« 気分がダウン | トップページ | うお~、今日は痛い~ »

落ち込みのキッカケ

 落ち込むときのキッカケというのは、ほんの些細なことだと思います。私が今回落ち込んでしまって、気持ちが上がってこれなくて、主治医に相談したのは、すぐには解決できないこと、私が解決できないこと、それに、本当に些細なことがキッカケでした。

 結局、主治医に抗うつ薬を始めて処方して頂いて、少量ですが飲み始めて約2週間。眠りが深くなったなあ、と感じていますし、「飲んでいる」というだけでも深く落ち込むことがなくなってきた気がします。

 その「些細なこと」であるキッカケと同じようなことが今朝もありました。本当にちょっとしたことなのです。

 母親が私に、「ガソリンはカードを使って入れても値段は同じなんでしょう」みたいなことを聞いてきました。それに対して私は、「知らない。私、分からないなあ」と答えると、「知らない、って、何で!?」みたいな反応をしたのです。その時に、私の動悸が激しくなるのが分かりました。あの時と同じだ、と思ったのです。今でも、この記事を書くのに思い出しただけでも、心臓がドキドキしてきます。

 今月の上旬に、同じようなことがありました。内容は忘れてしまいましたが、母親が私に何かを聞いてきたのです。それに対して、私が、「知らない」と答えると、母親は怒ったように「何で知らないのよ!あんたいつも、ニュースとか新聞読んでるじゃないの!何を見てるのよ!」と言ったのです。私はびっくりして、「分からないもん」と答えたような気がします。すでにその時にショックを受けていて、質問内容は忘れてしまったのに、そのショックだけが残りました。

 私の心の中で、ある時から、「知ったかぶりに話すのはやめよう。知らないことは知らないといった方が良いだろう」と思うことがあり、しばらく前から分からないことは正直に「知らない。分からない」と答えるようにしていました。それが母親にとっては、「ケロは何でも知っているのに、知らないと言う。」と意地悪をしているように感じたのでしょうか。もしかしてそんなこと考えてもいないかもしれません。でも私はびっくりしてショックを受けてしまって、それからは、家族でご飯を食べながらでも、テレビのチャンネルをニュースに変えることをしなくなりました。

 本当に自分でも「何でそんなことで」と思うような、些細なことです。今朝、私は母親に言いました。「私は実家に戻ってから車にも乗っていないし、前に乗っていた頃でも、ガソリンを自分で入れることはほとんどなかったから、値段のことは分からないんだよ。ただ、現金で入れると安い所があるのは知っているけど」と、答えました。母親は「ケロは新聞を読んだりしているから、何でも知っていると思ってたから。分かった。もう聞かない」と言いました。ああ、どうしてこうなるんだ。「いや、聞いてくれて良いんだけど、知らないこともあるんだよ。私はそんな風に言われると、びっくりしちゃって、ドキドキしちゃうよ」と正直に、少し興奮気味に言うと、「どうしてそんなことくらいでドキドキするのよ~」と母親は答えました。

 ほんとに、どうしてそんなことくらいで動悸がするのでしょう。きっと、私の中で、何かあるのでしょう。もう少し気持ちが落ち着いてきたら、考えてみたいと思います。今日はこんな感じに考えられるので、落ち込まないで済みそうですから・・・。

« 気分がダウン | トップページ | うお~、今日は痛い~ »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

ぷーさん、コメントありがとうございます!

私はどうやら子供の頃から、あまり自分の正直な気持と感情を
両親にぶつけることが少なかったように思います。
大人になってから、お恥ずかしい話ですが、
離婚して実家に戻ってから随分と、両親との関係も変わりました。
私自身が、感情を両親に伝えるようになりました。
特に母親との関係は、今更恥ずかしいような感じで、
中々うまく表現できなかったのですが、
最近になって、「知ったかぶりを止めよう」と思ったのも、
母親が私なら何でも知っている、と思っているような気がして・・・。
いろいろなことを聞かれて、それに一つずつ答えていたら、
自分が疲れてきちゃった時があったのです。
知っている限りのことを、伝えても、それが本当に合っているのか、
それとも間違っているのか、分からないのに、それを母親が信じて、
母親の友人にでも話してしまったら大変だ、なんて感じたのです。
急に私が「知らない」と言い始めて、ぷーさんもおっしゃるように、
最初は戸惑ったみたいですが、
ちゃんと「私はすべてのことを知っているわけではないんだよ」と
説明もしました。

お世話になっている身なのに生意気だとは思いますが、
せっかく一緒に暮らしているのなら、自分も過ごしやすいように、
協力出来ることはするけど、お互いに出来ない知らないことは、
きちんと言えるようにもなりたいな、と思っています。
まあ、親子だから、ちょっと言い争いになっても、
知らない間に、治っているんですけどね。

うまく言えませんが、ケロさんの気持ちはとても共感できます。
私は「些細なこと」ではなく「とても重要なこと」だと思います。(ケロさんも実はそう思っているのかもしれませんが…)

母親とは、身近で、機会が多くて、正直で、お互いのことをよく理解していて、お互いが遠慮なく頼れる関係ですよね。

自分の考えを否定されてるような、自分のことを理解してくれてなかったような気持ちがあるのではないでしょうか。
もちろん、お母さんはそんなことを思っている訳ではないですが。

気持ちがすれ違うことは、誰でもよくあることですよね。
ケロさんが体調不良で精神的に不安定な状態で、より気になってしまうのかもしれませんね。

「そんな風に言われると、びっくりしちゃって、ドキドキしちゃうよ」って正直に口に出して伝えられるのって素晴らしいって思いました。
それに対して、「どうしてそんなことくらいでドキドキするのよ~」とお母さんに言われたら余計ショックですね。
私は「そんなこと」で済まされない気持ちになってしまいます。

あと、抗うつ薬を飲んで「効いている」と思えることがいいことですね。そう思えることが大事なのだと思います。
助かる方法があるということは素晴らしいことだと思います。


「知ったかぶりに話すのはやめよう。」って実は私も以前そうでした。そしてある時期から止めました。
始めは周りの人も、戸惑うかもしれませんが、そのうち慣れますよ。
その方が自分自身も疲れなくていいと思います。

にょろりさん、コメントありがとうございます!

そうですか、にょろりさんは、お姑さんの介護問題が
あるのですね。
それは大変なことだと思います。
難しいですよね。
実際的なこともそうですが、気持ちの部分もありますよね。
ご無理せずに、体に負担が出来るだけかからないように。
どうぞお気をつけて下さいね。

本当に生きているといろいろと問題が持ち上がってきますね。
投げ出してしまいたいこともありますが、
それ以外にも、楽しいこともたくさんあるのですよね。
楽しいことは率先して自分で作っていくことが出来ますから、
そうしていきましょう。
私も自分の気持ちを分析しつつ、楽しいことも笑えることも
率先して生きたいと思います。

自分が大人になって
親が年をとっていくと、
子供のころには無かった
親に対する感情が出る事がありますよね・・。

日中、顔を合わせる事が多くなると
ますますだと思いますsad

私は、ケロさんの、対応は間違ってないと思います。

私は、今、小姑の関係
姑の介護の問題とか
やはり、自分ではどうしようもない
とってもめんどくさい状況ですdown

人生いろいろあってめんどくさ~い!!
が本音ですけど
その他、楽しいこともたくさん経験したいですねhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/225465/41417156

この記事へのトラックバック一覧です: 落ち込みのキッカケ:

« 気分がダウン | トップページ | うお~、今日は痛い~ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ