« 始めての六本木ヒルズ! | トップページ | 今日は有楽町、明日は南青山 »

大好きなマンガを再読

 今日は実家で休日。な~んにも予定がない日でした。しかし体が疲れていて、肩は痛いし、首も凝ってるような感じだし、何となく喉も調子がよくないし、ちょうど予定がなくて良かったです。一日実家でだらだら過ごし、明日も明後日も夜の食事会があるので、そのために体を休めることにしました。

 さて、それにしても何をしようかな、と思い、ふと、先月に帰省したときにもそうだったのですが、大好きなマンガを再読することにしました。私は学生の頃、マンガ大好きで、週刊誌も月刊誌も、少年マンガも少女マンガもよく読みました。単行本は最高の時で、家に300冊以上はありました。今の実家のマンションに引越してくるときに、さすがに置く場所も本棚もないので、仕方なく大好きなマンガだけ、100冊くらいにして持ってきました。さらに結婚の時にやはり本を整理して、マンガは今、実家に60冊くらいでしょうか、残してあります。その中から、今日は、何年ぶりか、一番と言っていいほど大好きなマンガを読み返しています。

 先月帰省したときには、槇村さとるさんの「白のファルーカ」を全巻読み返し、再度感動していました。槇村さんの作品も好きで、「ダンシング・ジェネレーション」「NY・バード」も持っています。今、ブログの背景にしている「ベルサイユのばら」も好きですし「オルフェウスの窓」も好き。結構ジャンルは問わず、「ガラスの仮面」「キャンディ・キャンディ」、竹宮恵子さんの「私を月まで連れてって」、などなど。少年マンガでは、私がボクシング好きでしたので、「あしたのジョー」は愛蔵版で全巻持っています。「がんばれ元気」も好きでした。

 今日読み返した、一番大好きなマンガとは、成田美名子さんの「エイリアン通り」です。高校生の頃に夢中になって読みました。単行本も愛蔵版でも持っていて、これは何となく、自分の青春の一部分の様な気がして、読み返すのがちょっと恥ずかしいような不思議な気分になるのです。今回は「久し振りに読んでみようかな」という気になって、読み始めました。高校生の頃、大学生とはどんな感じか、アメリカや他の国とはどんな風か、あこがれを抱きながら、何度も読んだものです。しかし、いざ自分が大学生になり、社会人になり、アメリカやフランスなど外国にも少し行き、マンガとは離れた生活をし始めて、結婚生活にも入り、読み返す機会は減りました。今回読み返したのは多分、離婚後実家に戻り、一度は読んだ覚えがありますから、その後もしかして5年ぶりくらいかもしれません。本当に懐かしく、何だか昔の若い頃の気持ちが戻ってくるような、そんな気分です。また、新しく気付く部分があったりして、その分、年を重ねたのでしょうね。

 こんな風に、昔読んだマンガを読み返す気持ちには、時々なります。その時その時の気分によって、読む物も違います。どうしても手放せない、自分にとっての名作マンガは、実家にもう少し保管してもらっておいて、帰省した際に、ちょっと昔の思い出に浸りたいときにでも取り出して読みたいと思います。特に一人で実家に帰省中の時なんかは、結婚前の気持ちに戻った気がして、新鮮だったりして。

« 始めての六本木ヒルズ! | トップページ | 今日は有楽町、明日は南青山 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大好きなマンガを再読:

« 始めての六本木ヒルズ! | トップページ | 今日は有楽町、明日は南青山 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ