« 最終回は好きです | トップページ | 整理整頓!! »

ショックでした。

 一応、就活中の私。先日、ある機関の代替職員試験を受けてきました。期間限定の代替職員とはいえ、倍率が高いと思っていました。とりあえず、受けるだけ受けてみよう!と考えていたので、倍率の高さはそれほど気になっていなかったのです。

 試験内容は、当日課題が出され、800字の作文を1時間で書く、というものでした。結構な人数が会場には来ていました。それでも、私は、作文が苦手ではなかったので、試験の開始から落ち着いて、課題の作文を下書き用の用紙にまとめながら書き始めました。ところが、課題に対する私の考えは完結すぎて、これでは800字近くまで書けそうもないと思い、少し内容を膨らませて書き進めました。それが、思っていた以上に時間がかかったのです。

 あと5分くらいの残り時間になり、3行程でまとめて終わることが出来そうだと予想していたその時annoy試験官から「残り5分です。受験番号と氏名を確認して・・・」とアナウンスがありました。その途端、私の心臓がバクバクとし始めて、手が震えて字を書けなくなってしまったのですsweat01。まさに、心臓が飛び出してきそうな音で、それと同時に手が震えて、本当にミミズのような字しか書けなくなりました。

 それでも、不本意ながら、何とか文章を書き終えましたが、最後のまとめが上手く出来ませんでした。とにかく、途中で終わらすのだけはダメだと自分に言い聞かせて、ミミズのような字でも、書き終えたのです。

 もう、受からないことは当然ですが、ショックだったのは、試験官の「残り5分です・・・」という声に反応して、動悸が激しくなり、手が震えて、字が書けなくなったこと。昔、大学受験の際には、小論文テストがあったので、そのために作文の練習をたくさんして、残り5分でも、自分で思うように文章を書くことが出来たのに・・・・。確かに今回の作文テストは、約20数年ぶりでしたが、極度の緊張で、動悸と手の震えを自分でコントロールすることが出来なかったのです。久しぶりだったということもあるかもしれません。過去を振り返っても仕方がないし、今の自分はこういう自分なのだと受け止めて、今後はどうするか、ということを考えたほうが良いのも、自分では分かっているのですが・・・。やはりショックでしたweep。でもあまりショックを引きずらないように、心掛けます!

 

« 最終回は好きです | トップページ | 整理整頓!! »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

まきえ、コメントありがとう!

この経験をいかせるようにします。
落ち込んで、臆病になるのが、一番自分でも心配です。
今後は、時間配分をもう少し工夫して、
自分は緊張するタイプだと自覚しながら、
取り組みたいな、と思いました~。

ありがとう~。

あ~それはショックだったね。。

ほぼ最後まで頑張れていたから余計に「残り5分」の声に

びっくりしてしまって、ドキドキしたのは辛いわね。

落ち込むだろうけど、これで臆病にならないでね。

次回また作文を書く機会があったら、時計を確認して

残り5分の声がかかるけど、落ち着けるように心に教えてあげよう。

よく頑張ったね、お疲れ様。

ぷーさん、コメントありがとうございます。

あたたかい言葉に、ホッとしました。

病気のせいにはしたくないし、もともと、若い時から
緊張するタイプでした。
ただ、それを抑え込むだけの精神力がありました。
ドキドキしていても、一言話せば、文章を書き始めれば、
段々と落ち着いてくることが出来ました。

確かに、今回は、久しぶりであったことが
緊張した理由の一つだと思います。
病気を発症して、動悸や冷や汗がでるようになり、
安定剤を飲み始めてもう5年以上たちます。
実は、試験の当日、安定剤を飲まないで行きました。
大丈夫だ!と勝手に思ってしまったのです。

でも、やはり、ぷーさんが書いてくれたように
「慣れ」も大きな経験だと思うのです。
そういう場面に、何年も遭遇していなかったので、
余計に緊張したのですよね、きっと。

ほんと、焦らずに、落ち込み過ぎずに
今の自分を受けれながら、生活していきます。
ありがとうございました!

就活お疲れさまです。

作文テストが不完全に終わってしまいとても残念です。
動悸が激しくなり…は、病気で精神的に不安定なこともあるんでしょうか。
それとも、もともと性格的に緊張するとダメになってしまうけど、大学受験の時は慣れてたから乗り越えられたのか。

試験だからというより、文章を納得いくように、まとめられなかったことは悔しいですね。

ケロさんのブログは、いつも文章がまとまっていて、とても気持ちよく読めて、解かりやすいです。時間を掛けて、気ままに書ければ、作文テストも問題ないのにね。


私毎ですが、業務上で月1~2回ほどプレゼンをします。
緊張すると、うまく説明できず、後でヘコみます。
緊張せずに終えられるときもあります。それは時間的に余裕があって、納得の行く資料のときや、報告の練習を何度もできたときです。
最近は準備不足でもそれほど緊張しませんが、重要なのは「慣れ」ですね。

いろんな経験をして、しょっちゅう緊張していると、何事に遭遇しても、切り抜けられるようになると思います。
以前のブログで、仕事上の非定常が発生して大変だったという件も、みんな始めはパニックになりながら、慣れていくんでしょうね。

ケロさんは、以前はいろんな仕事をしたり、なかでもFMコミュニティで司会?を努めてたりして、どんなトラブルもそつなく対応できてたのではないでしょうか。
だから、いつかケロさんが元気になったら、普通の人よりバリバリ何でもこなせるんでしょうね。

あせらず、日々の生活を大事にしながら頑張りましょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/225465/43200693

この記事へのトラックバック一覧です: ショックでした。:

« 最終回は好きです | トップページ | 整理整頓!! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ