« まさか・・・そんな・・ | トップページ | 手作りです! »

そうか、旦那もだったのか

 ここしばらく、ちょっとしたことで旦那と口喧嘩になったり、旦那の態度などについても、私はかなり落ち込んだ時がありました。ブログにも書いていました。で、私自身も体調が今一歩だったり、他の事もあったせいか、物事を前向きに考えられない状態だったのも確かです。どうしてこうなってしまうのだろうと、結構悩んでいました。

 ただ毎日の生活はしていかなければならないわけで、趣味のフラメンコをしたり、料理をしたり、何だかんだとその都度ストレス発散しながら、やり過ごしていました。しかし一昨日の夜も、ちょっとしたことで、口論になりました。それは旦那が一昨年の夏にハワイに出張した際、私に「コーチ」というアメリカのブランドの鞄を買ってきてくれたことでした。「今だったら韓国ですごく安く手に入ったのにな」、なんて言い出したのです。私はブランド物のバッグなど持った事がなくて、買って欲しいとも言ったことがありませんでしたし、サプライズのお土産で、ものすごく嬉しくて、もう何度も使っています。(でもお出かけ用に)ところが後で知ったのですが、それは義母が旦那に「ハワイに行くなら、ケロさんにコーチのバッグくらい買ってきてあげなさい」と言ったことがキッカケだったらしいのです。なるほど・・・どうりで・・・、と納得しました。でも買ってきてくれたことに感謝していたのですが、今頃になって、円高が進んで、韓国なら今なら安く手に入るのに、なんて言われて、私はとても嫌な気持ちになったのです。「だったら、無理に買ってきてくれなくて良かったのに」と言い返してしまいました。そうしたら旦那は「そんな意味じゃなくて、分かんないかな。ただ今なら韓国で安く買えたのに、ってことだよ!!ただそれだけだよ!何で分からないかな。そうね、って言ってくれれば良いだけじゃないか。いいよ、分からないなら。」と、怒ってしまいました。

 それは「自分からケロに」と、進んで買ってきてくれたわけじゃなく、義母が言ったから気持ちがそうなったわけで、だからこそ、そこそこ高い鞄で、外国製品だから、今頃円高で安くなって残念だったと思ったのでしょう。私は一生懸命、でも買ってきてくれて嬉しかったことや、何度も使ってること、今はどっちにしろ韓国なんて行かないでしょう、といろいろと言いましたが、上記のような反応をした旦那の機嫌は直りませんで、私が「そうね、ごめんね」と折れたのでした。うちの旦那は、今まで私に買ってくれた物で、その後、値下がりしたと思われる品物があったとしても、「今だったらもっと安く買えた」なんてことは、一度も口にしたことはありませんでしたから、逆にこちらが今頃になってそんなこと言い出すなんて、と驚いたくらいです。でも私も納得しきれないでモヤモヤしていましたら、昨日、ある本を読んでいて、ふと気付きました。もしかして、旦那は何か考え事、もしくは悩み事、心配事などあるのではないか、と。

 サンマーク文庫「小さいことにくよくよするな!愛情編」という本を読み返していて、そう感じたのです。考えてみれば、私自身、イライラしたりちょっとした事を気にしたりして、旦那の一言で傷ついたり落ち込んだりする時は、体調が悪かったり、他の悩み事があったりする時が多いです。ということは、旦那にもそういう時があるはずです。旦那の場合は、主に会社・仕事関係でしょう。仕事のことは私にはあまり言いませんので分かりませんし、いちいち私に言ってもキリがないのでしょう。思い返してみれば、年末年始は友人達と飲み歩いたり遊んだり、年明けには東京出張中は夜になると懇親会の連続、帰ってくればPCや携帯に夢中、何かちょっとしたことで言い合いになる、これは今までにあまりないことです。もしかして旦那も何かに悩んでいるのか、なんて思いました。自分があるのだから、旦那にもそういう時があるはず。そうか、旦那もそうだったのか、と自分流に解釈しました。

 さて、とりあえず、何が原因で旦那がイライラ気味なのかは良く分かりませんが、私自身あまり深く考えずに、さらっと受け流しながらやってみよう、と思いました。そりゃあそうですよね。専業主婦の私でさえ、いろいろなことがあってイライラするのに、仕事で大変な男性が、家に帰ってきてまでいつもニコニコ、話の分かる人でいられるわけがないですよね。まあ、それにしてもうちの旦那は気分の上下がある人ではあるのですが。時にはこんな風に、理解のある妻の役もしてみよっかな。

« まさか・・・そんな・・ | トップページ | 手作りです! »

結婚」カテゴリの記事

コメント

サラさん、サラさんは本当に旦那様のことを考えているのですね。私には良く伝わってきます。気持ちが良く分かります。
でも男性は、なかなか分からないと言うか、分かっていても言葉にしないというか。
何かで悩んでいて、ペラペラと話してくれる人と、無口で自分で考えるタイプと、半分言って半分考える、みたいないろいろな旦那様がいると思うのですが、だいたい仕事のことは妻には中々分かりませんよね。だからといって、話しても解決しないから話さない、せめて家にいる時は考えたくない、と思っているのは、多分うちの旦那だけではないと思うのです。
そこで、「この人ちょっと何か悩んでいるのかしら」と気付いたら、サラさんのように旦那様の好きな甘い物を買っておいたり、体に優しい料理を作る、などの妻にしか分からない、妻にしか出来ない心遣いが一番、良いのではないかと、コメントを読ませていただいて思いました。それで充分な気がします。
でも自分の体調や気持ちが落ち着いてないと、中々旦那様の気持ちも理解する余裕がなくなりますよね。どうぞサラさん自身のお体、大事にしてください。
もう2月も中旬に入ります。本来ならもっと寒いはずなのに、何だか春の前兆みたいな陽気ですね。でももう一度くらい、雪が降るでしょうか。本当の春が待ち遠しいですね。

こんばんわ(^^)
コメントにコメント、いつもありがとうございます。
今日のブログはまさにタイムリーなお題でしたね!
本当にそうなんですよね。
責任のある仕事を任されていけばいくほど、大小のストレスや悩みは増えるのでしょう。
それに旦那の悩みも大まかには分かってはいるんです。でも私がどうしてあげることも出来ないことばかりで・・・
分かっていても出来ないことばかり。具体的な方法や言葉がなかなか見つからないのです。無視するでもなく、反発するでもなく、ちゃんと分かってるからねって伝わる方法ってないものでしょうかね。言葉が思うように伝わらない時ってありませんか?
仕方なく、私の場合は体に優しい料理を作ったり、好きな甘い物を買っておいたりしてます。
それなのに、時々「大外れ」な時もあって残念みたいな(笑)
ちなみに、私はフルタイムの仕事ではないんですよ。自分の体力に自信がないのと、旦那に手伝いは期待できないのとで、少し短めの仕事です。それでも今回の仕事はなかなか環境に慣れなくて疲れているのでしょうね。
「結婚とは修行である」という言葉を誰かが言ってました。本当にそうだなあ~って思ってます。
さて、立春が過ぎましたね少しずつ夜明けも早くなってきたし、春が早く来ないかなあ、なんとなく。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そうか、旦那もだったのか:

« まさか・・・そんな・・ | トップページ | 手作りです! »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ