« うっかりしていた。 | トップページ | 怪しいなあ~。 »

「いだてん」好きでした~。

 視聴率があまり伸びない点が注目されていた、今年の大河ドラマ「いだてん」。先週の日曜日に最終回となりました。私は毎週楽しみに見ていました。

 もしかして、展開的に分かりづらいところがあったのかもしれません。ナレーションが入るけれども、時代は戦前なのか、その後なのか、いつのことなのか、落語を通しての説明などもあって、少しつかみづらい部分があったのかな、とも思います。視聴率が伸びずに度々話題になっていました。しかし私は、ぐぐぐーっと引き込まれて、始まったころよりも真ん中、真ん中よりも後半と、毎週日曜日にリアルタイムで見ていました。

 内容を詳しく説明するとなると難しいのですが、何がよかったのかというと、出演者の演技に引き込まれたのだと思います。演技がよかったというのは、要するに脚本がよかったのだと思います。宮藤官九郎さんですよね。すごい人ですね。出演者があんなに熱演するというのは、脚本が熱演するようにできている、ということだと思うのです。

 いろいろな方が出ていました。私が今思い出すのは、ダンサーの菅原小春さんが演じた人見絹江さんの役、感動しました。斎藤工さんが演じていた役(名前は忘れてしまいました)もじーんときました。オリンピックの水泳選手の役でした。場面場面で感動することが多くて、物語中盤あたりから結構泣きました。

 阿部サダヲさんもとてもよかった。後半は阿部さんの役を見ていて泣けてきました。こんな人がいたのだなあ、日本ってすごいなあ、なんて思っていました。

 視聴率って、あんまり関係ないなと改めて思います。もちろん視聴率が高いのは人気がある、わかりやすい、などのバロメーターにはなっていると思います。しかし視聴率は高くなくても、自分が夢中になれる番組ってあるのだと、今年は感じました。

 来年の大河ドラマも、始まる前から違う意味で話題になっています。それには関係なく、うん、楽しみに見たいと思います!

« うっかりしていた。 | トップページ | 怪しいなあ~。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« うっかりしていた。 | トップページ | 怪しいなあ~。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ