« なんちゃって手相 | トップページ | 眼科に行って一安心 »

薬を減らす相談してみたけど

 今日はベーチェット病の主治医の病院で、定期検診の日。何だか東京も、冬らしく風が冷たく感じる日でした。が、お天気はまあまあ良くて、バスに乗って病院へ向かう途中で、川を渡るのですが、真っ青な空を見ながら、何となく憂鬱な気分でした。どんな症状の場合でも、体調が良くても悪くても、一人で病院へ行く時は、何となく憂鬱なのです。年に一回は旦那が一緒に付いてきてくれますが、その時は自家用車で一緒に行きますから、一人ではない分、話をしたりしながら気がまぎれるのでしょう。あとは母親が付いてくるのは、今までで入院時の時だけなので、そんな時は、体が辛くて憂鬱も何もなく、ただ病院に行くのが目的で、なんとしても早く病院へ着きたい!と言う気持ちです。いつもの定期検診の時が、何となく一人で寂しいのでしょうね。わがままです。

 さて、今日は、思い切ってステロイド薬である、内服中のプレドニンを、一日10㎎から減らすことが出来ないか、という相談を主治医にしてみました。血中のコレステロール値も高く、何となく副作用なのか、ただ重力に負けているのか、顔の頬がふっくら下がっている感じも気になっていましたから。でもやはり、このままの方が良い、とのことでした。他に、ステロイド薬でない、別の薬もあるけれど、その薬は副作用として、不妊になることと、他にもステロイドとは違う副作用が出るようで、使ってみないと症状も今のように治まった状態になるかどうか、分からないとのことなのです。せっかく今は、時々、前回のように白血球が高くなったり、間接痛の数値が正常値より3倍になったり、不安定な時がありますが、症状としては悪化することがありません。副作用も、顔の件、コレステロールの件、その他には目立ってないと思います(もしかしてそれらは副作用ではない可能性もありますしcoldsweats01)。だとしたら、他の薬に変えたりする必要性はないのだろうし、時々数値的に安定していないなら、やはりプレドニンの量も、減らさない方が良いのでしょう。先生もそう考えていらっしゃるから、減らさない、このままの量が、私の今の維持量だと判断しているのかな、と思いました。

 まあ、ちょっとガックリしましたが、仕方ないことです。日常生活を、とりあえず普通に送ることが出来るのですから、今のままプレドニンを続けて、また自分が何か考えることがあれば、主治医に相談しようと思い、この件はこれでおしまい。あまりぐずぐず考えていると、「なぜ病気になったのか」と、最初の段階まで戻って考え込んでしまいますから。帰りがけに、大好きなパン屋さんで、いつも買うパンと、他に好きな調理パンも買ったりして、気分転換して帰ってきました。さて、明日は眼科です。一応、前回行った時には、目の下瞼にバイ菌が入って腫れてしまっていて、瞳孔を開いての検査が出来ませんでしたので、明日はしっかりと見て頂こうと思います。

 

« なんちゃって手相 | トップページ | 眼科に行って一安心 »

病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/225465/25815809

この記事へのトラックバック一覧です: 薬を減らす相談してみたけど:

« なんちゃって手相 | トップページ | 眼科に行って一安心 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ