« 昨日も今日も御徒町 | トップページ | 今回は子宮頸ガン検診も »

地元のお祭り!

Photo  東京の実家の地元で、お祭りがありました!約5年ぶりくらいに見に行きました。しかも今年の祭りは、4年に一度の本祭りと呼ばれているもので、地元の神社の氏子である、町会の全ての御神輿が一同に揃って、午前中に出発する回と、午後それぞれの町会に戻って出発する回と、二度ありました。(ちなみに、昨夜も御神輿は出ていたのですが、私は見に行きませんでした。)

 その4年に一度の本祭りの、十何基御神輿が並ぶ午前中の回は、なんと、うちの実家のマンションの前の道に並ぶのです。昨夜から「これは、明日の朝は早くから、お囃子やら祭りの音やらで、寝てられないな」と思っていたとおり、なんとまあ、朝の7時半から、お囃子の音に起こされたのです。まあ、その後、御神輿が一同に並んで出発するギリギリまで寝ていて、マイクを通しての挨拶やその他の出発前の行事が終わった頃に、バッと起き出して、急いで着替えて帽子とサングラスだけの日焼け防止をして、飛び出していきました。

 晴天の下、実家の弟が参加している、地元の町会の御神輿を探して、先に見に出かけていた母親を探して、御神輿が出発するのを見届けました。本祭りの御神輿を見ることが出来るなんて、本当に久しぶりであり、数ヶ月に一度帰省しているにもかかわらず、なかなかお祭りを見ることが出来なかったのに、こうして本祭りの時に見ることが出来たのは、何だか厄落としをしたような、そんな気持ちになりました。

 午前中はマンション前の道から出発する御神輿を、しばらく見ていただけで家に戻りましたが、午後は御神輿が宮入りするのを見たかったので、両親と一緒に夕方に出かけました。30分以上は、御神輿が宮入りするまで見ていました。弟が「青年部」に所属していて、彼が御神輿を担ぐのを写そうと、デジカメでシャッターチャンスをねらっていたのですが、「青年部」は基本的に担ぐのではなく、御輿の運営なので、残念ながら担いでいるシーンは写せませんでした。しかし、地元の昔からの知り合いの方に、何人もお会いして、何だか心が、ほんわかしました。やはり生まれ育った場所は、良いな、なんて思ったり、私も病気を発症する前は御神輿を担いでいましたから、懐かしくなったりして、ちょっとセンチメンタルな気持ちになったりしました。

 さて、5年ぶりに御神輿を見ることができたので、気持ちも新たに、そろそろ自宅の名古屋に戻る準備です。

 

 

« 昨日も今日も御徒町 | トップページ | 今回は子宮頸ガン検診も »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/225465/29553522

この記事へのトラックバック一覧です: 地元のお祭り!:

« 昨日も今日も御徒町 | トップページ | 今回は子宮頸ガン検診も »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ