« 「007」シリーズ | トップページ | ひとりランチ »

なじみの○○を作る

 一昨日の土曜に、旦那の誕生日ディナーのため、近くのフレンチレストランに行ってきました。そこは前にも書いた覚えがありますが、フレンチなのにお手ごろなお値段で、とっても美味しいお店。富山駅から出ている、南富山行き方面の市電通り沿いにあります(荒町よりもっと手前にあります)。小さめのお店なので、見逃してしまうかもしれませんし、ちょっと入りずらい感じがするかもしれませんが、入ってみると、カウンター席と二人掛けテーブルと4人掛けテーブルという店内に、シェフの男性とアシスタントの若い男の子の、二人で経営しています。ランチも大変リーズナブルなお値段でしかも美味しく、量もそこそこありますので、男性客が一人で静かに食べているシーンを、何度も目撃しています。もちろん女性客もいました。夜に関しては、男女4人組みですとか、やはり男性一人で静かにワインを飲んでいる方などいらっしゃいます。ちなみに私は一人でランチを食べに、夫婦で夜に食事をしに行くことが多いですね。と言うほど、実は年中通っているわけではないのに、シェフやアシスタントの男の子は、私達のことを覚えていてくれて、今ではメニューにないニョッキなんかも作ってくれます。去年はクリスマスディナーに行ったのが最後で、今年始めて行きました。

 よく「なじみの店」なんて言い方がありますが、それほどまで通ってはいなくても、こちらのことを覚えていてくれて、気軽に話してくれるのは、私達、転勤者としては本当に嬉しい限りです。中々「なじみの・・・」と言えるまでには、通う回数と年数が必要かもしれませんが、こちらが勝手にそう思ってたりして。 いずれにしても、「なじみの店」「なじみの店員さん」「なじみの場所」など「なじみの○○」を作るには、最初にこちらから話しかけることが重要だと、思っています。

 私は東京生まれ東京育ち。一回目の結婚で長野県のある市に住んで、びっくりしました。知り合いになる方はだいたい私に「東京の人?」と、聞いてきました。雰囲気や話すイントネーションが違うので、すぐに分かったそうです。最初は全く気にしなかったのですが、だんだんとその土地に慣れてきた頃に気付いたのは、その土地出身じゃないと「よそ者」的な目で見られてしまう、ということ。ちょっと落ち込みました。しかし私は一生そこで暮らすつもりでいましたし、それよりも、とにかく働かなくては経済的に成り立たなかったので、働き始めて地元の方といろいろと知り合いになって、住み始めてから3年くらいたったあたりから、気付いたら地元の方が本当に良くしてくれるようになっていました。それは多分、私が自分からその土地の人に溶け込んでいく気持ちを持って、心を開いたからではないかと、今でも思っています。6年経って、離婚するときには、何が悲しかったかと言うと、もちろん結婚生活の破綻も悲しかったのですが、たくさん出来た友人や知人、そして仕事との別れが何よりも悲しく、寂しかったです。

 その後、東京に戻り、今の旦那と知りあい、再婚して金沢に行き、約1年前に富山に来ました。富山の方は、特に私のことを「東京もん」みたいには思わないようです。それは知り合いになった方の感じや言葉で分かります。土地柄もあるのかもしれませんが、誰でも自分の生まれ育った場所は大切に思うものです。そこに他の所から来た人が、いつまでも慣れずに、つっけんどんな態度を取っていたら、そりゃあやっぱり「よそもんが~」みたいになってしまうかもしれません。富山市は大きな都市ですから、特にそんなことは考えずに、淡々と暮らしていても充分に暮らしていけますが、せっかく住んでいるのに、知り合いの一人もいない、なじみの店の一軒もないのでは、寂しいです。自分から話しかける、自分から心を開いてみる、そうすると、「なじみの○○」が出来るのだと、私は思っています。

 まだまだ、なじみの店も少なく(ほとんどなく?)、なじみの店員さんもいませんが、それでも時々行く、果物屋さんの方に話しかけたり、ショップの店員さんに話しかけたり、自分からできるだけ話しかけるようにしています(ただ寂しいだけかしら?)。もう少ししたら、なじみの○○が増えてくるかもしれない、なんて考えなら。

« 「007」シリーズ | トップページ | ひとりランチ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なじみの○○を作る:

« 「007」シリーズ | トップページ | ひとりランチ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ