トップページ | 2007年3月 »

ハッピーエンド

 私は映画にしてもドラマにしても、ハッピーエンドが大好きです。もっと若いころは悲恋ものや、せつない終わり方のストーリーが好きでしたが、年を重ねるごとに、悲しい終わり方のものを見終わった後が心情的につらくなり、だんだんとハッピーエンドものを好むようになりました。涙もろいので、余計にそのようです。ちなみにせつないストーリーの映画ですと大好きなのはソフィア・ローレンさんの「ひまわり」。昨日のブログに書いた「レオン」。時代が前後しますが、「シェルブールの雨傘」も良いですよね。韓流ブームの火付け役になった「シュリ」は悲しすぎて見ているのがつらいです。

 さて韓流の波もおさまりつつあると最近は言われていますが、北陸地方で再放送中の「冬ソナ」も明日で最終回。韓流ドラマは結構好きで、ヨン様の出演作ですと「ホテリアー」がとっても好きです。冬ソナでは見られない、冷たい一面を持った役を演じていて、その役の人が主人公とかかわっていく過程で変化していき、ラブストーリーになるわけですが、このラストがまたとてもハッピーな気分になれます。私は韓国俳優ですと、イ・ビョンホンさんが好きで、「オールイン」や「美しき日々」など見ました。映画もDVDでちょこちょこ見ています。ビョンホンさんは、演技が非常にうまく、目の演技・表情を見ているだけで引き寄せられてしまうんですね。暗い役も上手ですが、ラストが暗いと気持ちも暗くなってしまうので、あまり個人的には見たくないのですが、ビョンホンさん主演だから見てしまうのです。

 いずれにしてもハッピーエンドは、やっぱり気持ちがいいものです。実際の生活は、日々様々な困難に直面しますので、せめて映画やドラマくらいは、ありえないようなハッピーなストーリーを見てみたいものだと思っているのは、私だけでしょうか。

アカデミー賞

 アメリカのアカデミー賞の発表がありましたね。助演女優賞にノミネートされていた、菊地凛子さんが最優秀賞を受賞出来なかったのは、残念でした。というか、出演した「バベル」という映画が日本ではまだ公開されていないので、どんな風に演じているのか分かりませんから、何とも言えないな、というのが私の感想です。見たところで素晴らしいと思っても、アカデミー会員でもないので一票を投じることは出来ませんけど、なにはともあれ、カトリーヌ・ドヌーブさんをエスコートしている渡辺謙さんや、奥様である南果歩さんと一緒のシーンをテレビで見ると、本当にとっても嬉しく感じます。年々、日本人俳優も、アメリカや海外での活躍を広げている話題が多くなり、やっと実力のある俳優が認められるようになってきたのだと思います。

 アカデミー賞を受賞する映画というのは、もちろんいろいろな面において、質の高い映画なのかもしれません。ただ、受賞しなくても、良い映画はたくさんありますし、良い俳優もたくさんいますよね。社会問題を提起するものだけが良い映画ではなくて、始めから終わりまで笑いっぱなしとか、主人公の人生に感動するとか、悲恋に涙する、そういうのも全て、見た人が「良い・楽しめた」と思ったら、その映画は素晴らしいのだと思うのです。

 例えば、確か今週か来週かテレビで放送される「スパイ・ゲーム」と言う映画。ロバート・レッドフォードとブラット・ピットという、往年の名優と最近の人気俳優の共演で、公開当時話題になりました。この映画、私はとても好きです。派手な雰囲気ではないのですが、二人の演技からにじみ出てくる、男の友情というか、師弟の絆というか。そういったものが感じられました。「レオン」も大好き。主演のジャン・レノはあの作品で有名になりましたよね。相手役の少女はナタリー・ポートマン。彼女はまだ確か11歳で、もちろん出世作になりました。愛を知らないで生きてきた男が、少女と出会ったことで、無償の愛を知る、せつない映画でした。終わった時に、エンディングのスティングの曲を聞きながら、立ち上がれなかったのを覚えています。

 自分にとって素敵な映画、楽しい映画ってたくさんありますよね。心のなかで自分がアカデミー賞をあげたい作品。きっとそう思っているファンがいるだけでも、製作にかかわっている方々は嬉しいでしょう。できればその思いを、伝えることが出来るといいのですが。

適度な運動?

 ここ2ヶ月程で、太ってしまいました。去年末、入院した際に体重は変わっていなかったのに、栄養失調だと主治医に言われ、ショックを受けました。旦那が毎日帰りが遅いため、一人で食事をとることが多く、やはり一人だと適当に簡単にと、レトルト食品やパスタをソースにからめるだけ、なんて夕食がほとんどで、栄養が偏っていたのでしょうか。そのため、入院中に母親や、義理の母親が、あれも食えこれも食えと、差し入れしてくれ、退院後も実家で母親の手料理を、思う存分食べていたせいで、3キロほど太りました。そうしたら今度は検査で、血糖値が150、コレステロールが273という数値が出てしまい、このままだと糖尿病だと主治医に言われ、大大ショック。まずは、今まで食べ過ぎていた量を通常に戻し、栄養のバランスを考えた食べ方をしようと心がけ、現在取り組んでいますが、やっと1キロほど減量できた状態です。太るのは簡単ですが、痩せるのは本当に大変。しかも今度は栄養失調なんてことにならないようにしなければ。

 太るというのは、食べすぎということで、食べた分だけ動いてないから(カロリーを消費していないから)太るのですよね。主治医には体調が落ち着いてきたら、適度な運動もして下さいと、言われていました。でも一年中、だるかったり、どこかが痛かったり、いまいち気分ものりませんでした。それ以前に、主婦として家事をこなすのが精一杯でした。最近やっと気持ちも体調も落ち着いてきた気がするので、何かスポーツを、と考えています。エアロビは以前から好きで、習っていました。スポーツジムも通っていた時期もあります。基本的には運動は苦手ですが、ジムやエアロビは好きで、それをしている間は何も考えず集中していられるので、ストレス発散になったのでしょう。しかし、現在はあまり激しい運動は避けたい気分です。そこで、思いついたのが「太極拳」。呼吸法やゆったりした動きで、太極拳ならあまり無理なくやれるのではないかと思いました。一昨日の土曜日に、テレビで太極拳講座をたまたま見て、一緒にその場で試してみましたが、意外とゆったりした動きでもきつく感じることもありました。早速、太極拳のDVDを借りて、昨日から始めてみました。しかしやはり一人でするには限界があります。難しいのですよね、型が。だから、カルチャースクールで太極拳を習おうと、検討中です。

 中国では公園で毎朝、太極拳を皆でしているようですよね。日本も公園などでエアロビでも太極拳でも、知っている方がどなたかしてくださると良いなあ、と思います。お金をかけずに、国民が健康に過ごせるように、普及してくれると助かるのですが・・。

マフラー

 少し前に、私は「イヤリング」が大好きで、たくさん持っていることを書きました。去年11月から体調を崩して、入院したり退院したり実家で静養したりと、具合が良くなかったので、そういう時は人間というのは‘おしゃれ’どころではなく、とにかくまずは健康第一であり、それがあって始めて、趣味とかおしゃれとか世間の話題とかに目がいくのだと実感しています。

 今週も末になり、いよいよ民放で再放送している「冬のソナタ」も佳境に入ってきました。というか何度も見ているのでとっくに分かってはいるのですが、来週のあと4回で終了です。何度見ても同じところで涙が出て、また新しい発見があったり、カットされている場面の多いことが確認できたりと、毎日楽しみです。(ノーカット判のほうがやはり見ごたえがありますよね)それにしても、いつ見ても、ヨン様の「マフラー」には目を奪われます。ヨン様演じるチュンサン(ミニョン)のいくつものマフラー。ヨン様巻きとして数年前に随分とはやりましたが、あの巻き方に関しては、私は10年以上前にスカーフの巻き方の一つとして、母親の友人から教わっていました。それがマフラーで巻くと、あんなにボリュームが出て、寒さを防ぎながらも、首元を素敵に飾ることができるのだなあと、いつも感心してしまうのです。ところが実はあの巻き方、マフラーでするには結構難しいのですよね。持っている物では、長さが足りなかったり、厚みがありすぎて変だったり。あの巻き方でバランスよく巻けて、色の具合も良いとなると、そういうマフラーを選ぶのがまず大変。ヨン様のように首だけでなく、首元までボリュームも出せるマフラーとなると、中々見つかりません。私はスカーフやマフラーも大好きで、いろいろ持ってはいましたが、あまりマフラーばかり買いすぎてもいけないと我慢しているうちに、冬ソナブームもだんだんおさまり、私の中でヨン様巻きブームもおさまっていたのでした。

 しかし民放再放送を機に、またあのヨン様巻きに目が行きまして、もう冬のセールも終わっているデパートの一角で最後のセールをしている「マフラー」に、どうしても足が向いてしまうのです。裏表で色が違うもの、縦半分で柄の違うもの、厚みや長さ、チェックしながら、まだ買っていません。でも買いそう。イヤリングよりも今、私の中では「マフラー」が上位。おそるべし、「冬ソナ」の影響力。まだまだ健在です。

料理は難しい・・

 料理は本当に難しい・・・。私は特に料理は上手でなく、かといって下手でもない、作らなければ誰も作ってくれないので作っている、という主婦としての感覚で作っていると思っています。でも嫌いではないけれど、好きでもないので、誰か作ってくれれば、自ら進んでは作りません。ただ以前、一回目の結婚のときに、契約社員(コミュニティFMラジオのパーソナリティ)として週に4日間働きながら、主婦業もこなしていた際に、本当に毎日毎日忙しく、仕事を終えてから夕飯の支度をしていてふと、料理をすることが自分にとってストレス発散になっていることに気付きました。料理をしていると料理のことしか考えませんので、他のことでの悩みやモヤモヤが消えてしまうのです。パウンドケーキやパンなどもよく作りました。だから料理が嫌いではないのです。

 しかし、約10年ぶりに専業主婦となり、病気を発症して、常に体調を調整しながら主婦業をするようになり、改めて「料理」の難しさに直面しています。体への影響を考え、野菜や果物・肉類・その他バランスの取れた料理など、本当に難しい上に、もう一度、ダシの取り方からやり直さないといけないくらいのレベルです。自分はとりあえず、普通に主婦として一般的に作るものは出来ると思っていたら、大間違いで、完全に出来る人は、シチューもカレーも、小麦粉からなんですね。圧力鍋とかで作るのですね。もちろん、その人その人のやり方で作ればいいのです。だから私は専業主婦になっても、カレーもシチューも、市販のルーで作りますが、それが昨日は失敗でした。いつも実家で母親が買っていたシチュー・ルーを知っていたのですが、先日スーパーで特価品として売り出していた他のルーを、思わず買ってしまったのです。100円くらいの差でした。その差が、味となって出てきてしまったのです。後はもう大変。実家の母親に電話して、どうしたらコクと味が出てくるか。ケチャップを入れたり、塩・コショウ・しまいには粉チーズ。味見のし過ぎで、舌の感覚もおかしくなってる。もう、いいや!!という感じで食卓に出し、旦那の一言「ケロちゃん流の味だね」(私流ということ)との感想。

 やはり料理は奥が深い。追求すればいくらでも出来るのですね。プロではありませんから、家庭の私の味を早く出せるように。それと、市販のものを使うとしても、あまりケチケチしないこと。もちろんそれが家計を大きく揺るがす値段ならば仕方ありませんが、許せる範囲なら美味しい方を選ぶ。そうしないと、後で後悔と自分として納得のいかない味の料理が出来上がるだけ。出された相手は、あまり分かっていないにしても。

映画が見たい!!

 私は映画大好き。まあ、趣味として毎週何本も見てます!っていうのではないけど、気になる映画は体調が良ければ映画館まで見に行くし、レンタル化された時には借りてきて家で見ることが、最近は多い。

 実は約3年ほど前まで、私はコミュニティFMラジオ局のパーソナリティをしていました。長野県のコミュニティFMと東京のコミュニティFMで仕事をしましたが、長野県のほうは、4年間同じ局でパーソナリティをしていて、平日の2時間番組を2・3本のほか、映画情報番組も担当していました。映画情報番組は地元のシネコンがスポンサーについて下さっていて、スポンサーになっていただく条件が、番組担当の私が、公開する映画を基本的には全て鑑賞することでした。その関係で、番組を担当していた4年間に公開された映画は、随分見ました。(時期で言うと、’98年位~’02年位でしょうか)長野で公開されないものは、レンタル化されてから見たのもです。週に公開作品を2.3本、レンタルを2本見ることも、しばしばでした。

 パーソナリティの仕事を離れてからは、東京で派遣のOLをしていましたので、土日の休みに、気になる映画を見に行く程度になり、あとはレンタルという感じです。

 映画は本当に楽しい。個人的には友情系やサクセス系・アメコミ系も好きですが、仕事で様々なジャンルを見ましたので、なんでも大丈夫です。一度だけ、ポケモンかハムタローを仕事で見ていたときに、どうしても疲れていて10分だけ寝てしまったことがありました。ドラえもんは特に好きで、仕事でも見ながら泣いたのもです。お気に入りは、「フォーエバーフレンズ」「スパイダーマン」「X-MEN」「ステラ」(ベット・ミドラーさんが好きなんです)「ブリジット・ジョーンズの日記」いろいろありますね。

 最近見たいのは「ドリーム・ガールズ」。いつのレディスデーに見に行くか検討中。落ち込んでいる時も、むしゃくしゃしている時も、映画を見ると忘れてしまうし、元気になれるから映画大好きです。(内容によっては、元気になれずに泣きじゃくる場合もありますが)

日曜の楽しみ

 毎週日曜の楽しみといったら、ドラマです。大河の「風林火山」と、キムタクの「華麗なる一族」。私は若いときから、絶対にミーハーではないし、流行になど左右されない!!と思っていた。とうより、自分が演劇に夢中で、学生時代は芝居ばかりしていた時期もあったため、俳優の人たちの演技を分析しながら見ることはあっても、「ファンだから」とか「はやってるから」と言う感覚で、ドラマや映画を見ることなど、考えたこともなかったのです。

 ところがここ数年、どうやら私はミーハーらしい、ということに気付きました。大河ドラマは昔からちょくちょくは見ていましたが、本格的に毎週楽しみに見たのは、昨年の「功名が辻」から。これは確かもう10年以上前だと思うのですが、多分、NHKで壇ふみさんが主人公の「千代」役でドラマ化されたのを見たのです。その時の印象がとても良かったのと、女性として旦那様を支える内助の功に、非常に素直に感心したからでした。仲間由紀恵さんの千代も、とても清楚で美しく、とにかく見ていて綺麗なので毎週楽しみでした。今年の「風林火山」は、もう半年以上前から原作を読み、心待ちにしていました。やっぱり主人公の勘助を演じる内野聖陽さんは、大変演技が上手な方だと思います。演じる役によって違いますもの。原作の勘助のイメージより随分とハンサムな気はしますが、それでもよくあそこまで近づけたものです。私の父親はさかんに、千葉真一がやっぱり上手だ!!と言っていますが・・。演技のことについてだと話が終わらないのでこの辺で。あとはガクトさんが早く登場してくださるのが待ち遠しい。

 「華麗なる一族」はやはりキムタク。私は別にファンでもなんでもなかったのですが、やっぱりかっこいいような気がするのです。なんでしょうか、スターのオーラなのかなあ。このドラマは出ている役者もすごいから、見所がたくさんなんですよね。鈴木京香さんの毎週綺麗なこと、それにあの後姿、モンローウォークのよう。北大路欣也さんの表情がすごいこと。欣也さんの顔をみているだけで、怖くなってくる。原作は読んでいないので、この先どうなるか楽しみです。

 ドラマや映画、俳優さんの演技の話になると止まりませんので、今日はこれくらいで。これから早めの夕飯を食べて、20時からのドラマ三昧にむけて、万全の体制で臨まなくてはいけませんので。

出張なのね

 今日からうちの旦那は、研修のため大阪出張。3泊4日。毎週土日は午前中ゆっくり寝て、二人でブランチをして、その後、土曜なら二人でショッピングに行ったり、用事があるならそれを済ませて、夕飯は外食。日曜はだいたい、午後から旦那は会社に行って平日出来ない雑務を3・4時間行った後、家で簡単な夕飯。ちなみに平日は、会社から家に帰ってくるのは、早くて21時。遅い時は23時過ぎとか。とにかく忙しい人です。

 私も30代半ばを過ぎて、いろいろな男性と出会い、また様々な年齢層の男性を知っているつもりですが、うちの旦那のような人はちょっと知らないタイプ。でした。たぶん、仕事の能力はそれなりにあるのだと思う、が、能力が偏っている、びっくりするくらい。日常的なことが出来ないことが多すぎる。引き出しから物を出したら、引き出しは引き出したまま。ドアを開けたら、開けたまま。パジャマを脱いだら、その場に脱いだまま。お風呂から出たら、バスタオルで拭きながらそのままリビングに出てくる。半漁人が通ったような、水の足跡。食べこぼしは、当たり前。プライベートで重要でないことは、次々に忘れていく。もちろん、付き合い始めて二度目のデートで私にプロポーズしたのも、とっくの昔に忘れてる。

 私は神経質な性格で、食べこぼしも気になるし、開けっ放しも、ものすごく気になる。だから性格的には旦那とは合わない。土日一緒にいると、たいてい小言ばかり言っているし、そんな自分が嫌になってくる。もう少し自分はおおらかになれないものかと反省しながらも、旦那のだらしなさには頭にきてしまって、ついつい怒って、最後には喧嘩。だから、どこかで聞いたことがあるフレーズ「夫、元気で留守が良い」だっけ?そんな風に思ってしまうことも。

 でもやっぱり不思議なもので、そんな状態でも、3泊4日の出張で旦那がいないとなると、やっぱり寂しいな、と感じるのです。夫婦ってもしかしてそんなものかな、と、二度目にして最近思うのでした。

デパート

 今日、初めて、市内にあるデパートに歩いて行ってみました。昨日に比べると、天気も自分の体調も良いので、そろそろ家の周辺を探索しよう!!という気になってきたのです。曇り空で少し寒いけど、ロングのダウンコートにマフラー・手袋、もちろんズボンの下にはユ○クロのスパッツ、本来ならさらにマスクなのだが、今日は何となく外の空気を吸ってみたくてマスクはあえてせずに歩いてみました。

 外の空気はやっぱり暖冬なのか、ツンとする寒さではなく、「少し冷たい?」くらい。ちょっとワクワクしながら目指すデパートへ。歩いて15分位だろうか。歴史のあるデパートだというのが、ひと目でわかるような外観。「おお、あれだ!」と嬉しくなって、正面玄関から入ってみる。

 私は東京生まれの東京育ち、長野県で6年暮らしたことはあるけれど、東京のデパートのきらびやかさは、東京を離れて始めて分かること。もちろん、東京のデパートに比べたら、規模も華やかさも違う。けれども、やっぱりデパートはデパート。一階には女性の化粧品やアクセサリー。ここは一階の奥に食品も置いてある。私はアクセサリーの中でもイヤリングが大ー好き!!自然と足はアクセサリー売り場へ。

冬の本格的なセールは多分終わっているものの、ちょこちょことセール品が置いてあり、あれこれイヤリングを見ているうちに、店員さんもくっついてくる。でも家にある、たくさんのイヤリング達が「僕を忘れないで!!」「私を使って!!」と記憶に現れてくるのです。買いたい気持ちをぐぐっと抑えて、結局イヤリングは買わずに、パンだけ買って帰ってきたのでした。

 金やプラチナのイヤリングも持ってはいるけど、一度、父親からもらった大切で大好きだったイヤリングを片方落としてしまってからは、高いイヤリングはあまり付けなくなってしまいました。あまりにショックで。それからは、数千円から一万円以内のイヤリングを買うか、最近はもっぱら旦那に買ってもらったり、義理の母からもらったりしている。イヤリングをしていると、おしゃれをしているような気がして、気分的に違うのです。私はちょっとスーパーに買い物に行く時でも、ラーメンを食べに行く時でも、イヤリングをつけて行く。それが家にいる時と、外に出る時の、私の違い。ポリシーみたいになってしまっているのです。

 きっと旦那とこの先、あのデパートに行くことがあったとしたら、もしまだ部分セールをしていたら、きっと、自ら買うのではなく、買ってもらってしまうだろう、イヤリング。だって大ー好きなんだもん。

お天気次第??

 今日は朝から、吹雪いたりやんだり、陽がさしてきたり曇ったり。今は曇り空、と思っていたら吹雪いていた、が5分くらいでやんでしまった。午後3時。どうも私の体調は、お天気によってもだいぶ変わるようです。

 約2年前に発症した私の病気は、膠原病系の「ベーチェット病」。説明するのは難しいし、自分で理解するのも、周囲に理解していただくのも難しい。発症した当初より、だんだん症状がはっきりとしてきたみたい。ストレスと体力的な疲れがたまると、ボン!!っと症状が重くなる。ベーチェットでもいろいろなタイプの方がいらっしゃるが、私の場合は圧倒的に喉が痛くなるのが最初で、そこから首のリンパや足の付け根のリンパなどが腫れてくる。倦怠感は常にあり、病状が重くなると、動くのがつらくなって寝たり起きたりの状態。喉が寝られないくらい激しく痛くなりると、主治医の所へ行って、たいてい即入院。入院するごとに入院期間が長くなってきているので、自分で我慢をしてしまうことが長引かせる原因だと思っています。目や腸には症状が現れていないので、まだまだベーチェットでも初期の段階だろうけど、自分としてはいろいろと悩み、毎日が自分の体調との戦いです。

ステロイドを投与せずに頑張ってきたけれど、とうとう昨年の11月から内服も始め、今はプレドニン2錠で落ち着いている状態。ただ、今日のように寒かったりすると、どうも間接が痛くなったり、足がだるくなったりと、お天気によっても症状が変化するようです。動けないほど辛くはないので、お部屋をちょこちょこ片付けたり、昼ドラを見たり、新聞読んだりしながら気分転換をして、だるくなってきたら横になる、ような一日です。

 そんな私が楽しみなのは、昨日も書いた「冬ソナ」と、通販カタログの斜め読み、料理本を眺めて美味しい料理を想像したり、今週末には旦那とどこへ食事に行こうかと考えること。結構、楽しいことも多い毎日です。

初ブログ

 初めてのブログ作成。パソコンがそれほど得意でない私。2時間も操作していると肩がこってしまう。私のお気楽な日常と、感じたこと、考えたこと、日記のように書いていきたいと思っています。

 2月2日に金沢から富山へ引越してきましたが、すぐに実家の母の胆石手術のため東京へ。そして出張で東京へ行っていた夫と富山へ戻ってきてまだ4日目。富山で過ごしたのは引越してから8日間くらい。今年は暖冬で、富山は雪も積もっていない。今日は強風(どうやら春一番)で曇り空だけど、私が来てから晴れの日が圧倒的に多い。サンルーム(富山・金沢には洗濯物を干すスペースが屋内のガラス張りの部屋になっているおうちやマンションが多数)に洗濯物を干すと、一日で乾いてしまうことがほとんどでした。今日はちょっと無理そう。

東京から遅れて北陸(金沢・富山)でも始まった民放での「冬のソナタ」再放送。ビデオやDVDで何度も見ているにもかかわらず、結局また毎日見てしまっています。オープニングの曲を聴くだけで、胸がキュン!!となるのは、私だけではないはず・・・・。

トップページ | 2007年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ