« 富山の祭り | トップページ | ベーチェット病の症状 »

大人も子供も楽しめるお祭り

 昨日、ブログを書いている途中で、旦那がめずらしく午後7時半前に「これから帰る」と電話をしてきたので、あわてて書くのをストップしてしまいました。旦那は案の定、風邪気味のようで、微熱と鼻から喉にかけての痛みを訴え、早めに夕飯を食べ、薬を飲み、お風呂に入り、午後11時には寝たのでした。しかし、今日もどうやら調子が悪く、先ほど医者で診察してもらったようです。先週も平日は忙しく、土曜はほとんど家にいて、日曜はスポーツジムでトレーニングして、その後、会社で休日なのに仕事して、夕方5時過ぎから「山王まつり」に二人で遊びに行って、きっとどっと疲れが出たのでしょう。今日も早く帰ってくるように言いました。

 さて、昨日の続きです。富山市の中心部で行われていた「山王まつり」。昨日、終わりました。日曜に始めて見た、男衆がふんどし姿で担ぐ「裸みこし」にも驚きましたが、何といっても本当にびっくりしたのは、日枝神社へと続く様々な道で、千店以上も出たという露店です。私は実家近くで行われる、浅草寺の三社祭や、朝顔市、ほおづき市、など大きなお祭りは知ったつもりでいました。ところがそれらは、どちらかというと、子供達と言うより、大人が楽しむお祭りのイメージです。それを「山王まつり」に行って始めて感じました。

 日枝神社へと向かう道々に、たくさんの露店が並び、中にはすごい行列の「カステラ」屋さんもありました。あれはきっと有名な屋台なのでしょう。私が見たことない露店もありました。思わず食べてしまったのは、「チヂミ」と「トッポギ」。韓国フードの屋台があったのです。まるで韓国で食べたときみたいに嬉しくなって、飛びついてしまいました。それから、四柱推命の占いや、コンピューター手相もありました。一般的な、お好み焼き、焼きそば、クレープ、果物の水飴、最近では焼き鳥のほかにも、氷見牛とか何とか牛の串焼きも売っていますね。旦那が大好きな「じゃがバター」、最近のお祭りではあまり見なくなった「金魚すくい」「ミドリガメすくい」。おもちゃの鉄砲で棚に並べられた商品を打ち落とすやつ(名前が分かりません)。生まれて初めてお祭りで見たのは、神社の境内にあった「お化け屋敷」。子供達が列に並んで待っていました。本当に子供、中高生、家族連れがいーっぱい!こんなにたくさん子供達がいっぱいで、規模の大きなお祭りは、初めてでした。

 本来、地域のお祭りは、こうした子供達が楽しめるものであった方が良いなあ、と感じました。大人が楽しむのも良いのですが、大人の迫力に負けて、怖く感じたりつまらなく感じるのは、残念ですよね。私も思い返してみれば、実家そばの三社祭を好んで見に行ったのは、大人になってからでした。子供の時には御神輿が怖くて、見ていても楽しくなかった記憶があります。それはそれでお祭りの形なのですから良いですし、私は三社祭も好きですが、今回始めて富山の「山王まつり」に行ってみて、子供も大人も楽しめる、良いお祭りだと、本当に思いました。旦那と二人で、いろいろな物を屋台で食べながら、ビールを飲んだりして、ちょっと楽しみすぎたつけが、旦那の風邪と、私の体調がちょっと崩れたことかな。楽しくても、遊びすぎに注意ですね。

 

« 富山の祭り | トップページ | ベーチェット病の症状 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人も子供も楽しめるお祭り:

« 富山の祭り | トップページ | ベーチェット病の症状 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ