« 個人的に「ヨガ」の効果 | トップページ | ああ通院日 »

ちょっとガックリ

 20分程度のイベントの司会をするお話がありました。そのお話があって、その場ですぐに簡単な司会の原稿も作りました。「がんばります」と言って、頑張るつもりでいました。その日のために体調管理もするつもりでした。

 しかし、翌日に連絡が入り、司会のお話は「なし」になりました。ガックリしました。ちょっとガックリ、いえ、相当ガックリしました

 短時間でも司会の仕事をするのは、7年半ぶり位でした。ベーチェットの主治医には「声を使う仕事はダメだろうね」と言われています。症状が悪化する時は、必ず喉が赤く腫れたり、白く化膿するからです。病気を発症する前に、約5年ほど、地域のコミュニティFMでアナウンサーの経験があります。イベントの司会もしました。その頃は、本番が始まると、喉が詰まったり、咳が出るなんてことは、全くありませんでした。出そうになっても止められました。でも、今は無理です。咳も突然出ますし、喉の調子が良い時は少ないです。ほんの数分でしたら大丈夫なので、アルバイト先の留守電に声を入れたり、何かのアナウンスをする時はありました。

 自分でも分かっていました。たとえ短時間でも「司会」となると、相当プレッシャーがかかります。当日まで、口の動きを練習したり、体調管理に気を付けないといけないと考えていました。もし、当日体調が悪くなったり、喉が無理な状態になったらどうしよう、と思いましたが、私としては、司会の仕事が出来ることの嬉しさの方が大きかったのです。

 でも、その仕事はなくなりました。これで良かったのだとは、思っています。母親にも、「大丈夫かな、と思ってたよ。あんたは責任が大きいことは、しない方が良い。突然、ダメになったら相手にも迷惑だから」と言われました。その通りです。少し、自分の体調を過信していたのでしょう。

 ちょっと、いえかなりガックリきていますが、これで良かったのだ、と思って、早く気持ちを切り替えようと思います。いつまでも昔のこと、今の自分の体のこと、深く考えていても何もなりません。今、出来る範囲で仕事をする。出来る範囲で、やりたいことをする。これを目標にして生活していきます

« 個人的に「ヨガ」の効果 | トップページ | ああ通院日 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとガックリ:

« 個人的に「ヨガ」の効果 | トップページ | ああ通院日 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ