私の部屋だけGが出現。

 Gとはいわゆる、ゴキブリさんのことです。もう6年以上家で見たことがありませんでした。しかし、今年、春に毎年変えているGの対処用のブラックキャップ、という置物(置き薬ですか)をケチってしまいました。面倒だったのです。

 私の部屋に、いつもは隅々へブラックキャップを5・6個置くところを、今年の春は2つだけにしてしまいました。面倒だったのです。大丈夫だろうと油断していました。油断したところに、Gは来ます。

 先々週に1.5㎝くらいのGが部屋を横切り廊下に出たところを新聞でたたきました。Gは何も悪くないのですが、ごめんなさい。そして新聞さん、ごめんなさい。たたいたGを父親に処理してもらいました。1匹出るということはもっといる、とわかっていたのに放置していました。そして昨夜、夜中に今度は私の部屋の壁を2㎝以上のGが這って行きました。

 新しいブラックキャップを買っておいてくれたので、夜中に母親を起こして、どうしようかと相談しました。すぐにブラックキャップを部屋中に起きました。5個置きました。その後、Gは現れていません。

 油断していると、Gは現れます。何の害もないと分かっていても、G、ごめんなさい、やはり見えるところで共存はできません。油断してはいけないと、あらためて実感しました。

3連休は寝たり起きたり。

 先週、仕事をがんばってしまったのです・・・。たまたま、シフトが結構入ってしまって、私としてはがんばってしまいました。その結果、この3連休はぐったりしてしまい、寝たり起きたりの3連休でした。

 疲れもあったのでしょうけれど、台風が来ていて、それにも合ってしまって、さらにぐったりした感じでした。

 とにかく寝ました。睡眠をたくさんとりました。体調の回復には睡眠が一番です。朝も遅くまで寝て(11:30までとか)、昼間も眠くなったらお昼寝して、夜はいつも通り寝ました。寝られるんだから不思議です。

 明日、台風が離れたあと、午後から単発の仕事が1つ入っています。予定通りなら自転車移動しながらの仕事なので、なんとか明日までには回復させたいです。今夜もたくさん睡眠をとって、明日以降に備えたいです。

涼しくなってきました。

 今日の東京は涼しいです。エアコンを使っていません。昨日までは暑かったのですが、朝や夕方は秋のように涼しくなってきたな、と感じていました。

 このまま涼しくなってきて、秋ですよね。秋は果物が美味しい時期なので、楽しみです。梨は先月伯母から1箱届いて、美味しくいただきました。これからは柿やリンゴが出てきます。リンゴは今年、長野から取り寄せることにしました。去年は仕事を1つ増やして、ゆっくりと果物を食べる余裕がなかったので頼まなかったのですが、毎年頼んでいたリンゴ農家に今年電話をすると、去年は天候の関係で出荷できなかったそうです。今年は11月下旬くらいに送っていただくことになりました。

 私は秋が好きです。食べ物も美味しく感じますし、空気というか空気の匂いというか、好きなのです。これから寒い冬に向かう秋の匂いが好きです。

 今後は少し仕事が忙しいときもありますが、秋を感じながら、散歩もしたいです。歩いてお買い物に行くのもいいですね。そういう機会を作りたいと思っています。作れるかしら・・・。

やはりアルバイト3つは辛いかも。

 できない言い訳なのかもしれませんが、アルバイトを3つしていて、やっぱりちょっと無理かもしれない、と思っています。

 8月は仕事が少なくて困りました。3つのアルバイトのうち1つはお休み期間でしたが、他の2つのアルバイトのシフトがうまく入りませんでした。困っていろいろと考えていました。

 今月もアルバイト2つで稼働する予定ですが、今月はなぜか適度に仕事が入ってきました。しかも10月の単発の仕事の準備も入ってきました。だんだん、頭と心と体力が追い付かなくなってきました。

 3つ目のアルバイトを始めて1年経ちましたが、あまり回数をこなしていないので、いつも初心者のような状態です。先輩に助けてもらいながら何とか乗り切ってきた1年でした。

 1年たった今、3つのアルバイトが改めて始まる来月の10月が少し怖いです。去年は気力で乗り切りました。今年は何だか怖いです。気力的に無理かもしれない、と感じています。ただ季節的に体が楽になるかもしれません。とりあえず、今月のシフトを何とか乗り切ってから、考えようと思います。

白髪染めに行ってきました。

 約2ヵ月に1度、近所のカラーリング専門店に行き、白髪染めをしています。前回のときにはまだ髪がロングでしたが、今回はショートヘアのため、前髪で白髪の部分が隠れていたため、2ヵ月以上ぶりに行ってきました。

 本当は・・・ちょっと面倒です。これから仕事も適度に入っているので白髪染めをしてきましたが、いつかはグレーヘアにしようと考えてはいます。65歳くらいまで、がんばって染めましょうか。それとも、その前には染めるのを止めてしまうかもしれません。

 この年になって、かぎりなく金髪的な色にも興味が出ています。一度若い頃、30代前半に、髪の色を脱色してかなり金髪に近い茶色にしたときには、嬉しかったです。照明の当たり具合で金髪に見えたそうです。

 髪もおしゃれを考えて染めてもいいなか、と思ってもいます。自分の髪ですから、好きなようにしてもいいですよね。あ、仕事上、金髪は無理かもしれませんが・・・。約2ヵ月に一度染めるのもちょっと面倒であり、お金もかかるし、でもとりあえずダークブラウンに染めてきました。これでまた2ヵ月はもちそうです。

そろそろ友人とランチをしたい。

 新型コロナの感染状況が落ち着いたらランチをしようと約束している親しい友人が数人います。もう3年会っていない親友もいます。どうして会っていないのかと言うと、親友と私は少し離れたところに住んでいるので、会うのはだいたい新宿です。親友は病院に勤めています。私は単発等の仕事を3つしています。お互いに対面で人と接する機会のある仕事です。もし、万が一のことを考えると、会えませんでした。

 感染者数は落ち着いてきたようですが、きっとこの先も変異しながら増えたり減ったりしていくのでしょう。お互いのスケジュールを考えなあら、できれば年内に1回くらいは会いたいな、と思っています。

 他の親友とは1年くらい会っていません。1年、と言うことは去年の今ごろ会ったのかというと、会ったのですが、本当に会っただけ。なんと私がこのブログに書いた母親の入院の記事を偶然にも読んで、食料やマスク等を私の自宅近くまで持ってきてくれました。自宅近くの横断歩道を渡ったところまで来てくれて、両手いっぱいの食品やうなぎのお弁当などを持ってきてくれたとき、私は歩道で泣きました。泣きながら両手いっぱいの品物をもらって、今渡ってきた横断歩道を渡って帰っていく親友を見送りました。他の人たちが歩いていても涙を止めることが出来ませんでした。その親友ともそろそろランチしたいね、と連絡し合っています。

 2年会っていない親友もいます。住んでいる地域が近いのですが、やはりなかなか会えず、でもLINEでよく連絡を取り合っています。電話もしています。

 会えなくても連絡はそれぞれ取っているのですが、やはり顔を合わせてお互いの様子も知りたいです。会えば2時間は話しをします。そう考えると、換気のよさそうなところで、思い切って屋外のカフェなどのほうがいいのかもしれません。となると秋はちょうどよさそうです。この秋に会えるかな、と考えていますが・・・どうかしら。

仕事がないのは必要とされていないからと思っていた。

 8月はびっくりするほど仕事がなかったのですが、9月は適度に入っています。特に来週がラッシュ(?)で、体力的に乗り切ることだけを考えています。もちろん仕事はきちんとできるように、適度にがんばります。

 この夏は変な気候で、6月下旬から真夏のようになり、早く梅雨明けになりましたが、その後に梅雨のような天候になって、結局梅雨明けの時期が1ヵ月くらい伸びたらしいですね。気温の上下も激しくて、体調を崩し気味でした。そういう意味では8月に仕事が少なかったのはよかったのかもしれません。

 しかし不思議なもので、仕事が入ってこないと「私は必要とされていないのだ」と思ってしまうのです。そう気づいたときに、気持ちの落ち込みがなくなりました。何となく落ち込んでいたのですが、仕事が入って来ないことが必要とされていないという思いとつながっていたのです。本当に必要とされていなかったのだと思いますが、そのことを友人や先輩に話すと「いやいや、そうではないから。全然、違うから」と言ってくれます。もし私が逆の立場だったら、同じように答えたでしょう。たまたま仕事が入って来なかっただけだとは頭では分かっていても、認められなかった8月の私でした。

 それでも本を読んだり、ゆっくりしていたので、それなりに過ごしていたのです。経済的にはものすごく問題ですが、気持ちとしては、落ち込みがあったものの、ゆったりとはしていました。体力的には外に出ない分、少し落ちているかもしれません。そんな中、急に9月前半に忙しくなるので、体力的にも精神的にも注意していきたいと思います。

胃のバリウム検査をした。

 2年に一度の区の無料健診で、レディース検査と胃のバリウム検査をしました。レディース検査(子宮頸がん検査とマンモグラフィ検査)もちょっと鈍痛みたいなものがあるけれど、胃のバリウム検査は違う意味でまあまあ辛いものですね。

 胃の内視鏡検査も大変だからバリウム検査を選びましたが、一昨年もそうでしたけれど、バリウムを飲んでからの検査台の上でのぐるぐるがちょっと辛い~。げっぷを我慢しながら台の上で右に3回転してから息を吸って止めて、それから左に1回転とか、斜め右を向いて息を吸って止めて、などの指示を受けながらも、台も上になったり、下のほうに向いたり、もう自分がどんな姿になっているのか想像もつかない状態でした。アトラクションのようだと思いました。

 短時間(約5分くらいだそうです)のはずですが、何だかもっと長く感じたし、台も動いているから、自分の体を支えるのに検査台の横棒をしっかり持って踏ん張る感じが、もうちょっとびっくり!終了した後は、ガックリ疲れてしまいました。その中でほっとしたのは、検査技師さんの優しい掛け声。今回は女性でしたが、優し~い声で指示&労いのお言葉、それはそれは嬉しく支えになりました。自分もあんな風に優しい掛け声をしたい、と思います。

 終わった後にふっと思ったのが、「人間ドックとか健康診断の後に仕事を入れている人がいるけれど、信じられない。絶対無理だわ~」ということ。更衣室にもどり着替えをしてからスマホを確認すると・・・夕方に急きょ単発の仕事の依頼が来ていました。バリウム検査が終わって着替えたのが午前11時半くらいでした。はい、仕事を受けてしまいました。自宅に戻って1時間くらいお昼寝してから、夕方に仕事に行きました。短時間で終わったでよかったです。

 2年に一度ですが、2年ってあっという間ですね。前回もコロナ禍でしたが、今回もそうでした。とりあえず、検査が受けられてよかったです。

また、いい気になっていた。

 また、ちょっといい気になっていました。仕事に関して、少しはできているのかも、慣れてきているのかも、なんていい気になっているときに必ず、ドカンと頭に何か落ちてきたような出来事があり、自分を省みる機会をもらいます。

 いい気になっていました。少しはできているかもと、心のどこかで思っていたのでしょう。仕事に関係している人から、「もっと勉強して!」と言われてしまいました。「足りないから、もっと勉強して!」とも言われました。そうです、少し、いやだいぶいい気になっていたのでしょう。ショックを受けたということは、そういうことですよね。

 勉強が足りないのを見られているよう気持ちになりました。自分が一番分かっているからです。暑いから、疲れているからと、怠けていたのでしょう。見透かされた感じです。

 落ち込みましたし、ショックでしたが、いつまでもそのままではいけません。自分がまだまだであることを、人からの助言で分かったので、反省してあらためて少しずつですが、がんばっていきます。無理はできないので、自分なりに進んでいきたいと思います。

開き直って読書を楽しんでいる。

 8月は本当に仕事が少なかった。やばいなあと焦っていたけれど、ないものはないのです。前半は少し焦りましたが、中旬くらいに開き直って、ならばしばらくできていなかった読書をしよう!と思い、図書館で何冊か本を借りました。

 久しぶりに時代小説にはまりました。藤沢周平さんの時代小説を2冊続けて読みました。「隠し剣」シリーズを2冊読んで、頭の中で映画のような風景が流れながら、楽しみました。子供のころに剣道を6年習っていたので、何となく剣さばきが浮かんでくるのがまた嬉しいのです。

 他にも数冊読んでいるのですが、8月の今日までに5冊読んでいました。今手元に、2冊借りてきている本があります。8月中に読み終わりそうです。

 読書ができる自分的に余裕があることが、心の平穏につながるとあらためて実感しています。その心の平穏があるときには経済的には平穏でないのが残念。9月は仕事の予定がほどほどに入ってきているので、8月は私的には夏休みをいただいた、という感じです。

 残り少ない夏休みを、あと数冊本を読みながら、また録画してあるドラマを見ながら楽しみます~。

«炎症反応が少し上がっていた。

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ