« 家族、助け合い? | トップページ | 弱気・・・ »

最近の愛読書

 本を読むのは好きなほうで、一応趣味は読書かな、なんて自分で思っておりますcoldsweats01。しかし、人に自慢が出来るほど、たくさん読んでいるわけではなくて、だいたい、2・3冊をかけもちして、その時の気分によって読みわけています。

 この一ヶ月くらいで、一度読んで、またすぐに読み返している、大好きな本があります。それは、先日亡くなったシャンソン歌手の石井好子さん著作「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」という本。

 この本は、石井さんの食べ物に関するエッセイ集。しかも初版は昭和38年(1963年)。その頃すでに石井さんは、パリに住んでいたり、アメリカ、イギリスなど、欧米に渡って、歌手をされていたと知り、びっくりhappy02。歌手なのに、これだけのエッセイを書いてらっしゃることに、もっとびっくりです!

 本に出てくるお料理の数々は、今では随分と日本でも知られている料理です。が、きっとその当時は、まだまだ遠い外国のあこがれの料理だったと思います。それを、いま日本で食べられるけど、石井さんのこの本を読んでいると、その国で食べたくなってくる、いかにも日本では手が届かないような、素敵な外国のお料理として頭に浮かんでくるのですconfident。漫画ではなくて、活字の本を読んで、想像する、というのはこういうことなんだな、というくらい、出来上がるまでの過程や様子、材料、色や匂いまで感じられるというのでしょうか。少し昔風(1963年の本ですから)の言い回しも、なんだか趣があってよいのです。

 私はこの本を、寝る前に読んでいます。ですから、毎日数ページ、もしくは10ページくらい。進みが遅いのですが、そのおかげで、一度読み終わっても「最初のほうのお料理は何だったかな」なんて思いながら、またすぐに読み返しています。寝る前だと、お腹がすいていて、料理本を読んでいたら、何か食べたくなるのが普通かもしれんませんが、いえいえ、私は違います。心が落ち着くのですclover頭で想像して、嬉しくなって、「美味しそう」と思いながら本を閉じる。私って、ほんとに食いしん坊かも・・・sweat02

 

« 家族、助け合い? | トップページ | 弱気・・・ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/225465/36482230

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の愛読書:

« 家族、助け合い? | トップページ | 弱気・・・ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ