« 「金麦と待ってる~」 | トップページ | 携帯電話のない状態 »

一人暮らしの気分

 旦那が昨日から海外出張です。一人きりの時間が多くて「うつ」になったはずですが、少しずつ脱出してきているのか、今回の出張はいつもより少し長めですけど、その分いろいろとやりたいこともあったりして、ちょっと楽しみでもありました。(旦那、ごめん)

 特に何をしたいわけでもないのですが、今日の土曜は午前中はゆっくりして、午後に少し部屋を片付けたりしたら、夜は近くのレストランでワインでも飲みながら夕食をとろうか、とか、明日の日曜は自分の「お休み」の日で、午前中ゆっくりして午後からデパートの夏バーゲンに行って、夜はデパ地下のお惣菜で夕飯にして黒霧島の水割りを飲んだりして、大河ドラマを見る。月曜は・・・・、な~んて考えていくと、結構予定が埋まってしまうのです。旦那がいて一緒の土日も、もちろん楽しみではあります。平日は何だかんだと主婦業もあります。しかし、夫がいないとなると、本当に一人です。一人ということは、ご飯を作るのも作らないのも自分次第ですし、部屋を掃除するのも自分次第。夫がいれば、やっぱり、部屋も掃除してきれいにしておかないと、とか、ご飯も食べるかどうか分からないけど、一応作っておかないと、とか、やるべき事があるわけです。まあ、それは結局、自分が夫に家事をしているんだという、アピールなのかしら。いずれにしても、それが自分の「仕事」だと私は思ってるわけです。その夫がいないとなると、何をするのも自分の好きにすれば良いのです。これは、「一人暮らし気分」だわ、と思いました。

 かつて、前夫と別居中の時期が2ヶ月ありました。その間、始めて、一人暮らしの状態を経験したのですが、離婚協議中で本当に辛い反面、ふと気付いたら、毎日していた家事を、無理にしなくても良いんだ、と楽な気持ちの自分もいました。私は結構、神経質なほうで、こうしなくちゃいけない、とか、こうするべきだ、と思ってしまうんですね。それが、一人になったとたんに、そうだ、別に毎日洗濯することもないし、夕食を頑張って作ることもない、脱いだ洋服をその辺に散らかしておいてもいいし、掃除も毎日しなくていい、パンツとブラジャーで部屋の中を歩き回っても良いし、どんな格好でテレビ見ても良いんだ、と初めて気付いたのです。(当時はまだ若かったので、夫の前でも変な格好は出来ないとか、下着姿で歩き回るとか、そういうのもしなかった気がします)これは、気持ち的に非常に楽でした。きっと本当の自分だったのでしょう。だって実家に帰ると、私は何もしませんから。家事はみんな、母親がしてくれます、今だに。ただ、子供の頃、父親がしつけに厳しかったので、下着姿で歩き回るとか、あぐらをかいたり、足を投げ出して座ったり、とにかく女の子にふさわしくないと思われる格好はさせてくれませんでした。それが別居中の2ヶ月で、自由な自分に目覚めてしまったのでしょう。離婚して実家に戻ってからは、さすがに下着姿では家の中で歩きませんでしたが。

 旦那の海外出張中、一人暮らし気分を満喫させて頂いて、帰ってきたらまた、出来る限りで主婦業を頑張ります。と言いながらも、今は年を重ねたせいか、だいぶ自分自身に甘くなり、できる限りの主婦業(けっして無理はしない)、ですし、あぐらもかいたり、暴言を吐いたり、と結構自由。いろいろなことがあって、やっと今の自分にたどりついた感じです。

« 「金麦と待ってる~」 | トップページ | 携帯電話のない状態 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/225465/7061251

この記事へのトラックバック一覧です: 一人暮らしの気分:

« 「金麦と待ってる~」 | トップページ | 携帯電話のない状態 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ