適度に忙しい。

 今週はあっという間に終わった感じです。適度に忙しかったです。でもそれがよかったです。

 月曜日には母親の付き添いで病院に行き、ちょっと落ち込んで帰宅して、気分がどんよりしていましたが、翌日は仕事。その仕事が気分転換になりました。今週は仕事が3日間と研修会もありました。適度に忙しいことが、さらに落ち込んでしまうことを防いでくれました。

 仕事のほかにも、友人と電話したり、読書をしたり、録画してあるドラマを見たり適度に楽しむことができて、精神的に良かったと思います。ものすごく落ち込んでいたらできないかもしれませんが、落ち込みの原因とは全く違うことをしてみると、気持ちがすっきりすることがあります。すると考え方も少し変わってきて、良い部分にも目を向けることができることもありました。

 ああ、ブログを書いていていつも思いますが、日本語は難しいですね。それに私の語彙力が少なすぎです。同じような表現でしか書けなくて残念ですが、要するに、適度に何かをすることで、落ち込みを防いで考え方が変わるときもある、ということですね。それを実感したあっという間の1週間でした。出来事が多くて、今週のことがずいぶん前に感じています。

 来週も週の後半が適度に忙しくなりそうです。月曜日には用事があるので、デパートに行きたいなと思っています。デパートで少し楽しんできます~。

母親の薬は追加。

 昨日、母親の病院に付き添いで行きました。血液検査をして、新しい薬が効き始めたかな、なんて淡い期待をしていましたが、結果的に薬の追加となりました。

 2週間前から母親は免疫抑制剤(イムラン50㎎)を飲み始めました。個人差はあるけれど効果が出てくるのに2ヵ月くらいかかる、と聞いていましたし、私自身も飲んでいるので分かってはいましたが、やはりまだまだのようでした。昨日の検査結果は2週間前とだいたい同じで、炎症反応と血沈が高いので、結局ステロイドを追加で服用となりました。それでも落ち着かない場合は入院して他の治療をしましょう、とお話がありました。

 母親と私は軽いショックを受けて、タクシーで帰宅しました。母親は先に自宅に戻り、私は近所のコンビニへお菓子等を買いに行きました。頭を冷やしたかったのです。冷静にしっかりと今回の結果と薬のことを考えたかったのです。

 今日から母親はステロイド服用が始まりました。きっとだんだん元気になり、体調もよくなってくるだろうと信じています。今後は2週間ごとに通院して検査結果をみながら、体調と相談して、ステロイドを減量していくことになりそうです。

 私は今日、仕事でしたが少し気分が落ち込んでいたので行くのが嫌でした。しかし、行って良かったです。気分転換になりました。仕事中は仕事に集中しているので、母親の体調のことを考える余裕はなかったです。仕事があってよかったです。明日も仕事に行ってきます~。

読書をしたい。

 すればいいですよね~、読書。でもなんとなく落ち着かなくて、読書ができていないのです。仕事で必要な本は読んでいますが、趣味で読書があまりできていません。

 しかし、知人から聞いた金子みすゞの詩集と、松尾芭蕉の奥の細道の解説本、それと新聞で見かけた貫井徳郎さんの「慟哭」と言う本を、図書館から借りてきています。この3冊は読みたい!

 昨日の仕事で1月の主な仕事が落ち着きました。明日は母の病院の付き添いで、明後日は仕事があります。少しずつ気持ち的にもゆったりしてきたので、借りてきている本を読みたい、読みます。

 私は寝る前に本を読むことがあるのですが、冬は寝る前に布団から手を出して本を読んでいると、手が寒いのですよね~。最近は東京もとても寒くて、ベッドから出ている顔も寒いです。寝る前の読書がちょっとできない感じです。

 でも読みたいので、まずは明日の母親の病院の付き添いに本を持っていきます。たぶん1時間は待つでしょう。隣の母親は割とぼーっと待っているタイプなので、私は本を読みたいなと思っています。

あまりの寒さに両親が宮古島に行きたがっています。

 ちょっと長いタイトルになりましたが、この通りです。一昨日昨日今日、東京もとても寒く、あまりの寒さに両親が宮古島の弟夫婦のところに行きたがっていました。

 宮古島は暖かいのかと思っていましたが、嫁さんに電話をしたら「こっちも寒いですよ~」と言われたそうです。寒いと言っても10℃台だとは思いますが、まあ、沖縄としては寒いですよね、きっと・・・。

 東京で朝の最低気温が-3℃以上になるなんて、私はたぶん初めてです。昨日の朝がたしか-3.6℃だったかな・・・驚きでした。昨日は夕方から仕事だったので通勤は寒かったのですが、6℃くらいはあったと思います。風がなかったですし、昨日の職場へは電車通勤でしたので、駅までの徒歩が寒かったくらいでした。職場に入れば暖かかったです。

 宮古島に行きたがる両親の気持ちも仕方ないですね。東京生まれ東京育ちでこんなに寒い東京は、あまり経験がないでしょうし、両親は高齢です(79歳と82歳)。私は過去に長野県、金沢、富山に住んだことがありますが、東京に帰ってきてからはマイナスの寒さは忘れました。特に金沢と富山のときはマンションの部屋を借りていたのですが、寒冷地の作りになっていたのだと思います。灯油ストーブでしたし、部屋の中は暖かかったです。寒いときは基本的に外に出ませんでしたし、出たとしても車でした。そんなことを思い出します。

 宮古島へはまだしばらく行けません。母親の体調が安定するまで、安定して大丈夫になったら行くとして、たぶん今年の秋以降かな、という感じです。早く寒い冬が終わって、春になるのを楽しみに待ちます~。

めっちゃ寒くて驚き。

 今日も自転車で仕事に行きましたが、めっちゃ寒くて驚きました。時間は午後2時過ぎでしたが、東京の気温はどのくらいだったのだろう。確かお昼頃に1.4℃くらいだった気がします。朝からお仕事のかたはもっと寒かったですよね。お疲れ様でした。

 私は長野県に6年、北陸(金沢・富山)に約2年半いましたが、こんなに寒いときに自転車での移動はなかなか経験がありません。基本的に長野や北陸の時は移動は車でした。去年一昨年も昼間が1℃くらいの寒いときがありましたが、北風が強くてこんなに寒い中、自転車での通勤は始めてだったと思います。昨日は風が突風のようで1人でマンションの壁に自転車の前輪がぶつかりましたが、今日は昨日ほどではありませんでしたが、風が強くて自転車が前に進むのが大変でした。

 明日の朝も東京は-3℃の予想です。私は明日の仕事は夕方からです。明日の朝の通勤、みなさまお気をつけてください。

ものすごい風で壁にぶつかりました。

 ぶつかった、と言うほどでもないのですが、今日の夕方に自転車で仕事から帰宅中に、あまりの風の強さに誰もいないところで、マンションの壁にぶつかりました。自分でびっくりしました。突風というか、すごい風でした。あららら、あらら、風が強いよ~と言いながら自転車の前輪が壁に向かって行ってしまいました。

 東京で突風というのは経験がありますが、ここまでの突風と寒さはちょっと初めてかもしれません。周囲には誰もいなかったですし、倒れもしなかったのでケガもなく、壁ももちろん大丈夫でした。

 自転車の怖さを改めて感じました。人通りが多いところも違う意味で危険ですが、自然的なこと、風とか雨とか、それはもう危険ですね。行くときは風は強くなかったので、数時間で天気が変わってしまったようです。

 明日にかけて日本海側では雪になりそうですね。寒すぎて凍結にも注意ですね。私は明日も自転車で仕事の予定なので、気を付けます。もし今日の夕方のように突風なら、バスや徒歩も考えます。

精神的に少し疲れました。

 今週は仕事は3日間だけでした。あまり疲れていないと思っていましたが、昨日仕事から帰宅するとぐったりでした。

 今週の月曜日には母の通院に付き添い、入院するかどうかと言う状態でしたが、新しく処方された薬が効くことを願って入院せずに今日にいたっています。その間に母は微熱が出たりしていました。私は3日間だけの仕事でしたが、昨日気づいたのは、精神的に疲れている、ということ。常に母親の体調に気を遣い、その間に仕事、お休みの日は掃除、そんなことをしていたら、昨日はぐったりしてしまいました。

 家族が体調が悪いと、自分で気づかないうちに気を遣っていますね。寝る前に「明日、母親が微熱だったら入院させよう」とか、毎日考えていました。そうしたら差額ベッド代がかかるだろうからお金はどうしようか、とか考えるんです。そりゃあ、寝付けませんよね。睡眠薬が処方されている容量までしっかり飲まないと寝付けない。それでも寝付けない日もありました。

 精神的に少し疲れました。今日から3日間、仕事もなくお休みですが、来週の仕事のために準備はあります。でもね、あまり考えずに、この3日間はゆっくりしようと思います。基本的に自宅にいるので、母親の様子も分かります。とりあえず一昨日から母の熱は平熱。あまり心配せずに、熱が出たら入院、と決めて、私は少し休養します~。

アルバイトを探していました。

 現在3つのアルバイトをしています。私の予定に合わせて調整してくださる職場なのですが、仕事が少ない月もあります。先日もブログに書きましたが、新型コロナの関係で突然キャンセルになることも出てきています。そこで、ある程度出勤の日程が固定されているアルバイトを探していました。

 スマホからネットで探して申込んで、もう10件くらいは断られています。昨年の秋ごろから考えていたのですが、面接まで進んだ会社は1つもありません。なかなか難しいです。

 そんなときに母親の病状が悪化したので、ちょっと休憩(?)しようと思います。今いただいている仕事をしっかりと取り組んで、母親の状態が落ち着いたらまた探そうと考えています。

 母親の症状は一進一退。良くなったと思ったら微熱が出たりしています。今日は平熱なので、もう2・3日様子を見る予定です。その前に新しい薬が効き始めてくれることを祈るばかりです。

 

母親の病状は様子見となりました。

  母親のクローン病の症状が、先月からずーっとよくないです。年が明けて、先週からさらに悪くなったようで、一昨日から下血があるようです。昨日は母親の通院日でしたので付き添いました。

 新しい薬を飲むことになりましたが、下血が気になるところです。医師から「入院しますか?」と聞かれたので、ああやっぱりね、と言う思いとともに、どうしようかと迷い、様子を見ることにしました。

 下血が止まらない、とか、意識もうろうとか、今のところはそこまでではないのです。ただ炎症反応は0.9とほどほどに高く、入院すれば家事等もせずに安静にしながら、点滴等で食事の調整をして、そこでまた大腸内視鏡検査をして、新しい薬を試して、と長くなりそうです。1ヵ月、2ヵ月の入院になるでしょう。さらに差額ベッド代もかかりそうです。医師に差額ベッド代について母親が聞くと、「10万円からありますよ」とさらっと返されました。その返答はどうなのよ、と思わずクレームを入れそうな気持を抑えています。

 結局、新しい薬を飲みながら、もし下血が止まらないとか、変わった症状が出た場合は入院することにして、昨日は帰宅しました。2週間後にまた通院し検査をして、新しい薬を飲んでからの体の変化を見ることになっています。

 一昨日の夜中に母親が私の部屋に来て、「便をしたら血がた」と聞いたときから、ああ入院かもしれないなとは思っていました。ただその下血が、腸からなのか、もしくは痔のようなものなのか、そこがわからないところなのです。それは医師も言っていました。そういうこともあり、今回は新しい薬を飲みながら様子見です。薬が効いてくるのに少し時間がかかるので、できれば早めに効き目がでて症状が少しでも良くなることを祈るばかりです。

単発の仕事が前日に中止。

 私のアルバイトは基本的に単発です。先日、その単発の仕事が前日の午後に急に中止になりました。前日中止でお給料は発生しません。残念。理由は、関係者が新型コロナの濃厚接触者になったためでした。

 そういうこともこの約3年の間に、ありました。前日の中止は2回目?でしょうか。仕方がないのですが、ええ、お給料は減ります。ガクッとしますが、仕方がありません。

 感染者数が増えてきているということは、濃厚接触者も増えるわけです。今までに私はたまたま濃厚接触者にもならず、自分も陽性にならないでいますが、もういつ感染してもおかしくない状況です。ちなみに私はワクチンを5回接種しているので、感染しても重症化しないことを願うばかりです。

 

«「ホリディ~江戸の休日~」が面白かった。

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ