« 久し振りに「シャ乱Q」を見て | トップページ | 今年の病院始め »

お正月らしいお正月

 新年になりました。新年早々、本当は真面目に書きたいこともあるのですが、ちょっと重い話題になりますので、今日はやめておいて、身近な話題を今年初めてのブログに書くことにします。

 結婚して2年目。旦那の転勤で北陸へ行ってから、二回目のお正月を迎えました。何度か書いたことがありますが、うちの夫婦は実家が都内で、車で10分くらいの所にありますので、帰省の際には、それぞれの実家に分かれて帰るのです。私の体調のこともあってか、特に嫁ぎ先のお母さんから何も言われることもなく、お手伝いもしなくて申し訳ないのですが、年末にうちの実家と祖父母の家へ旦那が挨拶に来てくれて、年明け元旦に私が旦那の家と旦那の祖父母の家へご挨拶に伺うことになっています。本来ならお嫁さんというのは、旦那様の実家に泊まって、年末年始のお手伝いをしながら、年越しをするのかもしれませんが、うちにはそういう慣習(?)はありません。最初はちょっと変かな、まずいかな、とも思いましたが、本当はきっと義理のお母さんの方が思っているのかもしれないのに、多分私の体の具合やらいろいろと考えて、何も言わずにいてくれているのだろうと感謝して、甘えてしまっています。現に去年の、結婚して初めてのお正月は、約一ヶ月の入院から退院して10日後のことでしたので、体調も良くなかったので、このようなスタイルのお正月が定着しつつあるのかもしれません。(結構、真面目な話ですね)

 さて、昨日の2日には、なんとびっくり。バツ1姉弟そろって家族4人の水入らず状態。私は再婚しているものの実家にいて、弟は(バツ1恋人はいる)仕事疲れからか一日家にいて、父親は趣味の釣りに朝から行ってお昼近くに帰宅、母親は家事、お昼は家族四人で仲良く食事。なんとその後、午後2時からは12チャンネルで放送した10時間時代劇「徳川風雲録」を家族それぞれの部屋で視聴。両親は夕方買い物に出かけたりしたものの、私と弟はずっとテレビ。途中、うとうと昼寝したりしながら、あっという間に夕食。また家族四人で仲良く時代劇を見ながらの夕食。鉄板焼きをしながらお酒を飲みながら、ワイワイと、なんとお正月らしい。と、本当なら、それぞれ家庭があるはずの私と弟なのに、30歳を過ぎてからのこの何とも言えない、安定感のある、ホンワカした、一家団らんのお正月。良いのか悪いのか。

 私としては、ここ数年の中では一番、気持ちの落ち着いた、体力的にもあまり疲れない、それでいて楽しい、良いお正月となっています。これも実家と嫁ぎ先の実家の、両方の両親・家族のおかげです。感謝して、新年を始めたいと思いました。

« 久し振りに「シャ乱Q」を見て | トップページ | 今年の病院始め »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/225465/9702199

この記事へのトラックバック一覧です: お正月らしいお正月:

« 久し振りに「シャ乱Q」を見て | トップページ | 今年の病院始め »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ