« 自分の性格が嫌 | トップページ | 恒例の帰省です »

膠原病の闘病記

 元宝塚の男役トップスターで、現在女優として活躍している、安奈淳さんの膠原病闘病記、「安奈淳、膠原病と闘う」と読みました。

安奈淳、膠原病と闘う―生まれ変わった私 Book 安奈淳、膠原病と闘う―生まれ変わった私

著者:安奈 淳
販売元:法研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 私は宝塚ファンでしたが、安奈淳さんの舞台は見たことがありません。小学生の頃、友人が熱狂的な宝塚ファンで、特に「ベルサイユのバラ」が好きで、部屋にポスターを飾ってあったのですが、多分、その頃のポスターに、オスカル役に扮した安奈淳さんがいたかもしれません。私がよく舞台を見に行った時代は高校生の時で、男役トップスターは、大浦みずきさんや、剣幸さん、高汐巴さんなどの頃でした。ただ歴代の宝塚スターは知っていましたので、安奈淳さんのことも知っていたのです。

 私がまだ膠原病であるベーチェット病を発症する前に、テレビで安奈淳さんが、実は膠原病で生死をさまよった、という体験を話されているのを見た覚えがありました。安奈さんの膠原病は、代表的な病気である「全身性エリテマトーデス」といいます。膠原病は種類がいといろとありまして、その代表格がエリテマトーデス(略してよくSLEと言われています)。私のベーチェット病は、近年膠原病の仲間に入ったようです。自分が膠原病の一種であるベーチェットだと言われたときに、「ああ、聞いたことがある。膠原病。」と思ったのは、その安奈淳さんの話を知っていたからでした。

 病気の種類は違いますが、この闘病記は、私を大変励ましてくれるものでした。安奈さんはずいぶんと前からその症状が出ていたようですが、やはり舞台女優さんですから、舞台をあけるわけにもいかず、無理をされていたようです。(スポーツ選手や俳優さんは無理をされますよね。普通の方でも我慢してしまうことが多いですが)30才代の頃にはC型肝炎、その後も髄膜炎やレイノー症状なども患っていたようです。そして53才のときに緊急入院で生死をさまよい、様々な検査と先生方の診断から、全身性エリテマトーデスと診断されたそうです。本当にいろいろな症状を併発して入院されたようで、大量のステロイドを投入して治療し、さらに肝炎のインターフェロン療法もされたそうです。約二ヶ月の入院を経て退院されてからも、薬の副作用である「うつ」の症状に悩まされたことが書かれてありました。私とは病気も違うし、その進行度や重症度も違うけれど、こんなに大変だったのに、ステロイド薬を今も飲み続けながら、何と、現役復帰して舞台女優として活躍されているのです。しかも私と同じ量しか飲んでいないのに、女優として仕事をされているのです。これにはびっくりしました。

 安奈さんが完全復帰したのは、緊急入院して退院してから約2年かかったそうです。私は最後の入院から現在1年半。もう少ししたら、もっと活動的に動けるかしら、なんて思ってもみましたが、何といっても、宝塚出身の舞台女優さんとは、体力的にも違いがあるのでしょう。今度病院へ行ったら主治医に聞いてみようと思います。もう少し、ウォーキングなどをして体力をつければ、今のプレドニン(ステロイド薬)2錠で、何かアルバイトなどもできるかしら。それともフラメンコを週に2回できるかしら。なんて、そんな明るい未来を考えさせてくれる闘病記でした。

« 自分の性格が嫌 | トップページ | 恒例の帰省です »

病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/225465/22045569

この記事へのトラックバック一覧です: 膠原病の闘病記:

« 自分の性格が嫌 | トップページ | 恒例の帰省です »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ