« ああ、ショック! | トップページ | 読書の秋? »

うちのトイレはフレグランスの香り

 おトイレにフレグランスなんて~、と思わないで下さいね。いや、そうなのですが、実は以前も書きましたが、私、フレグランス好きなのです。どうもさかのぼって考えてみると、大学生の頃から、母親にもらったラルフローレンのオードトワレをつけていました。で、会社に入社してからも、ボーナスをもらったりるすると、新しく発売されたフレグランスを買ったりしていました。

 それが近年、もっともっと好きになり、ここ5・6年でかなり集まりました(と言っても50種類とかではないですよ)。試供品なども入れると結構あります。ところが、買ったり頂いたりしたのは嬉しいのですが、50mlとかのオードトワレやオードパルファンは使い切ることがほとんどありません。30mlで、やっと使い切るかどうか。それは結局、いろいろありすぎて、その時の気分によって、香りを変えていたからなのです。種類や本数は増える、置き場所も困る、その上、しばらく使っていなかった物が変色し始めたことに気がつき、ふとある記事を思い出しました。新聞の小さい記事でしたが、「トイレの芳香剤の代わりに、使っていない香水を」という内容でした。な~るほど、と思い、記憶の奥にとどめておいたのです。その時にはまだ、フレグランスをトイレになんて、と考えていたから。しかし、何年も使っていなかったり、試供品で頂いた香りで、これは自分はつけないなと思った物は、考えてみたら捨てるのももったいないし、そのまま置いておいても困るし・・・。で思い出したのです。

 富山にいる頃から始めましたので、今年に入ってから、試供品のものや、使っていないオードトワレを、トイレでシュッとしています。時々ですけど。もちろん、その、なんですか、「匂い」が換気扇で消えてからです。あまりシュッシュしすぎても、旦那がトイレから出てきたら、女性用の素敵な香りが洋服についちゃった、なんてことになったら大変ですものね。

 義母にも言われたことがあるのですが、義母は一つの香りを自分用にずっと使っています。そういうのも自分の香りとしていいわよ、なんて言われたこともありますが、まだまだそんな気持ちになれずに、いろいろと使っていました。しかし、ここ数ヶ月、何となく考えが変ってきました。自分が好きな香りが決まってきたのかもしれません。夏用・冬用と使い分けて、「この香りでいきますか!」というものが、何となく決まってきました。季節で分けるのは、夏には甘い香りはちょっと重い気がしまして(しかもどうも、蚊が寄ってくるような気がして)、さわやかな感じのタイプにしようと思い探していたら、見つかったのです。夏用・冬用、あとはもう一種類くらいを自分の香りの定番にしようかと、今、考え中。ということで、あまりにもご無沙汰のフレグランスは、これからもトイレちゃんで活躍して頂こうかと思っています。結構いい気分ですよ。おトイレに入ると良い香りで。

« ああ、ショック! | トップページ | 読書の秋? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うちのトイレはフレグランスの香り:

« ああ、ショック! | トップページ | 読書の秋? »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ