« 「魔王」「ヤスコとケンジ」など | トップページ | 親友が手術 »

ジャズダンス発表会

 昨日、フラメンコで一緒に汗を流している知人の方から、市内で教室をいくつか開いているジャズダンス教室の合同発表会があるとのことで、チケットを入手して頂き、旦那がどうしても一緒に行きたい、と、ごねるので、旦那も一緒に見に行ってきました。

 会場は富山駅前のビル7F。半円形の小さめの舞台で、客席も200くらいでしょうか。非常に良く見える舞台で、照明や音響の設備も、しっかりと整っている感じです。ジャズダンスの先生は、もちろんプロの方ということになるわけですが、いくつかの教室の生徒さんは、小学生から一般の方まで、よさこい舞踊のチームも出演していましたので、どうやら最高齢は70歳代の方までいらしたようです。(新聞に載っていました)私達夫婦は、市電で駅前まで行き、開演15分前に会場に入ると、すでにフラメンコの知人が席を取っておいてくださいました。しばらくして開演、小さな会場だけにまるでライブのような音響です。

 さて、その内容にびっくり!!1部2部と、私達は両方見させていただいたのですが、多分お客さんは、ほとんど出演者の身内の方でしょう。しかし、出演している生徒さんは、小学生はともかく、中学生以上高校生など、女性のみですが、まるでプロの踊りのようです。曲目も最近のアムロちゃんの曲や、宇多田ヒカルさんの曲、武富士のCM曲など、踊っている学生さんも楽しんで踊れるように工夫されていますし、衣装もきらびやかで素敵。先生とその娘さん(娘さんもプロらしいです)も一緒に踊る曲は、本当にプロのダンス舞台です。私も高校生の頃から、ジャズ体操(これはジャズダンスの要素を取り入れた体操です)やエアロビ、日本舞踊など、踊り関係は自分で多少経験があり、発表会も出たり、司会をしたり、取材をしたりしましたが、これほどレベルの高い教室の発表会を見たのは始めてでした。1部と2部の間に一時間ほど時間があり、うちの旦那も交えて、フラメンコの知人の方と3人でお茶したのですが、うちの旦那は何と、ジャズダンスを知らなかったらしく、ジャズの曲に合わせてゆるやかに踊る踊りだと思っていたそうです。始まったら、あまりにも激しいので、びっくりしたと言っていました。そのコメントに、聞いているこちらはびっくりしましたが。

 それにしても、中高校生や若い方、もちろん一般の方も、何曲も出演されている方がいて、本当にその体力と気力に驚きました。私も、昔を思い出しました。自分も若い頃はいろいろとやったな、もう一度やりたいな、なんて考えもしましたが、やっぱ無理です。その時その時に出来る、やりたいと思う事をするべきだろうな、と思いました。今は、フラメンコ。後は、病気と共存しながら、体調維持。でも、いつでも、してみたいことに挑戦する気持ちだけは持ち続けたいです。昨日のジャズダンスの発表会を見ていて、好きなことをしている時の、皆さんの目の輝きが違いますから。自分もいつもああいう「輝き」を持っていたい、と気付かされました。

« 「魔王」「ヤスコとケンジ」など | トップページ | 親友が手術 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズダンス発表会:

« 「魔王」「ヤスコとケンジ」など | トップページ | 親友が手術 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ