« 風邪!? | トップページ | 旅の疲れはエンタで笑い »

立山博物館他見学

 先日の3連休に、富山県新川郡立山町にある「立山博物館」に行ってきました。正確に言いますと、立山博物館そのものには時間がなくなって見学できなかったのですが、隣接(でも車移動やら徒歩やらで、博物館からは離れています)している、「立山博物館 遙望館」と「立山博物館 まんだら遊苑」の2ヶ所に行きました。

 「遙望館」の方は連峰立山の伝説を描いた物語と、立山の四季の情景を写したビデオの上映がありました。これが中々おもしろく、伝説を描いたものはナレーションが岸田今日子さんで、大変重厚でしたし、ちょっと内容的に怖くもありました。なるほど、こんな風に立山信仰が伝わっているのだな、と分かりやすかったのです。そして立山の四季を写したものは、立山の自然の素晴らしさが良く分かります。この二つのビデオは、立山博物館にいらしたら是非見ていただきたい。

 「まんだら遊苑」は、まるでレクリエーション施設&アート博物館のような印象。実際に肌で感じて、歩いて体験するのですが、結構歩きました。散歩を兼ねながら、様々な施設体験をするのですが、ここも面白かった。立山曼荼羅の世界を五感をテーマにして立体で表した施設と言うことですが、不思議な世界観で、そうですねえ、自分で触れたり歩いたりするちょっとしたテーマパークのよう。

 いずれにしても入館料などやその他、詳しいことは「立山博物館」のホームページを見ていただきたいと思います。立山信仰について、立山曼荼羅のことなど、子供さんも含めて家族で見ながら体験しながら知ることも出来、楽しめます。半日かけるつもりで行っていただきたいと思います。私達夫婦は、2時間半くらいしか時間がなくて、他の施設が見れませんでした。残念。まだまだ富山には見るところも訪ねる所もたくさんありそうです。

« 風邪!? | トップページ | 旅の疲れはエンタで笑い »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立山博物館他見学:

« 風邪!? | トップページ | 旅の疲れはエンタで笑い »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ