« 荷造りの大変さ | トップページ | まだです・・・ »

東京に戻りました

 広島の自宅から今日、午前中に引越業者さんに荷物を運び出して頂いて、母親と一緒に午後1時過ぎの新幹線で、東京に戻りました。

 本当なら、始めて広島に行った母親に、宮島や原爆ドームなど、いろいろと見せてあげたかったのですが、今回は2泊3日で引越が目的だったので、仕方なく諦めました。というか、疲れちゃって行く気力がなかったのが本音でしょう。

 夫婦でそろえた家財道具に収まっていた品物から、自分の物だけを選んで荷造りを昨日して、今日は出来上がった荷物と、元々実家から持っていった小さい整理タンスと、高さが180㎝くらい横幅が60㎝くらいの縦長のタンス、3段カラーボックスなどを、運んでもらいました。さすがに運び出している途中で、また涙が出てきました。荷物が出された部屋は、今まで住んでいた部屋とあまり変わっていません。電化製品も家財も、二人で貯金して買った物は持って来ませんでしたし、食器などもほとんど残ったままです。もちろんキッチン用具も。ただ、私のタンスがないのと、私の洋服がないことくらいでしょうか、変わった部分は。しかし、一昨日、約二ヶ月ぶりに自宅に入ったときに、すでに私のいた形跡がないくらいの雰囲気でした。旦那の趣味のランプが買ってあったり、旦那の使いやすいようにテーブルの上もコタツの上も、セットしてありました。ごちゃごちゃと私が置いてあった物は、綺麗に片づけられていました。「ああ、こんな風にしたかったんだな」と思いました。始めて広島の部屋に入った私の母親は「あんたの匂いの全くない部屋だね」と言っていました。

 母親は今日も昨日も「やめるなら、今ならやめられるよ。」と言いました。でも私は、涙が出ても、荷造りを止めませんでしたし、運び出しを止めてくれとは言いませんでした。そして、予定していたよりも一時間早い新幹線に乗って、東京に帰って来ました。

  正直、前回の離婚の時も、精神的に落ち込んで自分が変になってしまうならそれでも良いくらいの辛さでしたが、今回も違うタイプの辛さで、本当にこのまま消えてしまいたいくらいの不安定な気持ちですが、実家に帰ってくれば、心配してくれて待ってくれていた父親も弟もいます。もちろん今回一緒にいってくれた母親もいます。気遣ってくれている友人も先輩もいます。やっぱり、消えてしまうわけにはいかないのです。明日は旦那との最後の話し合いですから、もっと落ち込む可能性がありますが、乗り越えて生きていくしかないと、思っています。というか、自然にまかせて生きていきます。

« 荷造りの大変さ | トップページ | まだです・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/225465/32898433

この記事へのトラックバック一覧です: 東京に戻りました:

« 荷造りの大変さ | トップページ | まだです・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ