« 背負っているもの。 | トップページ | 体が少し変化。 »

「この世界の片隅に」

 先日、今期のドラマについてブログに書きましが、大切な作品をすっかり書き忘れていました。日曜日に放送していた「この世界の片隅に」です。昨日が最終回でした。

 広島の呉を舞台に、主に戦時中の普通の人々の暮らしを描いたドラマでした。以前アニメになり、大ヒットしていましたが、私は見ていませんでした。原作のマンガは、これから読もうと思っています。呉出身の大切な友人がいまして、私はその友人の実家にお泊りしたこともあり、また広島に半年くらい住んだ経験もあるので、毎週必ず見ていました。

 昨日の放送をまだ見ていない人もいると思いますし、詳しくは書きませんし、書けません。ストーリーというよりも、その当時の人々の暮らしぶりを描いたドラマです。映像を見て、何かを感じると言うのでしょうか。昨日は広島に原爆が落ちた後のシーンが少しありまして、ドラマだと分かっていても、画面にくぎ付けになりました。心が苦しくなり、涙がでました。それでも、見た方がいい、できれば多くの人に見てほしいドラマです。
 
 録画をしていますが、リアルタイムで放送を見ました。でもなかなか録画を消せないと思います。できれば、DVDを手に入れたいなと、始めて思ったドラマでした。放送は終わりましたが、その出来事、歴史は続いていると感じています。心を揺さぶられるドラマでした

 

« 背負っているもの。 | トップページ | 体が少し変化。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 背負っているもの。 | トップページ | 体が少し変化。 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ