ああ、美味しい。

 数ヵ月に一度、マックのハンバーガーを食べます。今日はお昼に、両親の分と自分の分を持ち帰りで買ってきました~!

 ああ、美味しいです。私はチーズバーガー。美味しいなあ、と思って食べますが、2個は食べられないのです・・・。1個だとちょっと足りないので、私はチーズバーガーとお菓子で満足。すごく満足です。いわゆるジャンクフードですよね~。でもね、ときどきは思いっきり食べるのです。たまにはいいですよね。

 こうして美味しいものを食べて、楽しいドラマを見て(半沢直樹、面白かった~!)、しっかりと寝て、ときどき仕事を自分なりにがんばって、家事を少し手伝って、家族とご飯食べて、友人とメールや電話して、読書もして、そういう毎日を過ごしていきます。落ち込むこともあるけれど、それはそれとして、楽しいことを楽しいと感じながら、美味しいものを美味しいと思いながら、過ごしていきます。

 それにしても、美味しいですよ、マックのハンバーガー。個人的にとても好きです。数ヵ月に一度しか食べないのですけれどね。

悲しいニュースは皆が悲しい。

 また悲しいニュースがありました。女優の竹内結子さんが亡くなったニュースです。悲しいニュースは、みんなが悲しくなりますね。

 芸能界の出来事は取り上げられることが多いですが、一般的にも新型コロナの影響なのか、悲しい出来事が多くなっている気がします。そういうニュースを目にしたり聞いたりすると、私たちは心が少しでも沈みます。影響を受けてしまう人がいるかもしれません。私もそういう部分があります。

 そんなとき私は、親しい友人とメールをしたり電話をします。家族には逆に元気な姿を見せてしまっていることが多いです。でも少しでも心が沈んで落ち込みそうなときや、モヤモヤするときには、必ず友人に連絡をします。どんなことでも連絡をすると、友人からの返事で少し、いえ、とても救われます。悩みや落ち込みの原因と直接関係のない話題でも、救われます。直接関係のある返事ならなおさら救われます。

 2回くらい前のブログで、軽く絶望的になることがある、と書きました。違いはあるとは思いますが、世界中の人たちがみんな、そんな風に思うことがきっとありますよね。新型コロナの影響が全くないとは言えません。私たちはいつも新型コロナの不安を抱えながら、毎日生きている時点で、すでにストレスがかかっています。こういう時期をどんなふうに生活していけばいいのか、そのほかの悩みや不安もたくさんあるのに、どうしたらいいのか、絶望的になってしまうこともあります。

 それでも私はなんとか生きていきたい。この体がすでに私だけのものではないことが、分かっています。家族をはじめ、友人も、主治医も薬剤師さんも、みんなが私を支えてくれています。だからなんとか生きていきたいです。悲しいニュースが世界中からなくなることを祈りながら、生きていきたいです。

昔の日記を見つけて。

 今週も本棚の整理のために、少しずついろいろな棚を整理しました。昨日整理した棚から出てきたのは、約20年くらい前の日記。自分としては、かなりきれいな字でしっかりと書いていありました。

 まだ1回目の結婚生活の間に書かれたものでした。2・3日分を読んで、自分で納得して棚に戻しました。

 私は現在結婚していませんし、実家で両親のお世話になりながら、私もお世話しながら、お互いに助け合って暮らしています。同じ年代で、結婚していて家庭を持っていたり、子供を持つ人たちに比べたら、全然苦労なんてしていない、と思っていました。まあ、「比べる」時点ですでに考え方が違うとは思いますが、自分に言い聞かせているのです。お前は苦労なんてしていない楽な人間だ、と。(実際そうかもしれません)

 しかし約20年前に書かれていた日記には、今の私には想像できないほど、がんばっている私がいました。「仕事を終えて帰宅してご飯を作って食べて片付けたらあまりに疲れてしまって、お風呂にも入らず歯も磨かず朝まで寝てしまった」というようなことが書いてありました。こんなすごい生活をしていたのだと、驚いてしまいました。

 記憶って本当にあいまいですね。忘れてしまうのです。その日記がなければ、私がそんなに大変な生活をしていたと、忘れていました。まだ30歳そこそこで、それだけ疲れてしまう日々を送っていたのだと、分かりました。そのときそのときにできるだけのことをして、がんばっていたのだと思うことが出来ました。

 今もできることをして、できるだけのことをして生きていると思っています。他の人と比べる必要なんて、本当はないのですよね。みんなそれぞれ、がんばっているのです。がんばっていないように見えても、それぞれのできる範囲で生活しています。それでいいのですよね。

 

やる気が出ないときは何もやらない。

 東京はここ数日は涼しくて過ごしやすいのですが、それは体にとって「あらまあ!急に涼しくなっちゃって、まだ準備ができていないわよ~」ということでもあるのだと感じています。

 なんだかとても眠いのです。一般的には4連休も終わって今日から仕事というかたも多いと思いますが、私は今日もお休みです。昨日は3ヵ月ぶりに髪を染めてきましたが、それだけで疲れてしまってお昼寝を2時間もしました。今日は今日で、7時間半も睡眠をとっているのに、午前中11半くらいに眠くなって15分くらいお昼前のお昼寝をしてしまいました。体が睡眠をとりたい、といっているようです。

 今まで残暑が厳しくて、体力的にも辛い9月前半でした。梅雨明けが遅かった分その後の暑さが辛くて、仕事も時々していたので体力的に落ちてしまったのか、体重も自粛で増えた分が元に戻り、さらに減ったりしていました。睡眠不足も重なり、ちょっと困ったなあ、と思っていましたが、ここ数日の涼しさで睡眠がとりやすくなり、とてもよく眠れています。(途端に体重がまた増えてきましたが・・・)

 それと同時に、やる気が出ません。涼しくて体がだるくなったのか、やる気もだるくなり、何もしたくありません。そういう自分を「いけない」と思わず、「9月前半までがんばった。だから後半は少し休み休み生活していこう」と自分に言い聞かせて、何もやらないで過ごそうと思います。仕事が入ったり、研修会や打合せが入れば、行くことになります。でもそれ以外で、特に予定が入っていないときは率先して休む、何もしない、と自分に言い聞かせないと、なんだか罪悪感を感じてしまうことがあります。きっと自分が納得していないのでしょう。言い聞かせなくても、体の声に耳を傾けて、休むときは休もう、とあらためて思います。

軽く絶望的になることがある。

 ふとしたときに、軽~く絶望的になることがあります。今までは、お金がないとか、将来はどうなるのかとか、漠然とした不安がありました。ところがここ数ヵ月は、ほんとにたま~に、突然、軽く絶望的になるのです。「このまま4・5年先までずーっとマスクをした生活なのかな」とか「大切な友人だからこそ会わないけれど、あと何年も会えないのかな」とか、新型コロナ関連で軽~く絶望的になるのです。たぶん、私だけではないと思います。

 だからと言って何もしていないかというと、結構しているのです。仕事もちょいちょい、家事もちょいちょい、テレビも見ているし楽しんでいるし、マスクをして手指消毒を所々でしながら必要な外出もしているのです。それなのに、ときどき突然襲ってくる軽い絶望感。きっとこれは、新型コロナによるうつ的な症状なのかもしれません。自分でもそうだと分かっているので、放っておきます。

 人間ってすごいですよね。わけのかわらない感染症がこんなにも世界中に広がっていて、世界中の人が大変な状況だと分かっていて、なんとか対応していこうとしています。適応していこうと努力しています。薄ーく、いえ、それなりに厚ーく新型コロナのストレスがかかっている状態でも、何とかできるだけ普通に生活しようとしています。それがもう、ストレスなのですよね。その結果、ここ数ヵ月、ときどき突然軽ーく絶望感まで襲ってくることが出てきたのだと思います。

 今は普通の状況ではないから、絶望的な感覚も出てくることがあるだろうと、自分で承知しながら生活していくしかないのでしょう。だからと言って私はものすごく明るく考えたりもしません。ワクチンができるのも、日本中、世界中にワクチンが行き渡るのも、何年もかかるでしょう。だからこそ軽い絶望感に襲われることもあるかもしれませんが、人間はそれを違う感情に変えることもできると、思っています。何年かかっても、必ずまたマスクをしないでも大丈夫である世界を、人と会うことが普通にできるようになることを信じて、生きていけると思っています。あ、これもう十分明るく考えているかな。でもだって、そうですよね。そうなるもん、必ず。

 今日の東京は涼しくて、とても過ごしやすいです。秋ですね。そろそろ柿も出始めて、秋の味覚が楽しみです。ほら、結構明るいですよね。

 

久しぶりの静かな日常。

 昨日今日と、久しぶりに静かな日常を過ごしています。

 一昨日、喉がちくりと痛み、「そろそろ体力的に限界」と感じたため、しっかりと休養をとるようにしました。8月下旬からちょっと忙しく、自分の体力が続いていたので、なんとなくそのまま忙しく過ごしてしまいました。3週間ほど気持ち的にも忙しく送っていたら、体に不調が現れました。当たり前です。ベーチェットの症状が現れ、そのうち気持ちも落ち着かなくなりました。

 喉の痛みはよくなりましたが、陰部潰瘍が治りません。もう1週間以上になります。最初は潰瘍のようで、途中から毛嚢炎のようになってきました。嫌な感じです。痛みはそれほどないので大丈夫ですが、しくしくと鈍痛というか、何かできているんだろうな、という感覚です。変な言い方ですが、ぐちゃぐちゃだったらどうしよう、という恐怖もあります。でもね、ちゃんと鏡で見るんですよ。「え~!?」って思われる方もいるかもしれませんが、そこはしっかりと自分で確認するんです。自分の身体ですから。そんなにぐちゃうちゃではなくて、膿んでるのは確かです。あ~あ。

 睡眠をとにかくしっかりとって、体を休めるしかないのです。ひどいときは1日2回患部にリンデロンVG軟膏を塗ります。仕方ないですね・・・。でも昨日今日と久しぶりに静かな日常です。昨日は午前中に掃除だけしました。今日はお昼に家族で車で買い物に行きました。今日の東京は涼しくて、過ごしやすいです。お昼寝もしました。もう数日はゆっくりと過ごして、体調を回復させたいです。

おっと、喉が・・・。

 今朝起きたときには感じませんでしたが、朝食のときにトーストにマーマレードを塗って食べたら、喉にしみたのです。喉が、ちょっと痛い?痛いというが、いがらっぽい?

 昨日、少し調子が良かったので、いろいろな荷物の整理をしてしまいました。母親と一緒にしたのですが、動くのは主に私なので、汗だくになりました。そのままクーラーの効いた部屋にいました。そのときにもしや・・・風邪でも引いたのでしょうか。

 体全体がだるいとか、ベーチェットの症状が少しでたりしていましたが、喉の違和感は久しぶりです。ああ、嫌だなあ。鏡で確認しても、赤くはないですし、腫れてもいません。本当に初期の状態。自分が違和感を感じている程度。このまま治まってほしいです。とりあえず風邪薬を飲んで2・3日様子を見ます。

日本のドラマも面白い!

 今年の春夏のドラマは、新型コロナの影響で撮影が中断したり、始まるのが遅かったりなど、いろいろありましたよね。私は外出自粛中に韓国ドラマや中国のドラマにはまり、特に韓国ドラマのすばらしさに気付きました。いまだに録画して見ていますが、一応日本のドラマも見ていました。

 日本のドラマで面白かったのは「私の家政婦ナギサさん」や、何となく見始めた「竜の道」。一昨日最終回を迎えた「竜の道」は、素敵な俳優さん2人が主演でしたので見始めましたが、だんだんと楽しみになり、最終回の2時間はしっかりと見入ってしまいました。原作者が亡くなっていて、原作は未完らしいと知っていたので、ドラマではどうなるのかと興味がありました。可哀想な、でも仕方がないという結末でしたので、ストーリー的には納得して、気持ちとしては「これから毎週イケメン2人を見られない」というちょっと残念な気持ちにもなりました。

 今放送中の「半沢直樹」「アンサングシンデレラ」も楽しみに見ています。日本のドラマも面白い、と改めて実感しています。

 韓国ドラマの何にはまっているのかというと、とにかく俳優の演技が本気だということです。コメディもうまいのですが、ミステリーやサスペンス的な物語に至っては、俳優の演技が本気すぎて引き込まれてしまうのです。そういう意味では今クールの日本のドラマ「竜の道」は、出ている俳優さんがみんな演技派で、本気の演技が光っていましたし、そこに引き込まれたのだと思います。言葉で表現するのは難しいですね。本気度、というか、じりじりするような、顔のピリピリするような、見ているこちらがはらはらするような、そんな演技です。

 コロナ禍でストレスが常にかかっている状態ですが、自宅で素晴らしいドラマを見て胸を熱くするのも、ストレス解消にはいいですね。日本のドラマも面白いです!

ちょっと気力がでません。

 このところ涼しくなってきました。眠れるようにもなってきたのですが、今日はなんだか気力がでません。

 この2週間ほど、いろいろな予定が入っていて、そのうえ暑く、体力気力ともに使い果たしてしまった感じです。ついでに出費が重なり、お金も出ていきました。涼しくなってほっとしたのと同時に、全てがなくなってしまっていく感じです。

 これじゃあ、大変。そのまま落ち込んでしまいそう。今日は昨夜壊れてしまったドライヤーを購入するために、自転車で一駅先まで行ってきました。それがものすごく嫌で嫌で・・・。昨日は仕事だったのですが、涼しくて気候的にはよかったので、自転車で現場に行き予定より早めに終わって帰宅しました。帰宅後、とても疲れてしまってお昼寝もしました。それでも夜にはぐったりしてしまい、そこへドライヤーが壊れてしまったので、明日買いに行かなくてはいけない、またお金が出ていくとがっくりしてしまいました。そういう流れで今日はお買い物に行きました。

 結果的には、ドライヤーはたまたま購入先のお店のポイントがたまっていて、そのポイントで買えましたし、帰りに少し店内を見て回る体力的な余裕もありました。しかし帰宅したら、やはりぐったり。どうしたのでしょう。今日も涼しくて過ごしやすいのに、気持ちと体力が落ちていっています。何もしたくありません。

 季節の変わり目で、体調が揺れているのでしょうか。ベーチェット病の症状は落ち着いてきましたが、気力がなくなってきてしまいました。明日は何もない予定なので、ゆっくりしたいです。

 

 

よく眠れるようになりました。

 昨日今日と涼しいからでしょうか、よく眠れるようになってきました。今日はお昼寝もできました。

 私の部屋はウインドーエアコンなので音が気になり、つけっぱなしでは夜は眠れないのです。夏の間は、寝る直前までがっつり冷やしてから、エアコンを切って眠ります。しかし寝つきも悪いし、暑さで途中で起きてしまうことが、今年は多々ありました。寝不足気味と、予定が立て込んでいて、少し体調を崩していましたが、今日はしっかりと眠れました。

 明日は単発の仕事が入っています。今夜もしっかり眠れるといいな。お昼寝してしまったので、ちょっと無理かな。とにかく少し涼しくなってきたので、眠れるようになってきたのは、嬉しいことです。

«症状が少し出ている。

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ