« 顔がぷっくりと | トップページ | 冷えに「湯たんぽ」 »

家族

 私は実家の両親と、いろいろな話をします。当たり前のようですが、若い頃は結構しているようで、していなかったような気がするのです。一度目の結婚が離婚へとなってしまったときに、当時母親から、「あんたは何も話してくれなかった」とよく言われました。話しているようで、肝心な部分は話していなかったのですね。こちらとしてはこれ以上は夫婦の問題だし、とか、たいした問題でもない、と思って話していなかったことが、実は両親が聞きたかったことだったりしたのです。もちろん心配もかけたくなかったのですが、それがかえって両親にしてみれば心配倍増だったわけです。何でも話せば良いわけではありませんが、ある程度、本音で話すのが、最近両親と出来てきたような気がします。

 家族の存在はすごいもので、私は離婚で初めてそれを本当に実感したものです。自己否定の毎日を過ごして遊び回っていた私を、家族そして親友は心配してくれて、そこに私がいるだけで私の存在を肯定してくれていたのです。私が立ち直るのを、じっと見ていてくれてるんですから、すごいことですよね。親戚も「お前が元気なら良いんだよ」と暖かい言葉をかけてくれました。そして段々と自分でも前向きに、仕事も始めて、離婚後の日常生活が私の日常になってきて、両親ともたくさんいろいろな話をしました。再婚した今は、もっともっと話しています。年を重ねたこともあるでしょうが、親に対してずいぶんと素直になってきたような気がします。素直な本音での話ができる家族や親友の存在には感謝しています。

 再婚して、今は旦那が一番身近なかぞくです。旦那とも結構、遠慮無く素直に話せていると思います。私たちは私の病気のこともありますし、子供を作る予定がありません。ということは、ずっと基本的には他人同士の二人の生活なわけで、だからこそ余計に本音で、さらに素直に話せることが大事な気がします。「素直」がポイントで、自分が言い過ぎたり、間違ったことを言ったりしたら、素直に謝ることも大事なのですよね。これは親子関係では結構、分かり合ったりしてますからわざわざしなくても大丈夫だったりしますが、夫婦だと違うような気がします。素直に謝り、素直にお礼も言う。それを忘れずに暮らしていきたいと思います。明日、旦那のいる自宅に戻りますので・・・・。(できるかしら?)

« 顔がぷっくりと | トップページ | 冷えに「湯たんぽ」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/225465/6103472

この記事へのトラックバック一覧です: 家族:

« 顔がぷっくりと | トップページ | 冷えに「湯たんぽ」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ