そういうときこそ、そして今のコロナ禍だからこそ、受けた方がいいと思って約1ヵ月前に予約しました。この1回を逃したために、病気が発見されなかったという事態は避けたいのです。新型コロナのせいにもしたくなかったのです。コロナ禍だからこそ、私は私としてできる限りのことをして、体調管理をしたいのです。

 ああ、ほっとしました。明日明後日は今のところ予定がないので、掃除したり、休養をしっかりとりたいです。

今日は健診、明日は仕事。

 今日は自分の健診でした。東京は今日、少し気温が下がってよかったのですが、湿度があったようでジメジメしていました。健診先の病院まで、最寄り駅から15分くらい歩くのですが、じっとりとした汗が出ました。健診はすんなり終了して、帰り道にあったauショップに寄ってスマホをチェック。もうしばらく今使っている大好きなスマホで過ごしていこうと決めて帰宅しました。

 明日は単発の仕事です。午前中なので早起きしなければいけません。ちょっと疲れていますが、アラームをセットして、さらに母親にもお願いして、がんばって起きるぞー。おおー!!

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ