« 呉の大和ミュージアム | トップページ | 食べたくて食べたくて »

それでも妻の立場として

 シルバーウィークと呼ばれたこの5連休。プチ家出&家事放棄から始まって、昨日までの5日間。めずらしく夫婦一緒の時間が多かったです。

 今までは、5連休という休みがあれば、必ずと言っていいほど、前後に有給休暇をとって、旦那と共に実家に帰省していました。しかしさすがに広島からでは、5連休では帰省するだけで疲れてしまいますし、ましてや有給休暇が残り少なくて、しかもつい先月お盆休みで取ったばかりの状況では、無理です。結果、珍しく5連休とも夫婦自宅にいることになったのです。が、まずは初日に私のプチ家出と家事放棄。一応、話し合いはしたものの、何となく仕方なく、二人しかいない状態では、ケンカや無視の関係が続くと本当に家庭崩壊につながってしまうので、しこりは残っているものの、一緒にいるしかない。で、休みだからどこかへ行ってみようということで、呉に行ったり、外食したり。またこの連休中に、前から決まっていたことで、旦那がお世話になっている方のご自宅に伺うことにもなっていました。

 本当に、もう実家に帰ってしまうほどの一大事になっていれば、何とでも言い訳があったのでしょうが、私も結局、そこまでにはいたらずに、やっぱり夫の立場を考えたら、妻の立場としては、ここはケンカしていようと、しこりが残っていようと、とにかく伺うことが大事だろう、ということになります。プチ家出していた当日、ちゃんと手土産まで買っていましたから。女って不思議ですよね。感情的になっていても、「妻という立場」を冷静に考えている自分がいて、そうなると、もし本当にご自宅にお邪魔することになれば、手土産の一つも持っていかなければいけない。旦那はそこまで気がつく人ではない=私が用意しなければ、夫婦共に、もしくは旦那が今後、常識を疑われる事態に陥る=あのうちの奥さんはそんな常識も知らないのね、と思われるであろうことまで考えて、ちゃんと用意しちゃってる自分が、何とも言えない。これがもっと若くて、20代も前半とかいう年なら、「仕方ないな、若いから」ですみますが、私の場合は、旦那は8歳下で若くても、でも私はもう大人です(年齢だけ)。感情に押し流されてばかりは、いられないのですね。

 実際に、伺ったお宅では、本当に楽しく、嬉しい時間を過ごさせて頂きました。私は初対面の方と、よほどの事情がない限りは、楽しく過ごすことが出来ます。それなりに緊張してはいるものの、そんな中でも楽しさを発見してしまえるのです。だから、実は、旦那のお世話になっている方でも、友人でも知人でも、「一緒に行こう」と言われれば、今までも一緒にいろいろな方にお会いして来ました。彼の「妻」になってからも、「妻」としてお会いしてきました。それは、旦那の立場もあり、また私の「妻としての立場」もあり、さらに、自分には新しい土地で知り合いがいないから、少しでも自分の輪も広げたい、という意味合いもあります。

 でれでも、ケンカしている時とかは、結構辛いな。仲良いフリは、なんかマジで仮面夫婦だもんね。一応、今のところ「仮面夫婦」まではなっていないと思うし、そんなになってしまったら、たぶん私は、妻の立場を放棄するでしょう。「妻の立場として」なんて考えていられる間は、まだ大丈夫ってことかな。

« 呉の大和ミュージアム | トップページ | 食べたくて食べたくて »

結婚」カテゴリの記事

コメント

アローナさん、コメントありがとうございます。
体調はいかがですか?無理はしないで下さいね。
私は偉くなんて、ないですよ。結局は自分が他の人にどのように評価されるかを、とても気にしているのだと思います。
そうでなければ、「妻の立場」なんて考えませんよ、きっと。
旦那とは、まあ、仮面夫婦とまでは今のところなっていないので、とりあえずこのまま頑張ってみます。
旦那も仕事で精一杯だと思うので、様子を見ながら生活していきたいと思ってます。

サラさん、いつもありがとうございます。
連休明けのお仕事、気持ち的に行くのが辛いですよね。お疲れ様です。
それなのに、私のブログにコメントくださって、本当にありがとう。
なんかね~、どうもね~、やっぱり溜まり溜まっているっていうか~。私も過去のことを引きずるからいけないのでしょうけど。
覚えているのって、良くないですね。忘れちゃった方が本当に良い。
旦那の方は、過去の自分がしたことも覚えてないから、されたほうは覚えているじゃないですか、あまりの怒りで。それが溜まっているんでしょうね、きっと。
こうやって時々、プチ爆発していれば、まだいいのかもしれません。これが大爆発したら、大変なことになります。
サラさんが言うように、誰か害の及ばない、話しても大丈夫な人に話して聞いてもらうのが、本当は一番良いですね。
早く広島で、そういう友人が出来るといいと思っています。
ところで、「救命病棟」、私、最終回は完全に診られなくて残念でした
再放送を期待したいです。

ケロさんは偉いですね。
素晴らしいと思います。
きちんと大人の対応ができるって、すごいことだと思います。
夫の立場からするとそういう配慮ができる妻というのは、どんなにありがたいか。
旦那さんも気づいてらっしゃるといいのですが。
自分は結婚してそういうことも重要なんだと感じてます。
仮面夫婦を演じるのは苦痛だとは思いますが、
多少でも気晴らしになったのであればよかったですね。

ケロさんへ
5連休が終わってしまい、仕事に行くのが辛い・・・というか行きたくな~い!という木曜日でした
「もうすっかり仲直り!」かと思いきや、ケロさんの中では何かがしっくり来てないみたいですね。
喧嘩の原因については全く予想がつきませんが、もしかして一人胸の中に溜まってるものがありますか?
うちの場合、旦那と話し合ってもなかなかすっきりすることってないのは何故でしょう?通じてるようで通じてないような?どこか食い違ってるような?
まあそれはあくまでもうちの場合ですが(笑)
そういう時は、誰か害の及ばない人、話が大きくならない人に聞いてもらうのが一番ですよね。自分の中での整理が出来るかもしれません。
私の場合、O型のせいかあまり尾を引かなくて(笑)しかも相手がちょっとでも思いやりの態度を見せてくれたら、それでもう大抵のことは許せちゃうの。
それって「歩み寄ってるよ」っていうサインだと思うんです私は。
でもまあ、夫婦ってのはまだよく分かりません(汗汗)
秋のドラマがどんどん終わっていく中で「救命病棟24時」の超ロング最終回を録画してあった分を一人で見ました。今回は大きなテーマに取り組んだ感がありましたが、やっぱり最後は「人」ですねえ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それでも妻の立場として:

« 呉の大和ミュージアム | トップページ | 食べたくて食べたくて »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ