« 能登一泊二日の旅 | トップページ | 私、キレました。 »

続・能登への旅

 21・22日で富山の自宅から、能登半島へ車での小旅行に出掛けた私達夫婦。21日は昨日のブログに書いたように、能登半島の左側の海岸沿いを車で走り、先端の狼煙まで行って、今度は宿泊する旅館のある九十九湾まで、また海岸沿いにドライブしなが向かったのでした。その先端の狼煙(のろし)で、すでに出発から旦那は3時間は運転している計算になります。そろそろヘロヘロしてきました。それに雨も強くなってきて、残念ながら景色はあまりよく見られませんでした。(出来れば、火サスのような断崖と日本海の、曇り空の風景を望んでいたのですが、ちょっと無理でした)

 目的の旅館に着いたのは、午後5時くらいだったでしょうか。門を車で入ったときに、歴史のある旅館だと思いました。駐車場に止めて、旅館の方が外まで傘をさして迎えに来て下さっていて、荷物とともにやっと到着。中に入ると、まずは待合スペースでウェルカムドリンクが出てきました。ほっと一息です。そこで宿泊カードなど書いていると、団体のおばちゃんやおじちゃん達が、ワイワイと通り過ぎて行きました。私達は顔を見合わせて笑ってしまいましたが、私は年を重ねてもあんな風に仲の良いグループで、こういう所に旅行できるのがとても羨ましい。私もそうなりたいものだと思いました。

 私達が案内されたのは、和洋室の素敵な一室。洋室部分にベッドが二つ、和室部分にテーブルや座椅子、お茶セットが置いてあり、仲居さんがお茶を支度してくださいました。その時、私は気になっていた事を聞いてみたのです。なんと、旦那がこの旅館を予約した際に、ここは「お○けさんが出る」という噂を聞いたらしいのです。私は実際に見えませんが、感じることがあります。でもこの旅館に着いたときに、「歴史がある、古い旅館だ」とは思ったけど、何も感じはしませんでした。仲居さんも5年働いているけど、お会いしたことはないとのこと。ただ、建物自体は40年くらいはあるらしく、リニューアルをしてあるから中は新しくなっていましたが、建物は古いのでしょう。室内の洗面所へのドアやトイレ、バスルームのドアの高さなどが、多分180センチくらいで、旦那はちょいとかがみ気味で通る感じでした。歴史のある旅館だから、そんな噂もあったのでしょう。

 夕食の前にとりあえずお風呂へ。時間帯によって、男女が入れ替わる展望風呂と、洞窟風呂。私は何度もお風呂に入ると疲れてしまうので、展望風呂だけ入ったのですが、旦那は2種類とも、一泊二日で計3回も入ってました。ちなみに女性は浴衣を自由に選べることができて、ちょっと素敵な浴衣と帯でいい気分でした。夕食はもう食べきれないほどの会席料理。大瓶のビールなんか二人で飲んじゃって、いい気分でした。特に刺身の量の多さにびっくり。さすが海沿いの旅館。お肉料理も小さな鍋で焼いて、さらに海鮮しゃぶしゃぶまでありました。お腹か曲がらない、キューピーちゃんのようになって満足満足で部屋に帰り、夜はゆっくりとなぜか「男たちの大和」をテレビで見てから就寝。旅行に行くと中々寝付けない私も、すぐに寝付けてぐっすりと眠りました。

 翌朝の朝食もたっぷり。九十九湾がすぐそこに見えるお食事処で頂いて、いわしとアジの焼き物は、食べた後の頭や骨を、湾に浮いている鴨(?)に投げるとキャッチして食べるのです。朝から楽しいイベントつきでした。大変楽しく、美味しい時間を過ごして、チェックアウトの制限時間より少し早めに旅館を後にしました。二日目はだんだんと天気も晴れてきて、能登島に寄るためにツインブリッジという橋を渡る頃には、快晴!能登島では「石川県能登島ガラス美術館」を見ました。この美術館はドームを使った大変めずらしい形の美術館で、館内そのものと、展示されているガラスの美術品と、とても楽しむことが出来ました。また、美術館に併設してあるちょっと素敵なカフェで、ケーキとコーヒーなんて飲んでしまいました。

 美術館を最後に、帰途に着きました。早めの帰宅でしたが、疲れがあまりたまらないようにと、家についてゆっくり出来る時間を残しました。無理のない一泊二日の旅。一年に、2回くらいの小旅行ですが、本当に旅行というのは、良いものですね。リフレッシュできて、いつもと違う空間・場所で、様々な風景を見て、それがストレスを流してくれるようです。持病がありながら、ここまで回復して、小旅行ならOKになってきた自分の体に感謝。そして、連れて行ってくれる旦那に感謝の旅でした。

« 能登一泊二日の旅 | トップページ | 私、キレました。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・能登への旅:

« 能登一泊二日の旅 | トップページ | 私、キレました。 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ