« 写っている自分にがっくり。 | トップページ | アルバイト再開。 »

過ぎてから気づくこと。

 アルバイトが再開される日が近づき、少し不安が心に広がっているからでしょうか。私って、何がしたいのだろう、何になりたかったのだろう、これからどうやって仕事をしていこう、と考えることが多くなっています。

 シングルなので生きている限り、できるかぎり、仕事は続けていくことと思っています。年金も少ないので(そう予想しています)、仕事をしなければ生活ができないでしょう。ただ、もし今の持病のほかに病気を発症したり、働くことができない状況になったら、そのときはまた別です。

 この先、自分が続けられる仕事は何だろうと、考えたときに、分からないのです。自分がやりたいことや、したい仕事が。そもそも仕事なんてしたいのか、と自問しています。仕事をしたら、自分の人生に張り合いがでることはわかっています。でもしなくていいならしたくないかもしれない、とも思うのです。

 あまり振り返りたくありませんが、考えてみれば、自分が一番心も体も安定していて幸福だったのは、2度目の結婚とき富山で生活した2年間でした。すでにベーチェット病を発症していたので、専業主婦で、体調のために週に1回フラメンコを習っていました。私は家事が好きではありませんが、嫌いではなく、自分なりに楽しく主婦業をしていました。富山で暮らしていた2年は、今でも心の中によい思い出として残っています。その後、残念ながら離婚してしまいましたが、富山のころが一番安定していて幸福だったと気付いたのは、離婚後数年たってからでした。

 自分が幸せだったと、それが終わってから気づくものなのですね。過ぎてからでないと幸せを感じられなかったのは、残念なことでした。後悔しても仕方がないので後悔はしていませんが、過ぎてから気づくものなのだと、思いました。

 今の自分が一番幸せでいられるように、日々生活しているつもりですが、少し先のことが不安になると、過去を振り返ってしまうのです。アルバイトが再開したら、仕事に集中しますので、きっと振り返る余裕もなくなります。とにかく、感染予防をしながら仕事に取り組みましょう。

« 写っている自分にがっくり。 | トップページ | アルバイト再開。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 写っている自分にがっくり。 | トップページ | アルバイト再開。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ